GoogleとTwitter、Facebook対抗のメディアコンテンツサービスで協力?

モバイルでGoogleの検索結果やTwitterのツイートのリンクをタップすると、ページが開くまでに数秒待たされるが、この待ち時間を解消するためのツールをGoogleとTwitterが共同開発中で、オープンソースで公開するとre/codeが報じた。

 

米Googleと米Twitterが、米Facebookが5月に発表した「Instant Articles」に対抗するモバイルコンテンツサービスを共同開発中であると、米re/codeが複数の情報筋の話として報じた。

 news 1
検索結果のリンク先が開くには数秒かかる

このサービスは、モバイルでGoogleの検索結果やTwitterの記事へのリンクをタップすると、オリジナルのWebページではなく、そのページのキャッシュを開くことによって、ページを迅速に表示し、ユーザーにストレスを与えないようにするというもの。

リンク先のWebページを開くための待ち時間を軽減するサービスという点ではFacebookのInstant Articlesや米AppleがiOS 9の新機能として打ち出す「News」アプリ(いずれも日本では未提供)と同じだが、大きな違いはFacebookやAppleが自社サーバ上にコンテンツを囲い込むのに対し、GoogleとTwitterのプロジェクトはメディア企業側のキャッシュを表示する点だ。キャッシュにはオリジナルと同じように広告が表示されるため、メディア側は広告収入を損なわずに済む(Instant Articlesもメディア側の収入は保証されているが、サービス専用のコンテンツを提供する必要がある)。

 news 2
iOS 9の新アプリ「News」はアプリ内で様々なメディアの記事を読める

GoogleとTwitterはメディア企業向けにこのサービスに対応するためのツールを開発しており、オープンソースで公開する計画という。

米New York Timesによると、New York Times、英Guardian、米Pinterestなどがツールのテストに参加しており、サービスは今秋中にスタートするという。

※ITmediaニュース参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です