Category Archives: 未分類

動画は大きく2種類の広告に分けられます。

テレビの番組を観ていると、特に民放の放送局ではかならずコマーシャルが流れるようになっています。

現在では多くの種類のコマーシャルがあり、またそれらは技術の進歩も伴って色々な視覚効果を私たちに提供してくれるようにもなっていますが、コマーシャルにも制作段階では2種類に分けて作られているということをみなさんはご存知でしょうか。

テレビ広告はその目的に応じて、どちらかの方法で制作をされる事となり、それを選ぶのはテレビ広告を提供するスポンサーが決めることとなっています。

その一つはタイムcmとなります。これは何かの番組をスポンサーとなる企業が提供する形によって制作されるcmであり、民放が放送する番組の冒頭で、何々の提供でお送りいたします、との紹介がなされる企業等が提供しているcmがこれに該当します。

タイムcmを選択する事のメリットとは、その企業が具体的にターゲットとなる方を選別できる点にあります。

どの時間帯のどの番組を提供するかによって、それを観られる方の対象や視聴率が大きく異なってきます

。自社の規模やどのくらい宣伝を行いたいのかを考慮した上で決定することで、時には売上が跳ね上がるくらいの効果をもたらすことがあります。

もう一つの種類はスポットcmというもので、これは完全にテレビ局側がどの時間帯に入れるのかを指定されるものとなります。自社の商品等を広く多くの方に情報を知ってもらいたい時に有効となる方法です。

映像作品ごとによる演者の種類

テレビの番組や映画等の映像作品には、必ず出演されている方がいらっしゃいますが、そのような方々を総称して演者と呼ばれる事があります

。ただ演者と言う言葉からは、どうしても舞台等のような場所で演技をされるような方のことを指すようなイメージを持たれる事が多くあるのではないでしょうか。

ところが実際にはそうではなく、広い意味でその映像作品中に出演されている方々全てを指して言われる言葉となっています。

これを更に詳しく考えてみますと、まず映像作品にも様々な種類の物があり、それによって出演される方々の役割も大きく異なってくる事になります。

例えばその映像作品がバラエティであれば、出演される方はタレントさんやコメンテーター、その他にも歌手の方もこれに該当します。

変わって映像作品がドラマや映画の場合には、大幅に出演される方の特徴が変わってきます。

このような作品に登場されるのは、男性は俳優、そして女性は女優という名前で、登場人物の演技をされるような方がまず考えられるでしょう。

特に映画ではこのような方々が作品中の重要性を多く占める事となりますが、その他にも脇役になるような方も多くいらっしゃいます。

特に時代劇なんかでは悪役や、ほんの一瞬だけしか登場しないような役の方もいらっしゃいます。

また場合によりましては、一般の市民がエキストラとしてその作品中に登場されることもあります。この場合は、登場する人数がかなりの数になる事もあります。

音を録音するだけではなく、作り上げる事も仕事のうち

映画を最初から最後まで、飽きることがなく一気に見てしまうような経験を持たれている方がいらっしゃる事でしょう。

しかしよく考えて見ますと、このような映画を作り上げる事はなかなかできるような事ではありません。

観客が途中で飽きることがないように、ストーリーにも、場面展開にも、その他色々な事について考え抜かれているような映画でなければ、きっと観客がその映画の途中でシラけてしまう事になります。

ですから、映画製作に当たる方々はこのような事にならないように気を配りながら作り上げていかなければなりません。

その中でも映画に出てくる音に関する事は、非常に大切な要素であると考えられています。

一昔前の映画であれば、音が一切無く、映像だけの映画となっていました。

それが技術の進歩によって、劇中の台詞や効果音、そしてバックに流れる音楽等のような音を取り入れる事ができるようになってきました。

その音に関する仕事をされる方が録音技師と呼ばれる方であり、現在の映画製作の中では、無くてはならない仕事として捉えられています。

ただ録音技師という名前から、音を録音するような関係の仕事であることが想像できます。

これは確かにその通りなのですが、その他にもその場面に合った音を作りだすような仕事もしなければなりません。

この音を作りだす仕事が一般的には認知されていないことなのでしょうが、これも立派な録音技師の仕事の一つとして考えられています。

1 2