スマホ版Yahoo! JAPANトップページ、タイムラインに特化した広告サービス「インフィード広告」とは?

【重要】スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」およびYahoo! JAPANアプリのトップページはタイムライン型になりました

2015年5月20日(水)より、スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」、Yahoo! JAPANアプリのトップページをタイムライン型にリニューアルしました。

この変更に伴い、スマートフォン版「Yahoo! JAPAN」、Yahoo! JAPANアプリのトップページの広告ラインナップを一新し、広告主様のビジネスを強力に支援する新たな広告サービスの提供を開始しました。

その1つが「インフィード広告」です。

<タイムライン型 イメージ>

ヤフースマホトップ予定画面

ターゲット層に的確にアプローチできる「インフィード広告」

インフィード広告は、スマートフォン向けに最適化されたYahoo! JAPANのトップページをはじめ、 タイムライン型のページに特化して配信する広告です。

ヤフースマホトップ予定画面

圧倒的なリーチを誇るYahoo! JAPANのページ上で記事に広告を溶け込ませ、ユーザーにストレスを与えずに情報を届けることができます。 また、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のターゲティングおよびマッチング機能を活用することで、最適なターゲット層へのアプローチが可能となります。

掲載面に応じて 広告を最適化して配信

インフィード広告はYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)における、「インタレストマッチ」「ターゲティング」「モバイル」に次ぐ、新たな広告掲載方式の1つです。

インフィード広告の掲載フォーマットは「テンプレート」を使用します。広告タイプは、入稿内容をもとに、デバイスや掲載面にあわせて最適なレイアウトで広告を配信する「レスポンシブ」を使用します。掲載面に応じて広告を最適化して配信しますので、さらなるクリック率の向上が期待できます。

「インフィード広告」詳細

インフィード広告はYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のラインナップのひとつです。

他のYDN商品と変わらず「クリック課金型」の広告で、配信対象となるデバイスは「スマートフォン」その中から「対象OS」「ウェブ/アプリ」の絞り込みが可能です。

ターゲティングはサイトカテゴリー、プレイスメントターゲティング以外はすべて利用可能です。

入稿項目

入稿項目

クリエイティブイメージ

入稿した内容で、掲載面に応じて最適化された広告が掲載されます。

クリエイティブイメージ

インフィード広告の運用ポイント

  • インフィード広告では、画像サイズ「1200ピクセルl×628ピクセル」「300ピクセル×300ピクセル」どちらか品質の高いものが掲載されますので、両サイズとも入稿しておくことをおすすめします。
  • 掲載面が限られており、ユーザーの視認率の高い広告のため、実績を確認しながら、定期的なクリエイティブの変更やフリークエンシーコントロール機能の活用もご検討ください。
    適切な頻度で広告を配信できる「フリークエンシーコントロール」
  • 画像を縮小する場合がありますので、画像内の文字が視認不可能となる可能性があります。画像内の文字は極力省き、タイトルで補足することをおすすめします。

インフィード広告の入稿はここに注意!

インフィード広告は、従来のYDNと違って画像のトリミングが自動で行われるなど、入稿や掲載において注意しておかなければいけない点があります。入稿前に確認しましょう。

※Web担当者Forum参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です