Monthly Archives: 1月 2016

Estore お知らせ(2016年1月度)

2016年1月26日発行

3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
メインテナンスの予告
機能追加のお知らせ
全国キャラバン
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
ゴールデンウィーク前の駆け込み需要に対応しましょう
今年のゴールデンウィークは最大で10連休です。連休中はネットで商品を購入する人は減りますが、連休中に必要な商品を手に入れておくために、連休前に駆け込み需要が高まる傾向があります。そのため「まだ間に合う、お急ぎ便で対応中」など、駆け込み需要にうまく応えられるようにお店を準備し、メルマガやブログなどでしっかりと告知しましょう。もちろん、クーポンの発行やポイント還元などもこの時期に合わせて行うと効果が高まります。消費者の動向と自社の商品を突き合わせて、消費者のニーズに応える企画を展開し信頼されるお店を目指しましょう。

クーポンの発行方法はこちら



お花見はついで買いとまとめ買い
3月末~4月上旬は、お花見のシーズンです。お花見のように人が集まるイベントは、必要なグッズが参加人数よりも多めに買われる傾向にあります。また「なくても良いけれどあると役に立つグッズ」も注目を集めます。つまりお花見は、まとめ買いとついで買いがとてもされやすいイベントといえます。まとめ買いをされやすくするには、セット商品を用意したりまとめ買い機能を活用したりするのが効果的です。また、関連商品をうまく設定すると、ついで買いも期待できます。自分のお店の商品が、どちらに向いているかを考えて早めに準備しましょう。

関連商品設定の設定方法はこちら
まとめ割引設定方法はこちら
まとめ買い機能の設定方法はこちら


販促に使えるイベント各種バナー
入学祝い、GW、お花見などの 4月のイベントバナー をご用意しました。 1月2月3月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、店舗分析レポートを参考にしましょう。売上目標を達成するために、お客さんをどれくらい呼べばよいかを計画しましょう。集客に課題のある店舗さんにはシングルハンドというサービスをご用意しております。広告のプロにお任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額3万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 メインテナンスの予告
2016年2月17日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年3月16日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは2月2日(火)に更新予定です。

3 機能追加のお知らせ
まとめ割引をできるようにしました
お客様が商品をまとめて購入すると、自動で割引できるようにしました。「よりどり3足1,000円」や「2着目半額」など多彩な販促をできるようになり、売上アップを狙えます。

受注一覧に「別」アイコンを追加しました
お届け先が注文者住所と異なっていると、受注一覧の「注文番号」欄に「別」のアイコンを表示します。お届け先が注文者住所ではない受注が一目でわかるので、業務が効率良くなります。

法人名で受注を検索できるようにしました
「注文者法人名」と「注文者法人名(かな)」でも受注を検索できるようにしました。今まではお客様から法人名でお問い合わせがあったときに名前を伺わないと該当の受注を探せませんでした。今後は法人名で該当の受注を探せるようになります。

通信欄、注文者情報の備考欄を編集可能にしました
今までは、お客さんから情報変更を承っても[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できないために、お客さんに古い情報を記載したメールを送ってしまうケースがありました。今後は、情報変更を[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できるようにします。常に最新の情報を記載できるようになりました。

受注一覧でメモの一部を確認できるようにしました
受注一覧に、注文内容メモの一部を表示させました。また、受注詳細のメモ欄のいずれかに入力してあると、受注一覧にメモアイコンを表示させます。メモアイコンをクリックすると、メモ欄に入力した内容を確認できるので、受注詳細を開く手間がなくなります。

顧客数上限アップオプションを追加しました
顧客台帳に登録できる顧客数を無制限に登録できるようにしました。顧客数上限アップオプションを利用するためには以下の利用料が必要です。
初期費用:無料
月額利用料:10,000円+税

※2013年2月20日以降に契約した方が対象です。
※ライトプランは対象外です。


アクセス超過料の課金体系を見直しました
現在の「アクセス量が150GBを超過する場合、50GB ごとに2,000円+税」の料金体系に加え「アクセス量が2,500GBを超過する場合、50GB ごとに1,000円+税」の料金体系を追加しました。これによりアクセス量の多い店舗さんは月額使用料を抑えられます。

 HTMLメルマガの送信機能の事前申し込みを開始します 2月予定
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する「HTMLメルマガの送信機能」の事前申し込みを2月に開始します。

初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

※事前にお申し込みいただいた場合でも利用料が発生するのは4月からとなります。
※お申し込みをされなかった店舗さんは3月末までの無料期間が終了すると、HTML形式の配信機能が利用できなくなります。テキスト形式の配信機能は引き続きご利用できます。


 メルマガ配信数上限アップオプションの事前申し込みを開始します 2月予定
メルマガ配信数の上限を増やせる「メルマガ送信数上限アップオプション」の事前申し込みを2月に開始します。本オプションは2016年4月より提供開始予定です。

※ご利用料金・サービス詳細については、決まり次第追って管理画面またはEstore お知らせでご案内します。


 商品カテゴリを最大30個まで設定できるようにします 2月予定
今まで設定できる商品カテゴリは5個が最大でしたが、これからは30個まで設定できるようにします。1つの商品を様々な切り口で分類できるため、お客さんが商品を見つけやすくなり、売上アップを狙えます。

 番地抜け住所を防止できるようにします 2月予定
今までは、番地抜け住所の注文を受けたとき、確認作業に多くの手間がかかる場合がありました。これからは住所入力欄に、番地の入力忘れがないかメッセージを表示させることで注意を促すことができます。また、番地必須設定を有効にすると、番地が未入力のままでは次のページへ進めなくなるため、不完全な受注を防ぐことができ、受注処理の手間を軽減することができます。

 商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します 2月予定
お客さんが商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します。在庫のある商品を探しやすくなるため、快適に買い物をしてもらえるようになり、転換率のアップが狙えます。

 商品一覧ページで在庫あり商品を優先的に上位に表示できるようにします 2月予定
今までは在庫変動のたびに商品の並び順を手動で更新する必要がありましたが、これからは自動で在庫情報と連動し、在庫がある商品を優先的に表示できるようになるため作業の負担を軽減できます。

 受注台帳のダウンロードデータ形式に【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.7)を追加します 1月28日予定
【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.7)を送り状発行ソフトB2に読み込ませることで、メール便の受注をネコポスで出力できるようにします。作業負担が軽減され、配送作業が効率的になります。
※今まで通りメール便の受注の送り状種別をクロネコDM便で出力されたい方は、引き続き【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.6)をご利用ください。

 「携帯カート」機能を終了いたします
携帯電話を使ったネットショッピング利用頻度の低下を鑑み、「携帯カート」機能を終了いたします。
終了日時:2016年3月16日(水) 午前2:00
利用できなくなる機能
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面
携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
4 全国キャラバン
全国キャラバン『入魂商品』神様のいるお店 新潟・今代司酒造様
モデルの安枝瞳さんをキャラバンアシスタントに迎え、毎月Eストアーの店舗さんを取材し、その熱い魂を特集している「全国キャラバン」。店舗さんそれぞれに、商品へのこだわりや愛、お客さんに届けたい想いが溢れていて、毎回感動と勉強になることが盛り沢山です。

全国キャラバン 第10弾 新潟・今代司酒造様

5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
2月~4月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
1月 寒さ対策、元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備

気象庁発表 季節予報
2月~4月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
第81回東京インターナショナルギフトショー

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
2月3日(水)~5日(金)東京ビッグサイト

第19回グルメ&ダイニングスタイルショー春2016

食と食の関連雑貨・知識・ノウハウを集約し、新しい売り方・アイテムが一堂に会する食の専門見本市
2月3日(水)~5日(金)東京ビッグサイト

6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
2月18日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
3月15日(火) 13:00~17:00 (〃)
大阪
2月18日(木) 13:00~17:00(  新大阪  )
3月18日(金) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
3月9日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月19日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月21日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

【Yahoo!プロモーション広告】スポンサードサーチ リンク先URLレポート終了のお知らせ

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて先般、「【Yahoo!プロモーション広告】スポンサードサーチ リン
ク先URLレポート終了のお知らせ(文書管理番号:OLSP-FY15-4362)」
にてお伝えしたとおり、2016年1月13日にリンク先URLレポートの提供を
終了いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

1. 対象サービス:
スポンサードサーチ

2. 実施日:
2016年1月13日(水)

3. 概要:
「アドバンスドURLシステム」の提供開始(2016年春頃)に伴い、リン
ク先URLレポートの提供を終了いたしました。

4. 補足:
・「広告レポート」の表示項目に「リンク先URL」を追加することで、
リンク先URLレポートの代わりとなるデータを取得できます。
広告レポートを利用したデータの取得方法は、以下の資料でご確認く
ださい。

・リリースノート
http://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/2015/1215.html

・「アドバンスドURLシステム」の提供開始時に、リンク先URLレポート
に代わる新レポートを提供予定です。新レポートでは、アプリダウンロー
ドキャンペーンにも対応予定です。

なお、2016年1月13日から「アドバンスドURLシステム」提供開始までの
期間のデータは、新レポートでは取得できなくなりました。これまでの
ご案内から内容が変更となりましたこと、誠に申し訳ありません。

お手数をおかけしますが、2016年1月13日から「アドバンスドURLシステ
ム」提供開始までの期間のデータは、上記資料内に記載の「広告レポー
ト」を利用した方法でご確認ください。

以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<お問い合わせ>>
Yahoo!プロモーション広告 お客様サポートセンター
○TEL:0120-559-703(平日9:00-18:00 土日祝休)
○ヘルプページ:https://help.marketing.yahoo.co.jp/
○お問い合わせフォーム:
http://promotionalads.yahoo.co.jp/form/support/

Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 本の紹介です!

Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 Ver.5/ユニバーサルアナリティクス対応

 非常に役に立つ基本的な内容が満載だったのでご紹介です!

 

アナリティクスのメニューは良く変わるので、最新の情報を本で得るには向いていません。こちらは、その中ではかなり早く増刷改定がでるので、本のほうが知識を追いかけやすい方にはお勧めです!

 

商品の説明

内容紹介

正しい計測と運用のための決定版!

Google Analyticsの豊富な機能、設定、管理まで幅広く網羅した“パーフェクトガイド”が、
最新機能と情報を盛り込んで1年ぶりに増補改訂!
機能・設定は2014年中に移行が進むユニバーサルアナリティクスと従来のアナリティクスの両方の方法を解説します。

第0章 データのマーケティング活用とは ~Google アナリティクスのデータをマーケティングに活用する~
第1章 Googleアナリティクスの理解と導入
第2章 データ活用のためのレポート画面の完全理解
第3章 計測と運用のための基本設定とカスタマイズ
第4章 より使いこなしスキルアップするためのコンテンツ
おわりに
索引

以下、AMAZONより抜粋

出版社からのコメント

前書が出版された2012年12月から1年と2カ月。
Googleアナリティクスは大きく変化しました。
たった1年2カ月の間に多くの「レポートメニュー」や「機能」が追加され、
画面のデザイン・レイアウトも大きく変わりました。
そして、2014年は「ユニバーサルアナリティクス」へのバージョンアップがなされようとしています。
それは、「データのマーケティング活用」の本格化に対応するための“必然”であると筆者は日々感じています。
もし、そうであるならば“マーケティング”の世界にいる我々がこのGoogleアナリティクスを使いこなせなければ、
データの本格的なマーケティング活用についていくことができない、ということでもあると思います。
本書は前書と同じく、Googleアナリティクスを利用している、もしくはこれから利用したいと考えている方すべてに
Googleアナリティクスを“理解”し“活用”していただくために書かれたものです。
筆者がこの1年2カ月の間に出会ったお客様の多くが前書を
すでにご利用になりお手元においていただいているのを知るにつけて、
“大きく変化”したGoogleアナリティクスの姿をあらためて書籍の形でお届けしなければならないと思い、
増補改訂させていただきました。
本書をご利用いただくことで、Googleアナリティクスによってマーケティングの世界に提供されようとしている
「データのマーケティング活用」の姿を少しでも感じ取っていただければ幸いです。
本書が皆様のマーケティング活動に“大きな変化”をもたらす一助になれることを願って止みません。
(「はじめに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

Google Analyticsの豊富な機能、設定、管理まで幅広く網羅した、手元に置いてほしい“使うための”解説書!

著者について

山浦 直尚(やまうら なおひろ)
トランスコスモス株式会社 主席コンサルタント
立教大学経済学部 兼任講師
株式会社読売広告社、株式会社ファーストリテイリングを経て2005年よりトランスコスモス株式会社に勤務。
読売広告在籍中に、シンガポール企業とのJVによるネット広告会社を設立し、代表取締役に就任。
株式会社ファーストリテイリングでは「ユニクロドットコム」のプロモーション企画担当としてネット広告を担当。
トランスコスモス株式会社では、インターネットプロモーションサービス本部メディア部長、
子会社副社長などを歴任し、現在はサービス推進本部主席コンサルタントとしてGoogleアナリティクスを推進。
社内を中心に開講している「GoogleアナリティクスIQ講座」では
資格取得者80名(国内5000名中。2014年2月現在)を育成する一方で、
立教大学のほか多摩大学、東京都市大学でも教鞭を執り人材育成にも取り組む。
アクセス解析には2003年より取り組み、解析・コンサルティングの実績多数。
その他、一般向け講座、セミナー、業界誌やネットメディアなどでの執筆・寄稿多数。
■著書
『Google Analyticsパーフェクトガイド Ver.5対応版』(SBクリエイティブ)
■メディア連載
MarkeZine 連載「Googleアナリティクスがもたらすデータマネジメントの世界」

Google認定 Google Analytics IQ資格取得
Googleアナリティクス総合情報サイト「GAフォーラム」執筆メンバー

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山浦/直宏
トランスコスモス株式会社主席コンサルタント。立教大学経営学部兼任講師。株式会社読売広告社、株式会社ファーストリテイリングを経て2005年よりトランスコスモス株式会社に勤務。読売広告社在籍中に、シンガポール企業とのJVによるネット広告会社を設立し、代表取締役に就任。株式会社ファーストリテイリングでは「ユニクロドットコム」のプロモーション企画担当としてネット広告を担当。トランスコスモス株式会社では、インターネットプロモーションサービス本部メディア部長、子会社副社長などを歴任し、現在はサービス推進本部主席コンサルタントとしてGoogleアナリティクスを推進(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)