Category Archives: ネットショップ

Estore お知らせ(2015年5月度)

2015年5月26日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
メディアに取り上げられる場合にはご連絡ください
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
サマーセールを企画しましょう
もうすぐ夏です。浴衣や水着、UVカットグッズといった夏グッズのキーワード検索は5月上旬から増え始めることから、すでに夏グッズ市場が開いていることが伺えます。また、夏休みに入ると様々な行楽イベントが目白押しで、これら関連グッズによるさらに新しい市場が開かれます。百貨店のサマーセールは、6月末から2週間程度の期間で開催するのが一般的です。これよりも早く、サマーセールや夏グッズのキャンペーンを開催し、お客さんを取り込みましょう。

メールマガジンを送信する


秋の新商品を準備しましょう
夏グッズの売上がピークを迎える8月中旬頃から、ソツがない店舗さんは秋の新商品を販売し始めます。忙しい時期でもスムーズに秋の新商品をアップできるように6月から準備しておきましょう。商品写真の撮影や紹介文の他、商品ページに誘導するためのバナーも準備が必要です。トップページの中央エリアや左サイドバーなど掲載位置も合わせて検討しておきます。新商品の登録と同時にバナーも掲載すれば商品ページに到達しやすくなるので、転換率がアップします。

バナーをサイドバーに設置する
バナーをセンターエリアに設置する


各種バナーをご活用ください
夏セール、夏休み、エコグッズ、残暑見舞いなどの 8月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら5月6月7月販促バナー


転換率でお困りの方は、専門家にお任せください
イベントや季節に合ったバナーを活用することで、お客さんは商品を探しやすくなります。また、バナーのクオリティを高めることで、お店ページ全体のクオリティも高まります。高品質のオリジナルバナーがほしいという店舗さんには、バナー制作代行がおすすめです。初回無料でお試しバナーを制作します。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
6月~8月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
6月 梅雨、湿気対策、夏に向けた準備、父の日、ダイエット
7月 夏のボーナス、UV対策、節電対策、花火大会、夏休み、お中元
8月 サマーセール、夏グッズ、帰省、海水浴、お盆、BBQ

気象庁発表 季節予報
6月~8月の天候の見通し(PDF)

来月のおすすめイベント
東京おもちゃショー2015

最新のおもちゃが集結する日本最大規模の展示会
東京
6月18日(木)~6月21日(日) (ビッグサイト)

インテリア ライフスタイル

インテリア・デザインの国内から海外までのバイヤーや商材と出会える国際見本市
東京
6月10日(水)~6月12日(金) (ビッグサイト)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
  リマーケティング広告活用セミナー

企業様・個人事業主様向け。リマーケティング広告の知識を学べます。
東京
6月11日(木) 14:00~15:30 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
6月19日(金) 14:00~15:30 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
6月10日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
7月 8日(水) 13:00~17:00 (〃)
大阪
6月18日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
7月24日(金) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
7月 9日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
6月19日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
6月12日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
7月23日(木) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 機能追加のお知らせ
予約商品の「カートに入れる」ボタンを編集できるようになりました
今まで予約商品の場合も「カートに入れる」ボタンを表示していましたが、現在は「予約する」などのボタンへ自由に変更できるようになりました。またEストアーモバイルのショッピングカートでもボタンを変更できるようになりました。よりお客さんにわかりやすい表示にできます。
詳しくはこちら

複数の送付先を指定した注文をスマートフォン用お店ページからもできるようになりました
今までは複数の送付先を指定する注文はパソコン用お店ページからしかできませんでした。現在は、スマートフォン用お店ページからも複数の送付先を指定する注文をできるようになりました。管理画面で複数送付先の利用を許可していれば、スマートフォン用お店ページからも複数の送付先を指定して注文できます。これにより、おもにスマートフォンを使って購入しているお客さんに対する売上の増加を期待できます。
詳しくはこちら

定期購入のお届けサイクルを4か月以上も選べるようになりました
今まで定期購入のお届けサイクルは「3か月に1回」が最長でしたが、現在は「4か月に1回」や「8か月に1回」なども選べるようになりました。最長で「12か月に1回」も選べるので、より商品の特性やお客さんの要望に合わせたタイミングでお届けできるようになります。
詳しくはこちら

ポイントの有効期限を最大120か月まで設定できるようになりました
今までポイントの有効期限は最大で24か月でしたが、現在は120か月まで設定できるようにします。リピート周期の長い商材でもポイントシステムを活かせるので、リピーターの獲得に役立ちます。
詳しくはこちら

  HTML形式のメールマガジンを送信できるようにします 今夏予定
今までのメールマガジン機能はテキスト形式に限られていましたが、今後はHTML形式の選択もできるようにします。視覚的に商品の魅力を訴えられるので、買ってもらいやすくなります。また、HTML形式とテキスト形式の双方を設定することで、受信環境に合わせた配信が自動で行われます。

  バリエーションごとに価格を設定できるようにします 今夏予定
今まではバリエーションに対して価格の設定ができなかったため、価格が異なる場合には別商品として登録する必要がありましたが、今後はひとつの商品として登録できるようにします。商品ページが1ページにまとまるので、お客さんが商品を探しやすくなって買いやすくなります。

  商品にオプション価格を設定できるようにします 6月予定
名入れなどの加工サービスやパソコン商材などのスペックアップなどに対応できるように、本体価格に対して料金をプラスしたりマイナスしたりできるようにします。さらに1つの商品に10個までオプションを設定できるようにします。お客さんのニーズに合わせてより柔軟に注文を受けられます。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
5 メインテナンスの予告
2015年6月17日(水)午前2:00~午前8:00予定
2015年7月15日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは6月2日(火)に更新予定です。

6 メディアに取り上げられる場合にはご連絡ください
以下の条件にあてはまる店舗さんはご連絡ください。アクセス集中による機会損失を防ぐため、対象の日や時刻に回線や処理量を融通します。ご連絡はテクニカルサポート(0570-05-1210、sp@Estore.co.jp)までお気軽にどうぞ。
・月間の受注が5,000件以上で、かつ通常月の2倍ほどのアクセス集中が見込まれる場合
・商品や店舗がテレビや雑誌、有力メディアで取り上げられる予定がある場合
・なんらかの事由で計画外に突然人気が急上昇したとき

 

EC サイト運営で使える「商品リスト広告(Product Listing Ads:PLA)」を活用しよう~商品リスト広告の特徴と運用ポイント~

ここ数年間で Google は、様々な検索連動型広告向けサービスを提供しており、アップデートを重ねている。その中でも EC サイト運営の担当者ならぜひ知っておきたい商品リスト広告(Product Listing Ads:PLA)というメニューがある。

商品リスト広告は、PC で Google 検索を使用した際に、検索結果画面の上部や右上サイド部に画像付きで Google ショッピングの検索結果として表示される。例えば、「パンプス 通販」と検索した際の検索結果画面が下記だ。

EC サイト運営で使える「商品リスト広告(Product Listing Ads:PLA)」を活用しよう~商品リスト広告の特徴と運用ポイント~
※右上サイド部表示の場合、赤く色付けしてある箇所が商品リスト広告の配信面

(2015年3月9日時点)

このような検索結果画面は、ここ数年日本でも大手 EC サイトなどで頻繁に見られるようになってきたが、海外と比較すると、実施している EC サイトは依然少ない印象だ。

本コラムでは、これから商品リスト広告を始める方に商品リスト広告の特徴を紹介するとともに、すでに運用されている方向けに商品リスト広告の運用ポイントについて解説したい。

商品リスト広告とは、商品の画像・タイトル・価格・ショップ名・会社名など、様々な商品情報を含む広告のことである。Google Merchant Center(マーチャントセンター)にデータフィードと呼ばれる商品情報と在庫データをアップロードすることで、Google AdWords と連携した広告配信が可能になる。

※なお、本コラムでは、商品リスト広告を開始するにあたっての手続きに関しては詳述しないが、あらかじめ Google AdWords アカウントと Google Merchant Center のアカウント開設が必要であり、その2つのアカウントをリンクさせる。商品情報は Merchant Center アカウントで、広告やキャンペーンは AdWords アカウントで管理することになる。

※参考:商品リスト広告による商品のプロモーション(Google AdWords ヘルプ

アメリカの EC マーケットでは、検索連動型広告のテキスト広告よりも商品リスト広告に予算を投下するケースも見られるほど、その高い成果にも注目が集まっている広告だ。一方日本では実施している EC サイトこそ増えてきたものの、最適な運用が為されていると見受けられるケースはまだ多くはない。

商品リスト広告を活用した場合、更なる広告効果の最大化が期待できるが、それは商品リスト広告の、1. 検索クエリの高い網羅性、2. 高 CTR(Click Through Rate:クリック率)かつ低 CPC(Cost Per Click:クリック単価)で広くリーチ可能、3. 配信枠拡大が可能、という、主に3つの特徴が寄与している。

■商品リスト広告の特徴

1.検索キーワード(クエリ)の高い網羅性

Google Merchant Center にアップロードされている「商品情報×在庫データ×ユーザーの検索キーワード」、これらの関連性が高いと判断された場合に商品リスト広告が表示されるため、データフィードの全ての商品に対して広告出稿が可能になる。

商品リスト広告では、データフィードの内容から自動的に、ユーザーが検索したキーワードと関連性の高い商品キーワードが選択され、該当の商品が表示される。そのため、テキスト広告で出稿しきれていない商品キーワードに対しても、商品リスト広告であれば広告配信を補える。

2.検索連動型広告のテキスト広告よりも高 CTR、且つ低 CPC で広くリーチが可能

検索結果から、欲しい商品の画像・価格・販売サイトが全て一目で分かるので、価格テキスト広告と比較すると CTR が高い傾向があり、ユーザーの比較検討と購買意欲に大きな影響を与えている。実際、ある EC サイトの実績データでは、テキスト広告の CTR と比較すると、商品リスト広告の方が約3倍も CTR が高く、CPC も約2分の1以下で出稿できたケースがある。商品数が多ければ多いほど、広くリーチが可能になるため、高 CTR・低 CPC の商品リスト広告はテキスト広告よりも効率よくクリックを確保できる。

3.配信枠の拡大

テキスト広告では競合 EC サイトが多く、配信枠を確保できない場合や、そもそも1ページ目の入札単価が高いというケースがある。そんな場合に商品リスト広告を活用すると、低 CPC で配信枠を確保することが可能となる。また、テキスト広告と商品リスト広告の両方に出稿すれば、配信枠を増やすこともできる。

ここまで、商品リスト広告の主な特徴を3点挙げたが、運用を実施する際には留意しておきたい点がある。それは、データフィードの作成と更新頻度に関する点だ。

商品リスト広告は、商品の画像・タイトル・価格・ショップ名・会社名など、様々な商品情報を含むデータフィードの作成が必要で、データフィードの初期作成と更新作業の工数がかかってしまう。社内にリソースがある場合は対応できるだろうが、もしリソースがない場合はリソースの確保、もしくは社外への外注などの対応が必要になる。

また、Google ではポリシーが細かく定められており、AdWords 広告の通常のポリシーのほかに、Google ショッピングポリシーも遵守する必要がある。Google ショッピングポリシーは、属性の使用方法と商品データの更新頻度について規定しており、特にデータフィードの商品情報は常に正確を期す必要があるため、注意したい。もしデータフィードとリンク先コンテンツの商品価格が異なる場合は、商品リスト広告が不承認となり配信されなくなってしまう。価格の正確性の他にも、リンク先コンテンツへの画像登録、在庫状況の正確性、リンク先に設定している URL のデッドリンクチェックなど、いくつもの項目にわたってポリシーが定められている。新規入荷した商品情報の追加対応、取り扱いのなくなった商品のデータフィードからの削除対応など、常に更新作業が必要になる。

データフィードの初期作成と更新頻度に関して、事前に運用体制を整えることが重要なポイントとなってくるので覚えておきたい。

※参考:Google ショッピング ポリシー(Google Merchant Center ヘルプ

■商品リスト広告の運用のポイント

次に、すでに商品リスト広告を実施している担当者の方に参考にして欲しい運用のポイントを4つ挙げ、それぞれ詳しく説明したい。商品リスト広告導入を検討中の方が読んでも分かるように解説するので、これから始める方もぜひ参考にしていただきたい。

1.入札調整

商品リスト広告を運用する際に、入札調整ができるカラム(項目)は6つあり、Google の商品分類に基づいて広告グループや商品グループを切り分けて、それぞれに入札の強弱をつけることができる。

入札調整ができるカラム

・Google 商品カテゴリ [ google_product_category ]

・商品 ID [ id ]
・商品タイプ [ product_type ]
・状態 [ condition ]
・ブランド[ brand ]
・カスタムラベル [ custom_label1~4 ]

例えば、売上の高い Google 商品カテゴリや商品 ID をそれぞれ単体で切り出して入札強化するなど、細かく運用することで、費用対効果(ROAS)の改善が見込める。また、「商品カテゴリ×ブランド×商品 ID」などのように複数のカラムの掛け合わせで入札することも可能だ。テキスト広告配信の入札調整と同様に、商品単位の細かい入札調整が可能なので、全商品 ID に対してそれぞれ入札単価を設定することもできる。入札の粒度については、これもテキスト広告同様、広告運用の分析結果から検討すべきだ。

入札調整設定の一例(細かい切り出しが可能)
※入札調整設定の一例(細かい切り出しが可能)

2.除外キーワード

商品リスト広告も、テキスト広告と同様にキャンペーン単位・広告グループ単位で除外キーワードの設定ができる。除外キーワードを設定する際には、管理画面の詳細設定タブから検索語句レポートを抽出し、分析する。

例えば、価格帯ごとの広告グループを作成しており、1万円以上の広告グループでは「パンプス 通販」というキーワードで CV(Conversion:コンバージョン)が獲得でき、1万円以下の広告グループでは「パンプス 通販」というキーワードで CPA(Cost Per Acquisition:顧客獲得単価)が高くなってしまっている(広告成果が悪い)とする。そのような場合には、広告グループ単位で除外キーワードを設定すると、コストが最適化できる。流入が多いのにコンバージョンに結びついていない場合は、グループごとに除外キーワードを設定することでその分のコストカットができるので、ROAS 改善に繋がるのだ。テキスト広告と考え方は同じで、日々の細かい除外キーワード設定が広告運用改善に繋がる。

3.ポテンシャルキーワードの発掘と分析

前述の通り、商品リスト広告では、データフィードの内容から自動的に、出稿した商品キーワードとユーザーが検索したキーワードの関連性の高い商品が表示される。出稿後に、実際はどういったキーワードで配信されているか検索キーワードの確認ができるため、今まで注目していなかった新たな CV キーワードを見つけることができ、新しいユーザーのニーズを知ることができる。実際の配信キーワードリストは、担当者が最適化しなくてもデータとして蓄積されているので、この機能はぜひ活用したい。そこから、どの商品の検索数が多いのか分析するヒントにもなる。

検索結果に同一商品の価格情報と画像が表示されるため、ユーザーはまず価格情報を比較する傾向がある。そこで、一定の IMP (Impression:広告の掲載回数)シェアがあり、なおかつ検索キーワードの CTR が高い場合は、競合 EC サイトよりも商品の価格優位性が高いと判断することができる。現在どの商品が競合 EC サイトと比較して価格優位性が高いのかを把握することで、今後の販売戦略へ活かせるのだ。それが、商品リスト広告運用の際の、大きな活用ポイントの1つである。

さらに常に IMP 数の多い検索キーワードは、定期的にテレビなど他のメディアでプロモーションされている可能性も考えられ、認知度が高いと判断できる。例えば、円盤型掃除ロボットの具体的商品名などである。そのような商品は価格競争が激しい傾向があり、商品及びキーワードの分析が必要だ。価格競争が激しいにも関わらず自社 EC サイトでの CVR(Conversion Rate:コンバージョン率)が低い場合は、セール価格の表記にするなど、EC サイトの運営のみならず、事業の販売方針を練る際に活用できるだろう。

4.データフィードの改修

<項目1. 入札調整>でも述べた商品リスト広告内のデータフィードの更新作業のほかに、データフィードの改修も必要だ。入札調整でも解説したカラムだけでなく、他のカラムも自由に変更が可能なのだ。

例えば、「タイトル[title]」というカラムがある。ユーザーの検索キーワードと商品リスト広告のタイトル[title]がマッチしていると IMP 数が増加するため、ひらがな・カタカナ・英語の表記をタイトルに入れておく。商品リスト広告は、入札価格を引き上げれば必ず上位掲載できるというものではなく、「ユーザーの検索キーワード×データフィード×リンク先コンテンツの関連性」が大きく影響している。少し手間はかかるが、<項目3. ポテンシャルキーワードの発掘と分析>で述べたように、ユーザーの検索キーワードを確認し、自社の EC サイト内を最適化することも IMP シェアを向上させるための重要なポイントである。

以上、商品リスト広告の特徴と運用する際のポイントを述べてきたが、このサービスが2012年に日本に上陸してから早数年、EC サイトを運営する担当者には、避けては通れない重要なサービスとなってきている。あらゆる EC サイトが商品リスト広告の推進を試みているが、最適な運用を実施できていると見受けられるケースは未だ多くはない。細かい入札調整や除外キーワード設定などをおこなうことで、広告効果の最大化が期待できるサービスなので、ぜひ最適な運用を目指してもらいたい。また、EC サイトによっては、商品ごとにテキスト広告と商品リスト広告の成果の傾向が異なるので、2つのサービスと上手く使い分けると、より効率的な検索連動型広告の運用ができるだろう。

まだ商品リスト広告を実施していない EC サイトの運用担当者は、広告成果の向上を目指す手段の1つとして、ぜひ実施をお勧めしたい。

執筆:株式会社アイレップ  エージェンシートレーディングデスク本部 伊藤公美子

※INTERNETCOM参照

Estore お知らせ(2015年4月度)

2015年4月28日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
メディアに取り上げられる場合にはご連絡ください
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
夏ボーナス増加見込み 夏ボーナスキャンペーンを実施しましょう
早いところは6月上旬ぐらいにボーナスを支給し始めます。今年で夏のボーナスは3年連続の増加で、一人当たり平均支給額と支給者数がともに増加する見込みです。これにより、購買意欲の改善が見込めるとの調査結果もあります。購入される商品は洋服、パソコン、家具の割合が多く、金額の大きい商品も購入されるので、商材を問わず期間限定の夏ボーナスキャンペーンを計画しましょう。6月下旬~7月下旬の期間で、2週間を目安に実施しましょう。

お中元ギフトはできれば送料無料で対応しましょう
2ヶ月後はお中元の時期。お中元の検索ボリュームは5月上旬から増え始め、7月上旬にピークを迎えます。消費者がお中元ギフトを選ぶ際、重視する点はブランドの認知度や、安心・安全、高品質感などですが、購入の後押し効果は「送料無料」が一番大きいと答えています。また、5月中に送料込みの早割対応をする百貨店が多いです。転換率を上げるため、できれば送料無料で対応しましょう。送料を設定する

各種バナーをご活用ください
夏ボーナスセール、お中元特集、七夕などの 7月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら4月5月6月販促バナー

食品・グルメ店舗向けの特別講座を開催いたします
5月15日(金)、東京本社にてEストアーとおとりよせネットとの共催セミナー「食品・グルメ店舗向けネットショップ繁盛セミナー」を開催いたします。食品・グルメ店舗に特化した集客と店作りの施策、おとりよせネットの活用方法をご紹介いたします。先着30名で、受講料は税込10,800円。お中元商戦のご参考にお早めにお申し込みください。

2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
5月~7月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会
6月 梅雨、湿気対策、夏に向けた準備、父の日、ダイエット
7月 夏のボーナス、UV対策、節電対策、花火大会、夏休み、お中元

気象庁発表 季節予報
5月~7月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
第3回通販ソリューション展

ネットやモバイルを活用した通販に関するシステムやサービスを一堂に集めた専門展
東京
5月13日(水)~5月15日(金) (ビッグサイト)

西日本インポートフェア&食メッセ2015

家具、インテリア装飾品、玩具、趣味のもの、食品など、世界のインポート商品が揃う西日本最大規模の展示会
北九州
5月2日(土)~5月6日(水) (西日本総合展示場 新館)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
  【特別講座】食品・グルメ店舗向けネットショップ繁盛講座

「おとりよせネット」を運営するアイランド株式会社と共催セミナー。食品・グルメに特化した施策を学べます。
東京
5月15日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
5月12日(火) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
6月10日(水) 13:00~17:00 (〃)
7月8日(水) 13:00~17:00 (〃)
大阪
5月22日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
6月18日(木) 13:00~17:00(〃)
7月24日(金) 13:00~17:00 (〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
5月14日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
7月9日(木) 13:00~17:00 (〃)
大阪
6月19日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
6月12日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
7月23日(木) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
東京
5月20日(水) 13:00~17:00( 新橋・虎ノ門 )
大阪
5月27日(水) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 機能追加のお知らせ
定期購入・頒布会の2回目以降のお届けにもポイントを使えるようになりました
今まで定期購入・頒布会では初回のお届けにしかポイントを使えませんでした。現在は、2回目以降のお届けにもポイントを使えるようになりました。お店が設定したうえでお客さんが申し込めば、お客さんが保有している全ポイントを自動的に毎回使います。定期購入・頒布会のお得感が増すので、ずっと継続して利用してもらいやすくなります。
詳しくはこちら

 日本初!Google 認定ショッププログラムに対応しました
Google 認定ショップは、お客さんがインターネット上で安心して買い物できるように支援するプログラムです。認定ショップで本プログラムを有効にして購入したお客さんは、Googleの購入補償を無料で受けられます。一定の審査を通過した店舗さんだけが参加でき、お店ページにGoogle 認定ショップバッジを表示して信頼性をアピールできるので、新規顧客の獲得と売上アップを期待できます。
詳しくはこちら

 のし・ラッピングの案内文を、スマートフォンや携帯のカート画面にも表示できるようになりました
今まで、のし・ラッピングの案内文は、カート画面ではパソコン用お店ページにしか表示できませんでした。今後は、スマートフォン用と携帯用のカート画面にも、のし・ラッピングの案内文を表示できるようになりました。スマートフォンや携帯でも、のし・ラッピングについてわかりやすくなるので、利用されやすくなります。
詳しくはこちら

 「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書に記載するお店の情報を管理画面から変更できるようになりました
今までは、請求書に記載するお店の情報を変更するにはストアーデスクに連絡していただく必要がありました。今後は管理画面から変更できるようになりました。これにより変更処理の負担を軽減できます。
詳しくはこちら

  獲得予定ポイントの表示を自由にアレンジできるようになりました
今までは獲得予定ポイントは商品ページに必ず表示していましたが、今後は、表示/非表示を切り替えられるようになりました。さらに文字のサイズや色を変更できるようになりました。これによりお店ページの表現に強弱をつけられるので、アピールしたい項目を強調できます。
詳しくはこちら

  受注台帳のブラックリストに登録できる条件を500件まで増やしました
今まで、受注台帳のブラックリストに登録できる条件は50件まででしたが、500件まで登録できるようになりました。検知できる精度が上がるので、スムーズに受注を処理できます。
詳しくはこちら

  予約商品の「カートに入れる」ボタンを編集できるようにします 5月予定
今まで予約商品の場合も「カートに入れる」ボタンを表示していましたが、今後は「予約する」などのボタンへ自由に変更できるようにします。またEストアーモバイルのショッピングカートでもボタンを変更できるようにします。よりお客さんにわかりやすい表示にできます。

  複数の送付先を指定した注文をスマートフォン用お店ページからもできるようにします 5月予定
今までは複数の送付先を指定する注文はパソコン用お店ページからしかできませんでした。今後は、スマートフォン用お店ページからも複数の送付先を指定する注文をできるようにします。管理画面で複数送付先の利用を許可していれば、スマートフォン用お店ページからも複数の送付先を指定して注文できます。これにより、おもにスマートフォンを使って購入しているお客さんに対する売上の増加を期待できます。

  商品にオプション価格を設定できるようにします 今夏予定
名入れなどの加工サービスやパソコン商材などのスペックアップなどに対応できるように、本体価格に対して料金をプラスしたりマイナスしたりできるようにします。さらに1つの商品に10個までオプションを設定できるようにします。お客さんのニーズに合わせてより柔軟に注文を受けられます。

  定期購入のお届けサイクルを4か月以上も選べるようにします 5月~6月予定
今まで定期購入のお届けサイクルは「3か月に1回」が最長でしたが、今後は「4か月に1回」や「8か月に1回」なども選べるようにします。最長で「12か月に1回」も選べるので、より商品の特性やお客さんの要望に合わせたタイミングでお届けできるようになります。

  ポイントの有効期限を最大120か月まで設定できるようにします 5月予定
今までポイントの有効期限は最大で24か月でしたが、今後は120か月まで設定できるようにします。リピート周期の長い商材でもポイントシステムを活かせるので、リピーターの獲得に役立ちます。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
5 メインテナンスの予告
2015年5月20日(水)午前2:00~午前8:00予定
2015年6月17日(水)午前2:00~午前8:00予定今月の店舗分析レポートは5月7日(木)に更新予定です。
6 メディアに取り上げられる場合にはご連絡ください
以下の条件にあてはまる店舗さんはご連絡ください。アクセス集中による機会損失を防ぐため、対象の日や時刻に回線や処理量を融通します。ご連絡はテクニカルサポート(0570-05-1210、sp@Estore.co.jp)までお気軽にどうぞ。
・月間の受注が5,000件以上で、かつ通常月の2倍ほどのアクセス集中が見込まれる場合
・商品や店舗がテレビや雑誌、有力メディアで取り上げられる予定がある場合
・なんらかの事由で計画外に突然人気が急上昇したとき

 

ESTORE お知らせ(2015年3月度)

2015年3月24日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
結果のご報告 ネットショップ大賞(R)2014年間と下期
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
父の日ギフトは商品の差別化で売上を伸ばしましょう
今年の父の日は6月21日(日)です。年々受注単価が上がっており、昨年の調査によれば、約半数の人が父の日ギフトを贈っており、そのうち約4割が義理の父へ贈っています。定番のお酒、洋服、ネクタイ以外、一緒に食べられるお菓子とか、家族と思い出を共有できるようなものが人気です。最近、ギフト市場の競争が激しくなってきています。商品の良さを商品ページでしっかりアピールしたり、プレゼント用の外箱やラッピング、メッセージカードの種類を増やしたりして、他店との差別化を図りましょう。ラッピング設定をする
専門(入門)梱包・ラッピングDVDの詳細・購入


梅雨対策グッズはじっくり選んで買えるようにしましょう
6月上旬ぐらいから梅雨入りです。Googleトレンドでは、「梅雨」の検索が5月上旬から増え、6月上旬にピークを迎えます。それに伴って梅雨対策グッズの需要が高まってきます。商品をよく検討してから購入したいお客さんのために「お気に入り機能」を設定しましょう。商品を「お気に入りリスト」に登録して、休憩や移動中に検討できるようになります。さらに、登録したお客さんにメルマガを送れるほか、登録件数を確認すれば、人気商品も把握できます。お気に入り機能を利用する
会員機能を設定する


各種バナーをご活用ください
父の日、梅雨、夏の準備などの 6月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら3月4月5月販促バナー

転換率でお困りの方は、専門家にお任せください
スマートフォンの普及により、多くの店舗さんのスマホ経由の売上が増えてきています。また、スマートフォン用に最適化しているお店は上位表示されやすくなるとGoogleの発表もあったので、スマホサイトを構築されていない店舗さんは早めに対応してください。自分で作れないという店舗さんには、Eストアーのモバイル制作パックサービスがおすすめです。最短10営業日で作成します。料金はスマホ・携帯の2サイトで82,080円。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
4月~6月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
4月 お花見、引っ越し、入学・就職、歓迎会、スポーツ、バーベキュー
5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会
6月 梅雨、湿気対策、夏に向けた準備、父の日、ダイエット

気象庁発表 季節予報
3月~5月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
ファッションワールド東京2015春

春・秋、年2回開催される日本最大級の「ファッション総合展」
東京
4月1日(水)~4月3日(金) (ビッグサイト)

ファベックス2015

惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食業界の向けの業務用専門展
東京
4月15日(水)~4月17日(金) (ビッグサイト)

3 結果のご報告 ネットショップ大賞(R)2014年間と下期
2015年3月14日(土)、東京ベイ舞浜ホテルにて、ネットショップ大賞(R)2014年間授賞式と交流会を開催し、約200名の方にご来場いただきました。本授賞式で18,934の本店サイトの中からネットショップ大賞、カテゴリー賞、特別賞、全国銘店賞を受賞された全71店舗さんを表彰いたしましたので、一部ご紹介させていただきます。
ネットショップ大賞 金賞
スウィートマミー 本店 様
ネットショップ大賞 銀賞
ビースタイル本店 様
ネットショップ大賞 銅賞
幹事さんの味方!景品パーク 様
授賞式と交流会の動画はこちらからご覧いただけます。


また、同日ネットショップ大賞(R)2014下期の結果を発表しました。ショップサーブを利用する店舗さんの中から選ばれた31のネットショップにお贈りしています。
4 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
4月9日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
5月12日(火) 13:00~17:00 (〃)
大阪
4月15日(水) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
5月22日(金) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
5月14日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月16日(木) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
大阪
4月17日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
東京
5月20日(水) 13:00~17:00( 新橋・虎ノ門 )
大阪
5月27日(水) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

5 機能追加のお知らせ
「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できるようになりました
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、いままではストアーデスクにお問い合わせをしていただく必要がありました。今後は、管理画面からボタンを押すだけで再発行できるようになりました。受注処理の手間を軽減できます。
詳しくはこちら

お店ページを丸ごとシークレットサイトにできるようになりました
今までも特定のページに限ってはパスワード認証をかけられましたが、今後はお店ページ全体にパスワード認証をかけられるようになりました。トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求めるようにでき、さらに開店準備モードと違って管理画面と異なるパスワードを設定できるので、会員専用サイトの構築などに役立ちます。複数契約して新たに会員専用サイトを立ち上げたい場合などにご検討ください。
詳しくはこちら

海外販売用カートに送料を設定できるようになりました
今までの海外カート機能は送料を自動で加算できなかったため、注文後に手動で加算する必要がありました。今後は、店舗さんが指定した地域と重量に基づいて自動的に加算できるようになりました。注文後に手動で加算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。
詳しくはこちら

海外販売用カートの受注から消費税分を引いて受け付けられるようになりました
海外に向けた販売には消費税はかからないためお客さんからいただく必要はありませんが、今までは消費税を含めた金額で注文を受け付けていました。今後は消費税分を自動的に減算した金額で受け付けるようになりました。注文後に手動で減算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。
詳しくはこちら

  定期購入・頒布会の2回目以降のお届けにもポイントを使えるようにします 3月26日予定
今まで定期購入・頒布会では初回のお届けにしかポイントを使えませんでした。今後は、2回目以降のお届けにもポイントを使えるようにします。お店が設定したうえでお客さんが申し込めば、お客さんが保有している全ポイントを自動的に毎回使います。定期購入・頒布会のお得感が増すので、ずっと継続して利用してもらいやすくなります。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
6 メインテナンスの予告
2015年4月15日(水)午前2:00~午前8:00予定
2015年5月20日(水)午前2:00~午前8:00予定今月の店舗分析レポートは4月2日(木)に更新予定です。

ESTORE お知らせ(2015年2月度)

2015年2月24日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
母の日 イベント前後で施策を変えましょう
今年の母の日は5月10日(日)です。最近、母の日ギフトの客単価は上がり、贈り物も多様になってきています。お花以外にもグルメ、ファッション・アクセサリー、化粧品など、商品のターゲットが主婦層の店舗さんは、積極的にイベントを開催しましょう。また、イベント期間はいくつかの段階に分けて施策を変えましょう。例えば3月上旬では早割、母の日1週間前は即日発送、母の日が過ぎた1週間後まで販売、のようにお客さんのニーズに柔軟に応えれば転換率が上がります。


繁忙期に合わせ、リスティング広告を出稿して集客しましょう
5月はこどもの日、運動会などのイベントがあります。気温が上がるにつれてアウトドアやレジャーの機会も増え、ホームパーティーや外出用のUV対策グッズの需要が高まります。今後、繁忙期を迎える店舗さんは売上を上げるため、集客に即効性のあるリスティング広告を出稿しましょう。運用は少額の予算(月に4~5万円)でもいいので、できれば2~3ヶ月は運用しましょう。成果を見るとともにアクセスを分析すれば、お店ページの課題も見つけられます。

専門(入門)リスティング広告講座DVDの詳細・購入
リスティング広告おまかせ運用サービスシングルハンドの詳細


各種バナーをご活用ください
母の日、こどもの日、早割などの 5月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら2月3月4月販促バナー


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催しても、お客さんがこないと意味がありません。購入意欲が高いお客さんをたくさん集めるために、ネットに広告を出しましょう。やり方がわからない、という店舗さんにはシングルハンドがオススメです。プロに完全お任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額1万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
3月~5月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備
4月 お花見、引っ越し、入学・就職、歓迎会、スポーツ、バーベキュー
5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会

気象庁発表 季節予報
2月~4月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
FOODEX JAPAN 2015(第40回 国際食品・飲料展)

食と食の関連雑貨・知識・ノウハウを集約し、これからの新しい売り方・アイテムが一堂に会する、食の専門見本市
千葉
3月3日(火)~3月6日(金) (幕張メッセ)

健康博覧会2015

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
東京
3月11日(水)~3月13日(金) (ビッグサイト)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
3月10日(火) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
4月9日(木) 13:00~17:00 (〃)
大阪
3月20日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
4月15日(水) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
3月24日(火) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月16日(木) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月25日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月17日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
福岡
2月25日(水) 13:00~17:00( 中洲川端 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 機能追加のお知らせ
メール便でも「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようになりました
今までメール便で発送する注文では「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できませんでした。今後は、追跡番号があるメール便に限り「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようになりました。Tシャツや小物など、メール便で発送することが多い店舗さんも導入しやすくなります。
詳しくはこちら

問い合わせ番号の配送業者選択欄に「エコ配」を追加しました
受注詳細画面の問い合わせ番号入力欄にある、配送業者の選択肢に「エコ配」を追加しました。エコ配で商品を配送している店舗さんも、発送連絡メールに問い合わせ番号と追跡用URLを自動的に記述できるようになり、受注処理の負担が軽減します。
詳しくはこちら

離島用の特別送料を設定できるようになりました
今まで地域別の送料設定は都道府県ごとの指定だけでした。そのため、離島をはじめとする特別料金が必要な地域の送料は設定できませんでした。今後は、離島など店舗さんが指定した地域に特別な送料を設定できるようになりました。これにより、受注処理の負担を軽減できます。
詳しくはこちら

商品ページやカゴ画面に付与予定ポイント数を表示できるようになりました
商品ページやカート画面に、その商品を購入した時にお客さんがもらえる予定のポイント数を表示できるようになりました。購入した時のメリットをあらかじめ明示できるので、お得感をより強く訴求でき、販促に役立ちます。
詳しくはこちら

購入金額に応じてポイント還元率をアップできるようになりました
今までも決済方法によってポイント還元率を変えられましたが、今後は購入金額に応じても変えられるようになりました。例えば「一万円以上の購入でポイント還元率が2%→5%」など、たくさん買うほどお得になるように演出できるので、受注単価を上げるのに役立ちます。
詳しくはこちら

  定期購入・頒布会の2回目以降のお届けにもポイントを使えるようにします 3月予定
今まで定期購入・頒布会では初回のお届けにしかポイントを使えませんでした。今後は、2回目以降のお届けにもポイントを使えるようにします。お店が設定したうえでお客さんが申し込めば、お客さんが保有している全ポイントを自動的に毎回使います。定期購入・頒布会のお得感が増すので、ずっと継続して利用してもらいやすくなります。

  「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できるようにします 2月26日予定
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、いままではストアーデスクにお問い合わせをしていただく必要がありました。今後は、管理画面からボタンを押すだけで再発行できるようにします。受注処理の手間を軽減できます。

  お店ページを丸ごとシークレットサイトにできるようにします 2月26日予定
今までも特定のページに限ってはパスワード認証をかけられましたが、今後はお店ページ全体にパスワード認証をかけられるようにします。トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求めるようにでき、さらに開店準備モードと違って管理画面と異なるパスワードを設定できるので、会員専用サイトの構築などに役立ちます。複数契約して新たに会員専用サイトを立ち上げたい場合などにご検討ください。

海外販売用カートに送料を設定できるようにします 3月予定
今までの海外カート機能は送料を自動で加算できなかったため、注文後に手動で加算する必要がありました。今後は、店舗さんが指定した地域と重量に基づいて自動的に加算できるようにします。注文後に手動で加算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。

海外販売用カートの受注から消費税分を引いて受け付けられるようにします 3月予定
海外に向けた販売には消費税はかからないためお客さんからいただく必要はありませんが、今までは消費税を含めた金額で注文を受け付けていました。今後は消費税分を自動的に減算した金額で受け付けるようにします。注文後に手動で減算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
5 メインテナンスの予告
2015年3月18日(水)午前2:00~午前8:00予定
2015年4月15日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは3月3日(火)に更新予定です。

【Estore】 お気に入り機能について

———————————————————————————–

気になる商品を「お気に入りリスト」に登録できるようになりました

———————————————————————————–

会員のお客さんは、商品ページや一覧ページの「お気に入りボタン」を
クリックするだけで登録できるため、ドンドン登録して後でじっくり検討できます。

また、スマートフォンサイトにも対応するので、お客さんは休憩や移動中のような、
ちょっとした隙間時間を少しずつ活用して、お買い物ができるようになります。

さらに、商品ごとの登録件数や登録しているお客さんを確認できるので、
分析や販促に活用できます。

設定方法については、下記URLよりご参照ください。

■お気に入り機能の設定方法について
http://help.shopserve.jp/op/125.pdf

ショップサーブ新規機能情報

<担当者のご意見>

ネットショップ(公共性の高いインターネット買い物)なのにシークレットサイトにしてしまう機能!

でも、結構ニーズがあるのも事実。みんな「特別」が好きだという心理によるものと思われます。

 

—–NEWS————————————

2月のショップサーブの機能追加は、会員専用サイト等を構築できるよう、
お店まるごとシークレットサイトの対応をします。
既にネットショップを運営されている方へも新たなサイトの提案に
ご活用ください。

また、後払い決済の改善や運営の作業効率改善に役立つ機能のリリースが
満載です!クライアント様の運用改善のご提案にもお役立てください。

なお、今月のリリースは2月18日を予定しております。

————————————————————
お店ページを丸ごとシークレットサイトにできます
————————————————————
お店ページ全体にパスワード認証をかけられるようになります。

今までは特定ページに限ってパスワード認証が設定できましたが、
トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求め
るようにでき、会員専用サイトの構築などができるようになります。
新たに会員専用サイト、社販サイトなどの立ち上げを検討している
クライアント様のご提案にお役立てください。

————————————————————
購入金額に応じてポイント還元率をアップできます
————————————————————
現在、決済方法によってポイント還元率を変えられますが、
さらに、購入金額に応じても変えられるようになります。

例えば「一万円以上の購入でポイント還元率が2%→5%」など、
たくさん買うほどお得になるように演出できるので、
受注単価を上げるのに役立ちます。

————————————————————
商品ページやカゴ画面に付与予定ポイント数を表示できます
————————————————————
商品ページやカート画面に、あらかじめ、商品を購入した時に
お客さんがもらえる予定のポイント数が表示されます。
購入した時のメリットを購入前に明示できるので、
お得感をより強く訴求でき、販促に役立ちます。

————————————————————
「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できます
————————————————————
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、
ストアーデスクにお問い合わせをしていただいておりましたが、
管理画面から再発行できりょうになりました。

————————————————————
メール便でも「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できます
————————————————————
追跡番号があるメール便に限り「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を
利用できるようになります。
Tシャツや小物など、メール便で発送することが多いクライアント様へも
「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」が導入しやすくなります。

————————————————————
離島用の特別送料を設定できます
————————————————————
地域別の送料設定は都道府県ごとの指定に加え、離島など店舗さんが
指定した地域に特別な送料を設定できるようになります。
これにより、受注処理の負担を軽減されますので、クライアント様へ
業務改善や、新しい販売方法などのご提案にお役立てください。

————————————————————
問い合わせ番号の配送業者選択欄に「エコ配」を追加
————————————————————
受注詳細画面の問い合わせ番号入力欄にある、配送業者の選択肢に
「エコ配」を追加します。エコ配で商品を配送しているクライアン
ト様も、発送連絡メールに問い合わせ番号を自動的に記述できるよ
うになり、受注処理の負担が軽減します。

ESTORE お知らせ(2015年1月度)

2015年1月27日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
「シングルハンド」から「リマーケティング広告」にも出稿できるようになりました
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
GW期間 ポイントアップキャンペーンで集客しましょう
ゴールデンウィークはまだ先のように思えますが、関連するキーワードは3月中旬から検索され始めるので、今から販促施策を企画しましょう。通販でお買い物をするお客さんが減るGW期間は、集客に効くポイントアップキャンペーンが効果的です。また、2月には「購入金額に応じたポイント還元率の設定」機能が追加されるので、合わせた施策もオススメです。キャンペーン情報をメルマガで案内するほか、広告文の中に入れれば、来店してもらいやすくなります。

ポイントアップの設定方法
メールマガジンを送信する方法


転換率を上げるため、「お客様の声」を集めましょう
4月上旬に入学式や入社日があるので、お客さんは2月下旬から入学祝いやネクタイ、名刺入れなどのグッズをネットで探します。購入を後押しし、転換率を上げるために「お客様の声」を集めましょう。第三者の意見で購入を決めるお客さんは、約7割に上るとの調査結果もあります。また「お客様の声」を集めるには、例えば「コメントを書いたら100ポイントプレゼント」のような特典をつけると、投稿してくれやすくなって集まりやすくなります。

お客様の声を集める方法


各種バナーをご活用ください
GW特集、レビューを集める、入学祝いなどの 4月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら1月2月3月販促バナー


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催しても、お客さんがこないと意味がありません。購入意欲が高いお客さんをたくさん集めるために、ネットに広告を出しましょう。やり方がわからない、という店舗さんにはシングルハンドがオススメです。プロに完全お任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額1万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
2月~4月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備
4月 お花見、引っ越し、入学・就職、歓迎会、スポーツ、バーベキュー

気象庁発表 季節予報
2月~4月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
東京
2月4日(水)~2月6日(金) (ビッグサイト)

第17回グルメ&ダイニングスタイルショー春2015

食と食の関連雑貨・知識・ノウハウを集約し、これからの新しい売り方・アイテムが一堂に会する、食の専門見本市
東京
2月4日(水)~2月6日(金) (ビッグサイト)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
2月13日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
3月10日(火) 13:00~17:00 (〃)
大阪
3月20日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
名古屋
2月19日(木) 13:00~17:00 ( 名古屋 )

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
3月24日(火) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月20日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月25日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
東京
2月18日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
福岡
2月25日(水) 13:00~17:00( 中洲川端 )

詳細・申し込み

[復習・実践]専門(初級)SEO講座

本セミナーは、[DVD]専門(初級)SEO講座を受講された方限定のセミナーです。DVDをご覧いただいていない店舗さんは、DVDを受講いただき、内容を実施後、本講座をお申し込みください。
東京
2月17日(火) 14:30~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 「シングルハンド」から「リマーケティング広告」にも出稿できるようになりました
今までの「シングルハンド」は検索連動広告にしか出稿できませんでしたが、「リマーケティング広告」にも出稿できるようになりました。「リマーケティング広告」はお店ページを訪れたことがあるお客さんに広告を表示できる機能です。一度お店を訪れたお客さんがGoogle ディスプレイ ネットワークの他ウェブサイトを訪れると店舗さんの広告を表示できるので、絶大な効果を見込めます。

管理画面の「集客・運用 >シングルハンド」から詳細を確認のうえ、お申し込みください。

5 機能追加のお知らせ
気になる商品を「お気に入りリスト」に登録できるようになりました
お客さんが気になる商品を「お気に入りリスト」に登録して、後でマイページから見直せるようになりました。会員のお客さんは商品ページや一覧ページの「お気に入りボタン」をクリックするだけで登録できるので、ドンドン登録して後でじっくり検討できます。また、スマートフォンサイトにも対応するので、お客さんは休憩や移動中のようなちょっとした隙間時間を少しずつ活用してお買い物できます。さらに商品ごとの登録件数や登録しているお客さんを店舗さんは確認できるので、分析や販促に活用できます。
詳しくはこちら

Google「ユニバーサルアナリティクス」に対応しました
Googleアナリティクスの後継進化版であるユニバーサルアナリティクスに対応しました。Googleアナリティクスは2年以内に廃止と言われていますが、ユニバーサルアナリティクスに移行しておけば、引き続き高度なアクセス解析をできます。さらにユニバーサルアナリティクスならクーポンの使用率や決済方法を含めた分析など、今までできなかった分析ができるようになります。また、お店ページを自作している店舗さんは、クロスドメイントラッキングの設定が大幅に簡素化されるので以前より計測しやすくなります。
詳しくはこちら

カート内のボタンをカスタマイズできるようになりました
ショッピングカート内のボタンの文言やデザインを変えられるようになりました。もっと大きなボタンにして目立たせたり、文言を変えてわかりやすくしたりできるので、お客さんを次のページへ誘導しやすくなりカート画面からの離脱を防げます。
詳しくはこちら

受注台帳の一覧ページにもお届け希望日と発送予定日を表示できるようになりました
受注の詳細ページだけではなく一覧ページでもお届け希望日と発送予定日を確認できるようになりました。受注の詳細ページを開かなくても発送する日程が一目でわかり、受注処理の手間を省けます。
詳しくはこちら

受注台帳で選択した受注のチェックが操作後も外れないようになりました
今までは決済依頼やステータス変更をすると、選択した受注のチェックが外れるため同じ受注に対してメール送信などの異なる操作を続けて行えませんでした。現在は決済依頼やステータス変更をしてもチェックはそのまま保持します。同じ受注に対して異なる操作を続けてやりやすくなり、受注処理の負担を軽減できます。
詳しくはこちら

  海外販売用カートに送料を設定できるようにします 3月予定
今までの海外カート機能は送料を自動で加算できなかったため、注文後に手動で加算する必要がありました。今後は、店舗さんが指定した地域と重量に基づいて自動的に加算できるようにします。注文後に手動で加算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。

  海外販売用カートの受注から消費税分を引いて受け付けられるようにします 3月予定
海外に向けた販売には消費税はかからないためお客さんからいただく必要はありませんが、今までは消費税を含めた金額で注文を受け付けていました。今後は消費税分を自動的に減算した金額で受け付けるようにします。注文後に手動で減算処理する必要がなくなり、受注処理の負担を軽減できます。

離島用の特別送料を設定できるようにします 2月予定
今まで地域別の送料設定は都道府県ごとの指定だけでした。そのため、離島をはじめとする特別料金が必要な地域の送料は設定できませんでした。今後は、離島など店舗さんが指定した地域に特別な送料を設定できるようにします。これにより、受注処理の負担を軽減できます。

メール便でも「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします 2月予定
今までメール便で発送する注文では「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できませんでした。今後は、追跡番号があるメール便に限り「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします。Tシャツや小物など、メール便で発送することが多い店舗さんも導入しやすくなります。

「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できるようにします 2月予定
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、今まではストアーデスクにお問い合わせをしていただく必要がありました。今後は、管理画面からボタンを押すだけで再発行できるようにします。受注処理の手間を軽減できます。

商品ページやカゴ画面に付与予定ポイント数を表示できるようにします 2月予定
商品ページやカート画面に、その商品を購入した時にお客さんがもらえる予定のポイント数を表示します。購入した時のメリットをあらかじめ明示できるので、お得感をより強く訴求でき、販促に役立ちます。

購入金額に応じてポイント還元率をアップできるようにします 2月予定
今までも決済方法によってポイント還元率を変えられましたが、今後は購入金額に応じても変えられるようにします。例えば「一万円以上の購入でポイント還元率が2%→5%」など、たくさん買うほどお得になるように演出できるので、受注単価を上げるのに役立ちます。

問い合わせ番号の配送業者選択欄に「エコ配」を追加します 2月予定
受注詳細画面の問い合わせ番号入力欄にある、配送業者の選択肢に「エコ配」を追加します。エコ配で商品を配送している店舗さんも、発送連絡メールに問い合わせ番号を自動的に記述できるようになり、受注処理の負担が軽減します。

お店ページを丸ごとシークレットサイトにできるようにします 2月予定
今までも特定のページに限ってはパスワード認証をかけられましたが、今後はお店ページ全体にパスワード認証をかけられるようにします。トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求めるようにでき、さらに開店準備モードと違って管理画面と異なるパスワードを設定できるので、会員専用サイトの構築などに役立ちます。複数契約して新たに会員専用サイトを立ち上げたい場合などにご検討ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
6 メインテナンスの予告
2015年2月18日(水)午前2:00~午前8:00予定
2015年3月18日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは2月3日(火)に更新予定です。

 

ネット広告運用初心者マニュアル。広告集客の基本は「プッシュ型」と「プル型」 #1/3

CPA、CPC、CTR、CVR、ROI……。「ネット広告は横文字が多いし、覚えることが多くて難しい!」。新任・新人としてはじめて広告担当になった方、営業担当として営業しながらネット広告の担当も兼務している方のなかには、このように感じる人も多いはずです。

ディスプレイ広告、アフィリエイト、動画広告など、ネット広告の手法はさまざまで複雑化している

そこで本連載では、ネット広告初心者の方向けに、基本的な広告手法から、広告データの読み取り方、検証改善の手法まで、ネット広告担当者に必要な基本スキルを3ステップに分けて解説していきます。第1回は広告集客の基本を解説します。

ネット広告担当者の仕事の基本とは?

広告集客の基本を学ぶ前に、ネット広告担当者が達成すべきゴールは何かを考えてみましょう。担当者になったら、まずどこから手をつければいいでしょうか。ポイントは、最新の広告テクノロジーや運用方法など、細部の手法を知ることではなく、広告施策の全体像を一連の流れを追ってしっかり押さえることです(図1)。

図1 広告施策の全体像を押さえる

たとえば、売上拡大(商品の購入促進)が企業のゴールであれば、ネット広告担当者としてのゴールは「売上拡大につながる集客ができているか」ということになります。

また、目的に合わせた広告手法やターゲティング(特定の人に情報を届ける)手法も複雑化しています。最終的な企業のゴールに向けたネット広告担当者としてのゴールを明確に設定し、どのような集客方法を選択し、広告掲載後にどのようにデータを読み取り(効果測定)、施策の検証改善につなげるかをイメージすることがゴールへの近道です。

そのためのステップとして、本連載ではネット広告担当者が業務をスムーズに進めるために必要な基礎スキルを、「集客方法」→「効果測定」→「検証改善」の3つに分解します(図2)。

図2 広告業務の全体像を把握するための3ステップ
  • ステップ1:集客方法(今回の解説)広告出稿の目的(ゴール)に応じた広告メニューの選択と広告配信の設計について解説します。
  • ステップ2:効果測定(第2回)ディスプレイ広告、リスティング広告を中心に効果測定の考え方・バナーやテキスト広告のクリエイティブ評価をするためのデータの見方について解説します。
  • ステップ3:検証改善(第3回)ディスプレイ広告、リスティング広告の広告効果の改善につなげるための検証方法や改善方法について解説します。

ステップ1:集客方法
広告集客の基本は「プッシュ型」と「プル型」

まず、広告集客の基本は、「プッシュ」と「プル」を使い分けることです。

プッシュ型の広告集客は、不特定多数のユーザーに情報を届けることを目的とした攻めの広告です。プル型の広告集客は、特定のユーザーに能動的に情報を探してもらうことを目的とした待ちの広告です。ユーザーとの関わり方の違いを知ることが大切です(図3)。

図3 プッシュ型とプル型の集客の違い

ネット広告集客の8つの手法とそのメリット・デメリット

ネット広告の集客方法は、大きく3つのパターンに分けられます。さらに、各パターンにはいくつかの集客方法があります(図4)。

図4 ネット広告の集客パターン
  • プッシュ型の集客
    1. ディスプレイ
    2. 動画
    3. アフィリエイト
    4. メール
  • プル型の集客
    1. 検索
  • プッシュ/プル両方の要素を併せ持つ集客
    1. 記事コンテンツ
    2. ソーシャルメディア
    3. アプリ

広告集客を行うには、3パターンと8つの広告手法(広告メニュー)の違いをそれぞれ理解し活用していくことが不可欠です。

パターン1:プッシュ型の集客(攻めの広告)

認知獲得やブランディングなどを目的に、不特定多数に広く告知する場合に向いていますが、ある程度の配信ボリュームが必要なため、まとまった広告費が必要です。

プッシュ型の集客の特徴
広告手法 メリット デメリット
  1. ディスプレイからの集客
  2. 動画からの集客
  3. アフィリエイトからの集客
  4. メールからの集客
  • 認知やブランディング、サイトへの大量集客(サイト誘導)に向いている
  • ターゲットユーザー(見込みユーザー)以外にも広告配信される
  • 広告費がプル型の集客に比べ高め

パターン2:プル型の集客(待ちの広告)

特定ターゲットに対するピンポイントでの集客や、少額の広告費でも実施できます。

プル型の集客の特徴
広告手法 メリット デメリット
  1. 検索からの集客
  • 目的が明確なユーザーをピンポイントで集客するのに向いている
  • 少額の広告費でも出稿でき、最も手軽にできる
  • 認知、ブランディングがされていないと効果が見込みにくい

パターン3:プッシュ/プル両方の要素を併せ持つ集客(攻めと待ちの広告)

特定ターゲットをWebコンテンツへ誘導し、リピート訪問してもらうことで固定ファンを育成します。他の2パターンと比較して、ある程度の時間と手間がかかる手法です。

プッシュ/プル両方の要素を併せ持つ集客の特徴
広告手法 メリット デメリット
  1. 記事コンテンツからの集客
  2. ソーシャルメディアからの集客
  3. アプリからの集客
  • 新たに自社の顧客になりそうな見込みユーザーを集客することが可能
  • レビューや評価など集客後の効果が明確
  • ファンとなるユーザーの育成が必要
  • プル型集客と比べ獲得成果(コンバージョン)の即効性が見込みにくい

広告集客でやるべきことはたった2つ

ネット広告の手法を知った後は、実際に広告担当者として集客方法を検討してみましょう。

ネット広告の集客でやるべきことは、「広告メニューを決める」と「ターゲティングを決める」のたった2つです。もちろん、効果測定や検証改善なども大切ですが、今回は広告集客に絞ってそれぞれのポイントを解説します。

基本業務1:広告メニューを決める

広告集客では「集客したいユーザー」×「広告メニュー」の理解が重要です。広告メニューを決めるうえでのポイントは次の2点です。

  1. 集客したいユーザーを、ユーザーの興味関心の度合いが「高いか/低いか」という視点で「非認知層」「潜在層」「顕在層」に分類する。
  2. 広告メニューは、ユーザーへのリーチが「広いか/狭いか」という視点で選択する。

この視点からネット広告の全体像は、図5のようにプロットできます。ここからは個別の広告メニューの基本を見ていきましょう(広告メニューの詳細は、広告代理店や媒体社が発行している媒体資料を参照ください)。

図5 集客方法の違いとネット広告の全体像

プッシュ型広告
1. ディスプレイからの集客

純広告/リッチメディア
  • ユーザーが目にしやすい優良な広告枠に広告配信する手法で、認知獲得・ブランディングに有効。
  • バナーを特定の広告枠に掲載する「純広告」、広告に動きやインパクトのある表現をする「リッチメディア」の2つの集客方法が代表的。
  • 広告掲載は、事前に広告枠の予約買付が必要となる。多くのユーザーの目に触れる広告枠は1週間の広告掲載で広告費が500万円~1,000万円以上するなど、比較的高額になる。

代表的な広告メニュー:「Yahoo! JAPAN(ブランドパネル トリプルサイズ、ブランドパネル エキスパンドスクリーン他)」「MSN Japan(MSNホームウィンドウ他)」

アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告
  • 広告配信媒体を複数まとめて広告配信する手法。
  • 代表的な配信手法は3つ。
    広告掲載枠をもった媒体の広告枠をまとめて広告配信する「アドネットワーク※1
    複数の広告配信ネットワークをまとめて1imp(インプレッション)単位で広告配信をコントロールできる「DSP※2
    自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告を表示する「コンテンツ広告」などが主流で、バナーやテキスト広告を出稿できる
  • 配信数などをコントロールするタイプの広告のため運用型広告と呼ばれ、少額の広告予算でも広告掲載が可能であり、ターゲットに応じた広告配信管理ができる。

代表的な広告メニュー:「Advertising.com」「MicroAd BLADE」「FreakOutDSP」「デクワスDSP」「i-mobile」「nend」「CRITEO」「DoubleClick Bid Manager」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」「Googleディスプレイネットワーク(GDN)」など。

※1 アドネットワーク(Ad Network)は、ニュース系や女性系などの特定カテゴリに対して媒体社と直接契約しなくても複数のメディアにまとめて広告配信できる。決められた単価で広告配信を行う。

※2 DSP(Demand Side Platform)は、バナーの広告配信管理を行う広告主側の広告配信プラットフォームのこと。1imp(1インプレッション)単位でリアルタイムに入札取引(RTB:Real Time Bidding)が行われ、最も高く入札した場合に広告掲載される。

プッシュ型広告
2. 動画からの集客

  • 動画を広告コンテンツとして配信する手法。
  • 代表的な配信手法は3つ。
    バナー広告枠に動画を配信する「インディスプレイ
    本編動画の間にCMのように動画広告を差し込む「インストリーム
    ブラウザ上で画面をスクロールし、動画表示領域をクリックやマウスオンしたときに動画広告を配信する「インスクロール」がある。

代表的な広告メニュー:「YouTube(YouTubeマストヘッド、TrueView動画)」「Yahoo! JAPAN ネットワーク(インストリームアド、インスクロールアド)」「niconico広告(ニコニコ動画、動画広告)」「Adap.TV」「TubeMogul」など。

プッシュ型広告
3. アフィリエイトからの集客

  • サイトを訪れたユーザーが、広告をクリックして会員登録・資料請求・商品購入などを実行したコンバージョン成果に応じて広告費を支払う手法。
  • アフィリエイター※3が商品やサービスをブログや運営サイトで取り上げるため、クチコミなどによる情報拡散を期待できる。
  • 広告主にとっては、売上などの成果が出て初めて広告費が発生するため、費用対効果が高い。
  • 紹介文はアフィリエイターが作成するため、広告主がメッセージの内容をコントロール、把握することが難しい。

代表的な広告メニュー:「A8.net」「バリューコマース」「アクセストレード」など。

※3 アフィリエイターとは、アフィリエイト広告のバナーやテキストを掲載する個人や法人が運営するブログ・サイト・メルマガなどのこと、またはその運営者のこと。

プッシュ型広告
4. メールからの集客

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信する手法。広告文をメールとして送付するDM型広告/ダイレクトメール、ニュースメールなどのヘッダー部分などに広告文を掲載するメルマガなどがある。
  • 広告メールの配信を許諾したユーザーの属性を絞り込んで広告配信する「ターゲティングメール」、希望する分野の広告配信を事前承諾したユーザーにのみ広告配信する「オプトインメール」などが代表的。
  • ユーザーが受取拒否しない限り広告配信できる。

代表的な広告メニュー:「ネットマイル」「フルーツメール」「G-Point」「ドリームメール」「まぐまぐ」など。

プル型広告
5. 検索からの集客

  • 検索エンジンで検索されたキーワードやフレーズに連動して、検索結果ページにテキストで広告掲載される集客手法。検索連動型(リスティング)広告とも呼ばれる。
  • 購入キーワードごとに入札価格を設定し、クリック単価※4×広告品質※5の高い順に広告が並ぶ。
  • 広告がクリックされると広告費が発生するクリック課金型の広告。

代表的な広告メニュー:「Yahoo!プロモーション広告(スポンサードサーチ)」「Google AdWords広告(検索連動型広告)」など。

※4 クリック単価(CPC:Cost Per Click)は、CPC=広告費÷クリック数で算出できる。数値が低ければ低単価で効率的にサイトへ誘導できているといえる。

※5 広告品質:キーワードとテキスト(広告文)の関連性、テキスト(広告文)とクリック先のページコンテンツとの一致度、クリック率を総合的に判断しスコア化されたもの。一般的にスコアが高ければ広告品質が高いといえる。

プッシュ/プル型
6. 記事コンテンツからの集客

  • ポータルサイトや専門コンテンツの一部として、媒体社が広告企画(タイアップ)ページや記事コンテンツを作成し、広告を読み物として掲載する手法。
  • ユーザーに商品やサービスの機能、特徴などを理解してもらうために有効。

代表的な広告メニュー:「All About」「nanapi」「グノシー(Gunosy Ads)」「SmartNews(SmartNews Standard Ads)」などのインターネットメディアの広告。

プッシュ/プル型
7. ソーシャルメディアからの集客

  • 広告媒体のフォーマットに合わせ、コンテンツの中に広告をおりまぜ、ユーザーにストレスを与えずに集客する手法。
  • ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供し、共感してファンになってもらえるかが集客するうえで重要。

代表的な広告メニュー:「LINE(スポンサードスタンプ、ダイレクトスタンプ、NAVERまとめ)」「Facebook広告」「Twitterプロモ商品」など。

プッシュ/プル型
8. アプリからの集客

  • ユーザーが利用中のアプリ内に広告を掲載する手法。ユーザーが新しいアプリをダウンロードすると広告費が発生する「CPI広告(Cost Per Install/アプリインストール型広告)/リワード広告」が代表的。
  • アプリ内の広告をクリックして、アプリをインストールしてくれたユーザーに対価(ポイント付与、ガチャなどのインセンティブ)を設定できる。
  • アプリダウンロード数が多ければ、App StoreやGoogle Playでの上位表示が見込める。

代表的な広告メニュー:「CAリワード」「メタップス」「アドウェイズ(AppDriver)」など。

基本業務2:ターゲティングを決める

広告メニューの基本を理解したら、次は集客したいユーザーを絞りこみ、広告の配信設計をします。ターゲティングするうえで必要なポイントは次の2点です。

  1. ターゲティングに利用する条件(広告の配信設計)を決める。
  2. 「非認知層」「潜在層」「顕在層」とターゲティング条件を掛け合わせる。

集客したいユーザーとターゲティング条件の全体像を図6にまとめました。広告掲載する媒体や広告メニューによって、ターゲティングできる範囲は異なるため注意してください。

図6 ターゲティングを決め、ターゲットを絞り込み集客する

ブロードリーチ(ノンターゲティング)

  • 不特定多数のユーザーに広く認知してもらうため、何もターゲティングせずに母数を最大限確保した広告配信手法。

デモグラフィック配信(デモグラフィックターゲティング)

  • 年齢・性別などのデモグラフィック情報でターゲティングして広告配信する手法。
  • 「20代」や「男性」単位で絞込みを行い、特定属性の集団(セグメント)設計をする。

ジオグラフィック配信(ジオグラフィックターゲティング)

  • 地域(エリア)などのジオグラフィック情報でターゲティングして広告配信する手法。
  • 「都道府県」や「市区町村」単位で絞り込みセグメントを設計。
  • GPSなどの位置情報やIPアドレスでエリアを判別。

カテゴリ配信(カテゴリターゲティング)

  • 個別の広告媒体ではなく、複数の広告媒体のカテゴリをまとめて広告配信する手法。
  • 「新聞マスコミ系」のサイト群(サイトカテゴリ単位)などで絞り込みセグメントを設計。

行動ターゲティング(ビヘイビアターゲティング)

  • インターネット上の行動履歴からユーザーの興味関心を絞りこんで広告配信する手法。
  • 閲覧ページ、検索したキーワード、広告クリックの履歴を掛け合わせ、ユーザーの行動パターンに応じて広告を掲載。

オーディエンス配信(オーディエンス拡張/拡張配信)

  • 自社サイトを訪問したユーザーの行動履歴を基に、自社サイトに未訪問かつ、同じような行動履歴を持つ類似ユーザーにターゲティングして広告配信する手法。

キーワードターゲティング(サーチターゲティング)

  • 特定のキーワードを検索したユーザーに絞り込んで広告配信する手法。
  • 検索キーワードをもとにセグメントを設計。

サイトリターゲティング

  • 自社サイトに来訪したことのあるユーザーを絞り込んで広告配信する手法。
  • 静止画バナーでの訴求方法が中心。

レコメンドリターゲティング

  • 自社サイトに来訪したユーザーをターゲティングし、行動履歴から推測されるユーザーの興味関心に応じたおすすめの商品(コンテンツ)を絞り込みして広告配信する手法。
  • 通常の静止画バナーと異なり、ユーザーに合わせて商品画像を動的(ダイナミック)に変更し訴求。

集客したいユーザーと広告メニューを整理

広告メニューとターゲティングを決めたら、集客したいユーザーを「非認知層」「潜在層」「顕在層」に分類し、それぞれの「集客目的」「集客方法」「集客効果」をチェックしていきましょう。

非認知層:まだ製品やサービスを知らないユーザー

まだターゲットになっていない無関心の新規ユーザーに広くアプローチし、リーチ※6を拡大することで、まず自社の商品やサービスを知ってもらうことが、広告施策の主な役割。細かなターゲティングで母数を絞らないため、クリック単価(CPC)を抑えた集客が可能(図7)。

図7 非認知層での広告メニュー

※6 リーチ:特定の広告がある期間内に、何人または何割の人に閲覧されたかを示す指標。リーチが大きければ、多くのユーザーに広告を見てもらえたといえる。

潜在層:商品やサービスを知っているユーザー

すでに商品やサービスを認知しているユーザーに対して、興味喚起のための広告を配信する。ある程度の配信母数を確保しつつ、CPCを抑え、獲得効率(CPA/CVR)※7とのバランスを重視した集客を目指す(図8)。

※7 獲得単価(CPA=広告費÷コンバージョン数)やコンバージョン率(CVR=コンバージョン数÷クリック数)などが、申し込みや成約などの獲得効率を見るための広告評価指標となる。

図8 潜在層での広告メニュー

顕在層:目的が明確なユーザー(見込みの高いユーザー)

顧客になってくれそうな見込みの高いユーザーに対し、ピンポイントで効率的に広告を表示することで、コストを抑えながら集客できる(図9)。

図9 顕在層での広告メニュー
◇◇◇

第1回では、ネット広告担当者に必要な広告集客の考え方の基本を解説してきました。各広告の運用ノウハウなどのテクニックを押さえる前に、「集客目的」「集客方法」「集客効果」を振り返り、目的に応じた広告配信を設計することが重要です。

次回は、ディスプレイ広告、リスティング広告を中心に効果測定の考え方・バナーやテキスト広告のクリエイティブ評価をするためのデータの見方について解説します。

 

※Web担当者Forum参照

ESTORE お知らせ(2014年12月度)

2014年12月22日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
年末のアクセス増に備えてアクセス集中の対策をいたします
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
ホワイトデーは男性のお客さんを集め、商品を選びやすくしましょう
バレンタイン商戦が終わる頃、ホワイトデー商戦がやってきます。2月中旬からお返しを探すお客さんがいるので、早めに準備しましょう。また、2014年の「ホワイトデー」は高額商品を贈る人が増えていたとのデータもあります。まず普段来店しない男性のお客さんに来店してもらえるように、集客しましょう。次に、商品を探しやすくすることがポイントです。例えば、売れ筋ランキングを表示したうえ、価格帯で商品のカテゴリーを分ければ、目的や予算に合わせて商品を選びやすくなります。

人気ランキング商品の登録方法


送料無料の金額を設定し、受注単価を上げましょう
4月から新生活が始まります。卒業・卒園や引っ越しに関連する家具などが2月中旬から検索されます。送料無料の金額を設定し、受注単価を上げましょう。また、11月の調査結果では「送料の有無」が「非常に大きな影響を与える」と答えた人が全体の約5割を占めています。インテリア、家電の店舗さんだと、送料無料のラインは受注単価の平均値より3000円多く設定するのが目安です。お客さんの購入の後押しになるので、適切な金額で設定しましょう。

「あと○円で送料無料」の案内を表示する方法


各種バナーをご活用ください
ホワイトデー、新生活応援、送料無料、卒業・卒園、春物などの 3月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら12月1月2月販促バナー


転換率でお困りの方は、専門家にお任せください
商品やイベントバナーを設置することで、商品をアピールでき、お客さんも商品を探しやすくなります。バナーのクオリティを高めたい、自分で作れないという店舗さんには、 バナー制作代行がおすすめです。初回無料でお試しバナーを制作します。

ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
1月~3月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
1月 寒さ対策、元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備

気象庁発表 季節予報
12月~2月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
イーコマースEXPO2015東京

ECソリューションと通販システム&サービスの集結する国内最大級のEC専門イベント
東京
1月28日(水)~1月29日(木) (ビッグサイト)

JFW インターナショナル・ファッション・フェア

ファッション関連の最終商材の展示商談会
東京
1月21日(水)~1月23日(金) (ビッグサイト)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
  [復習・実践]専門(初級)SEO講座

本セミナーは、[DVD]専門(初級)SEO講座を受講された方限定のセミナーです。DVDをご覧いただいていない店舗さんは、DVDを受講いただき、内容を実施後、本講座をお申し込みください。
東京
2月17日(火) 14:30~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
1月21日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
2月13日(金) 13:00~17:00 (〃)
大阪
1月15日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
名古屋
2月19日(木) 13:00~17:00 ( 名古屋 )

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
1月23日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月20日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
大阪
1月16日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪)

詳細・申し込み

梱包・ラッピング実践講座

梱包とギフトラッピングのコツがその場で身に付けます。
東京
1月22日(木) 13:00~16:30( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
東京
2月18日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
福岡
2月25日(水) 13:00~17:00( 中洲川端 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

GoogleAnalytics、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 機能追加のお知らせ
  気になる商品を「お気に入りリスト」に登録できるようにします 1月21日予定
お客さんが気になる商品を「お気に入りリスト」に登録して、後でマイページから見直せるようにします。会員のお客さんは商品ページや一覧ページの「お気に入りボタン」をクリックするだけで登録できるので、ドンドン登録して後でじっくり検討できます。また、スマートフォンサイトにも対応するので、お客さんは休憩や移動中のようなちょっとした隙間時間を少しずつ活用してお買い物できます。さらに商品ごとの登録件数や登録しているお客さんを店舗さんは確認できるので、分析や販促に活用できます。

  Google「ユニバーサルアナリティクス」に対応します 1月21日予定
Googleアナリティクスの後継進化版であるユニバーサルアナリティクスに対応します。Googleアナリティクスは2年以内に廃止と言われていますが、ユニバーサルアナリティクスに移行しておけば、引き続き高度なアクセス解析をできます。さらにユニバーサルアナリティクスならクーポンの使用率や決済方法を含めた分析など、今までできなかった分析ができるようになります。また、お店ページを自作している店舗さんは、クロスドメイントラッキングの設定が大幅に簡素化されるので以前より計測しやすくなります。

  カート内のボタンをカスタマイズできるようにします 1月21日予定
ショッピングカート内のボタンの文言やデザインを変えられるようにします。もっと大きなボタンにして目立たせたり、文言を変えてわかりやすくしたりできるので、お客さんを次のページへ誘導しやすくなりカート画面からの離脱を防げます。

  受注台帳の一覧ページにもお届け希望日と発送予定日を表示します 1月予定
受注の詳細ページだけではなく一覧ページでもお届け希望日と発送予定日を確認できるようにします。受注の詳細ページを開かなくても発送する日程が一目でわかり、受注処理の手間を省けます。

  受注台帳で選択した受注のチェックを操作後も外れないようにします 1月予定
今までは決済依頼やステータス変更をすると、選択した受注のチェックが外れるため同じ受注に対してメール送信などの異なる操作を続けて行えませんでした。今後は決済依頼やステータス変更をしてもチェックはそのまま保持します。同じ受注に対して異なる操作を続けてやりやすくなり、受注処理の負担を軽減できます。

  離島用の特別送料を設定できるようにします 2月予定
今まで地域別の送料設定は都道府県ごとの指定だけでした。そのため、離島をはじめとする特別料金が必要な地域の送料は設定できませんでした。今後は、離島など店舗さんが指定した地域に特別な送料を設定できるようにします。受注処理の負担を軽減できます。

  メール便でも「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします 2月予定
今までメール便で発送する注文では「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できませんでした。今後は、追跡番号があるメール便に限り「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします。Tシャツや小物など、メール便で発送することが多い店舗さんも導入しやすくなります。

 「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できるようにします 2月予定
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、今まではストアーデスクにお問い合わせをしていただく必要がありました。今後は、管理画面からボタンを押すだけで再発行できるようにします。受注処理の手間を軽減できます。

  商品ページやカゴ画面に付与予定ポイント数を表示できるようにします 2月予定
商品ページやカート画面に、その商品を購入した時にお客さんがもらえる予定のポイント数を表示します。購入した時のメリットをあらかじめ明示できるので、お得感をより強く訴求でき、販促に役立ちます。

  購入金額に応じてポイント還元率をアップできるようにします 2月予定
今までも決済方法によってポイント還元率を変えられましたが、今後は購入金額に応じても変えられるようにします。例えば「一万円以上の購入でポイント還元率が2%→5%」など、たくさん買うほどお得になるように演出できるので、受注単価を上げるのに役立ちます。

  問い合わせ番号の配送業者選択欄に「エコ配」を追加します 2月予定
受注詳細画面の問い合わせ番号入力欄にある、配送業者の選択肢に「エコ配」を追加します。エコ配で商品を配送している店舗さんも、発送連絡メールに問い合わせ番号を自動的に記述できるようになり、受注処理の負担が軽減します。

  お店ページを丸ごとシークレットサイトにできるようにします 2月予定
今までも特定のページに限ってはパスワード認証をかけられましたが、今後はお店ページ全体にパスワード認証をかけられるようにします。トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求めるようにでき、さらに開店準備モードと違って管理画面と異なるパスワードを設定できるので、会員専用サイトの構築などに役立ちます。複数契約して新たに会員専用サイトを立ち上げたい場合などにご検討ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
5 メインテナンスの予告
年末商戦繁忙期に対応し、年内のメインテナンス予定はありません。
2015年1月21日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは1月5日(月)に更新予定です。

6 年末のアクセス増に備えてアクセス集中の対策をいたします
以下の条件にあてはまる店舗さんはご連絡ください。アクセス集中による機会損失を防ぐため、対象の日や時刻に回線や処理量の融通をします。ご連絡はテクニカルサポート(0570-05-1210、sp@Estore.co.jp)までお気軽にどうぞ。

・月間の受注が 5,000件以上で、かつ通常月の2倍ほどのアクセス集中が見込まれる場合
・商品や店舗がテレビや雑誌、アルファブログで取り上げられる予定がある場合
・なんらかの事由で計画外に突然人気急上昇になったとき

1 2 3 4 5