Author Archives: alamode.t

Google、AdWordsの広告品質評価システムを変更

Google AdWordsの品質スコアが、検索クエリごとに毎回評価されることになった。

 

米Googleは8月21日、広告主が入札する検索キーワードのQuality Score(品質スコア)の変更を明らかにした。

主な変更は、検索クエリーごとのキーワードの品質評価、品質スコアのリアルタイムな評価に伴う「非表示(検索サイト)」ステータスの廃止、これまでの最小入札価格に代わる「First Page Bid」という新しい指標の表示の3点。

検索クエリーごとのキーワードの品質評価では、クエリー実行のたびにリアルタイムに品質評価を行うため、より正確なパフォーマンス情報が得られるという。

またリアルタイムでキーワードの品質を評価するために、これまでは品質スコアなどが広告掲載基準を満たしておらず「非表示」ステータスとなっていたキーワードにも、広告表示の可能性が生じる(キーワードが一時停止、もしくは削除されている場合を除く)。

さらにこれまで提供してきた最小入札価格を廃止し、GoogleのWeb検索結果1ページ目に広告を表示させるにはどれくらいの入札金額が必要かの目安「First Page Bid」を導入する。この金額は、設定キーワードのパフォーマンス、品質スコア、およびそのキーワードの最新の競合状況に基づいて算出しているという。

Googleは現在、AdWords API、AdWords EditorについてもFirst Page Bid対応に向けて開発を進めているが、現時点では最小入札価格が表示されているという。

なお今回の変更については日本の公式ブログでも既に発表されている。

※ITmediaニュース参照

Google、AdWordsにキーワードの検索回数表示機能を追加

Keyword Toolに登録したキーワードが検索された頻度を、数字で把握できるようになった。

 

米Googleは7月8日、検索連動型広告「AdWords」のKeyword Toolで、キーワードが検索された回数を表示可能にしたと明らかにした。

keyword tool

Keyword Toolでは、広告主は自社のビジネスに関連のあるキーワードをまとめたキーワードリストを作成できる。このリストに含めるキーワードを検索する際に、特定のキーワードに一致する検索クエリーがGoogleとその検索ネットワーク上で何回実行されたかの概数が分かるようになった。

キーワードの検索回数が把握できることで、ターゲットを絞り込んだ広告の出稿やより効率的な予算計画ができるとしている。

※ITmediaニュース参照

Googleアドワーズ広告とは

グーグルが提供する検索連動型広告。アドワーズ(AdWords)と呼ぶことが多い。主に検索ポータル「Google」の検索結果画面の上または横に、検索キーワードと関連性のあるクリック課金型(PPC:pay per click)の広告を掲載できる。特定のキーワードに対して広告主がAdWords広告の契約を結ぶと、利用者がそのキーワードで検索した際の結果ページにテキスト広告、バナー広告、またはビデオ広告を表示する。現在の主流は、最大文字数が見出し全角12字、広告テキストが全角17字×2行、表示URLが 35字の定型のテキスト広告である。

AdWordsは、検索連動型広告の代表格であると同時に、グーグルの企業としての急成長・高収益を支える基盤でもある。

AdWords広告が掲載されるのは、検索サイトとしてはGoogleのほかに、infoseek、BIGLOBE、livedoor、@nifty、AOL Search、goo、So-net、hi-ho、OCNなどがある。また検索サイト以外にも、All Aboutなどのコンテンツ・サイトや、Google AdSense(アドセンス:Webサイトの内容に関連性の高いAdWords広告を配信するサービス)を導入している数多くの中小規模サイトにも、コンテンツ連動型広告として掲載できる。このため、Google検索の利用者だけでなく、インターネット利用者に幅広くリーチ可能である。

Webページ内の広告枠内での掲載位置の順位決定には、クリック単価(CPC)だけでなく、利用者によるクリック率も加味される。コストを抑えるために掲載順位を低く指定することも可能である。広告掲載費用としては、最初にアカウント開設費として500円がかかるほかは、固定費なしのクリック単価(CPC)課金制。広告主は、クリック単価またはインプレッション単価と、1日の予算を設定する。

費用対効果を高めるための機能としては、広告を配信する地域を絞り込んだり、曜日や時間帯を指定する機能がある。実店舗を持つ企業など、商圏を限定して商品やサービスのプロモーションを実施したい場合は、広告を表示する対象地域を国・地域・都市・市区町村や、住所または緯度経度と半径などで絞り込める。検索キーワードに含まれる場所に関連した用語や、利用者パソコンのIPアドレスを基に、配信対象地域が絞り込まれる仕組みである。また、広告配信の曜日と時間帯を指定できる配信スケジュール設定機能を利用すると、「午前11時~午後2時の間だけ広告を掲載する」といったキャンペーンを実施できる。

2006年に利用可能になった動画広告は、利用者が操作するまでは静止画を表示する「Click-to-Play」動画に限られ、再生時間は2分以内。ビデオ・フォーマットは、AVI、ASF、QuickTime、Windows Media、MPEGのいずれかである。

検索連動型広告は、特定のキーワードに関連した情報を探している人に向けて広告を表示できるため、一般のバナー広告と比べて広告効果が高いと言われる。AdWordsのほかには、Yahoo!グループのオーバーチュアが提供する「スポンサードサーチ」が典型である。

※ITpro by日経コンピュータ参照

Google、AdWordsの広告掲載費用を管理する機能を拡充

「Conversion Optimizer」は、事前に設定したコンバージョン単価目標に応じて、AdWords入札金額を自動調整する機能。

 

米Googleは1月10日、検索広告サービス「AdWords」の広告主向け機能「Conversion Optimizer」を拡充した。Conversion Optimizerは2007年9月にβ公開していた機能で、コンバージョン単価(CPA)の目標値を事前設定することで、PPC(ペイパークリック)広告を買う際の入札金額を自動管理できる。

Conversion Optimizerでは、広告主が上限コンバージョン単価を設定すると、コンバージョン単価がその設定値以下になるように、AdWordsシステムが広告を表示するタイミングやクリック単価(CPC)の自動調整を行う。Googleは、この機能が広告主にとっての作業時間の短縮や、投資回収率の向上に役立つとしている。

cpa

これまでこの機能を利用できるのは過去30日間のコンバージョン数が300件以上ある広告主に限られていたが、今回の拡充でコンバージョン数が200件以上あれば利用できるようになった。

※ITmediaニュース参照

「検索連動だけがAdWordsではない」――リッチ化するGoogle広告

テキスト広告のイメージが強い「AdWords」「AdSense」だが、広告主が掲載先を選べたり、動画やミニゲームを広告にする仕組みもあり、大手企業のブランディング広告の引き合いも増えつつあるという。

「検索連動だけがAdWordsではない」――Google日本法人は12月14日、同社の売り上げの99%を占めているという広告事業について説明した。検索・コンテンツ連動テキスト広告のイメージが強い「AdWords」「AdSense」だが、広告主が掲載先を選べる仕組みや、動画やミニゲームを広告にする仕組みも備え、大手企業のブランディング広告にも利用できるとアピールする。

Googleの広告プログラムには「AdWords」と「AdSense」がある。AdWordsは広告主向け、AdSenseは広告を掲載するサイトオーナー向けの呼び名だ。「『AdWords=検索連動広告』と誤解されるが、検索連動以外の広告も含まれる」(同社セールスプランニンググループの高広伯彦シニアマネージャ)

画像
ガジェット広告の例。マウスクリックでゲームをプレイできる

広告フォーマットは、(1)テキスト、(2)静止画、(3)動画、(4)ガジェット――の4種類ある。ガジェットはFlashを使った広告で、ミニゲームなどインタラクティブな広告を製作できる。

配信方法は(1)検索連動、(2)コンテンツ連動、(3)プレースメントターゲット――の3種類。プレースメントターゲットは、広告主が掲載先を選べる仕組みだ。掲載したいサイトのジャンルやキーワードを入力すると、関連するサイトを一覧表示。ふさわしいサイトを選んで出稿できる。

検索連動広告やコンテンツ連動広告は一般的に、予算の限られた中小企業が、特定の商品などを効率的にアピールする手段に向き、大手企業のブランディングには向かないとされてきた。閲覧者の興味に近い広告を掲示できる一方で、広告がどんなサイトや検索結果の上に露出するか分からず、ブランドイメージを損ねる可能性があったり、検索・コンテンツ連動広告で主体となっているテキスト広告では、イメージを訴求しにくいといった理由が背景にある。

高広シニアマネージャは「プレースメントターゲットなら、広告主に出稿サイトを選んでもらえる。コンテンツ連動でも『こういったサイトは除外してほしい』という指定も可能になった。動画やガジェットでリッチな表現もでき、ナショナルクライアントからの問い合わせが増えている」と語り、大和ハウス工業やバンダイネットワークスなどの出稿例を紹介する。

Googleとは対照的に、ブランディング広告を得意としてきたヤフーはこのほど、個人サイトやブログに広告配信できる「アドパートナー」を発表。AdSenseの得意分野に踏み込んできた(関連記事参照)。アドパートナーはまず、行動ターゲティング広告を導入。閲覧者のYahoo!JAPAN内での行動をCookieで把握し、配信する広告を決める。

Googleは、ヤフーのこの動きについて「他社サービスについてコメントする立場にない」としたが、行動ターゲティング広告には参入しないという。「Googleには、ユーザーの利益にならないCookieは使わないというポリシーがある。今後も行動ターゲティングは行わないだろう」

※ITmediaニュース参照

オーバーチュア、Googleを上回る 国内検索PVシェアで

検索連動広告といえばGoogleの「AdWords」が有名だが、国内のPC検索結果のPVベースで見ると、Yahoo!JAPANの検索連動広告を手がけるオーバーチュアが最大のシェアを持っているという。

 

検索連動広告といえばGoogleの「AdWords」が有名だが、国内のPC検索結果のページビュー(PV)ベースで見ると、Yahoo!JAPANの検索連動広告を手がけるオーバーチュアが最大のシェアを持っているという。オーバーチュアの天畠秀隆シニアディレクターが6月20日、高シェアの背景について語った。

オーバーチュアの検索連動広告を採用しているパートナーサイトは、国内で最大の検索シェアを持つYahoo!JAPANのほか、MSN、エキサイトなどPC・携帯合わせて92。2005年第3四半期(7~9月)の15から、1年半で約6倍に増えた。

今年3月時点で、パートナーサイトのPC検索シェア(検索結果のページのPV合計、ネットレイティングス調査)は約65%。Googleの約35%を大きく上回っている。「ヤフーと排他的な契約を結んでいる点が大きい」

Googleからオーバーチュアに乗り換えたエキサイトのような企業にも、同社の広告配信は好評という。「当社は広告のチューニングをきめ細かく行うため、乗り換えただけで広告収入が上がる」と天畠シニアディレクターはアピールする。

携帯向けではKDDI(au)と提携したGoogleに水を空けられていたが、今年5月からソフトバンクモバイルの公式サイトに検索連動広告を提供。NTTデータと協力して携帯向けコンテンツマッチ広告配信も始めており「Googleとの差は縮まってきている」と見る。

今後は、パートナー媒体をさらに増やすほか、新たな広告配信手法を検討していく。コミュニティーサイトと連動した広告や、検索を呼びかけるテレビCMとの連動などを検討している。

同社はヤフーの100%子会社となることが決まっており(関連記事参照)、Yahoo!JAPANとの連動もさらに深めていく方針だ。

※ITmediaニュース参照

1 64 65 66