広告掲載対象外のコンテンツに関する Google AdWords ポリシーの変更について

Google AdWords 広告掲載ポリシーの改定についてお知らせいたします。
お客様のアカウントに影響が生じる可能性がございますので、ご確認をお願いいたします。

このたび 4 月下旬に、広告掲載対象外のコンテンツに関する Google AdWords ポリシーが変更され、
無料の PC ソフトウェアのダウンロードについて新たな要件が追加されました。
無料の PC ソフトウェアを宣伝していない方には、今回の変更による影響はありません。

今回のポリシー変更により、広告で無料の PC ソフトウェアを宣伝することは許可されなくなりました。
ただし、宣伝するソフトウェアの名前を広告に明記し、広告のリンク先をそのソフトウェアのメインの配信元に
した場合は許可されます。

対応策:
無料の PC ソフトウェアを広告で宣伝する場合は、広告とランディング ページに関する次の要件を
満たすようにしてください。
– 宣伝するソフトウェアの名前が広告に明記されていること
– 広告のランディング ページがソフトウェアのメインの配信元であること

Google では今後、こうした広告のランディング ページとしてソフトウェアのメインの配信元を指定できる機能を
提供してまいります。

詳しくは、次の URL をご覧ください。
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6023676#uc





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です