「企業は動画をどう使えばいい?」——HIKAKINに聞きに行く(上)

HIKAKINが商品紹介を始めたきっかけ

須田:今回の対談相手は、日本で一番有名なYouTuber「HIKAKIN」さんです。運営するチャンネルの総登録者数は500万人を超え、巨大なメディアと言ってもよいかもしれません。また、HIKAKINさんが登場するイベントには小中学生がたくさん集まり、若年層からはアイドル的な存在です。

HIKAKINさんは、さまざまな企業の商品やサービスを自分のチャンネル内で紹介したり、協賛を得て広告も行っています。今日は、HIKAKINさんがどうしてこれだけの支持を得るコンテンツをつくることができるようになったのかを探りながら、個人で広告ができる時代に企業は動画をどう活用すれば良いのかを一緒に考えていきたいと思います。よろしくお願いします。

HIKAKIN:よろしくお願いします!

須田:HIKAKINさんは、最近であれば「メントスコーラを口の中で封じれるか チャレンジしてみた!」や「ヒカキンはお酒に強いのか!? アルコール体質c試験パッチ使ってみた!」など、さまざまな商品を体験するという企画をやっています。こうした商品紹介を始めたきっかけは?

HIKAKIN:そうですね、僕がYouTubeにアカウントを開設したのは2006年12月になるのですが、最初の頃はヒューマンビートボックスのパフォーマンス映像をアップしていました。

そんななか、動画で生計を立てるには、コンテンツとして柱を何本か持つことが有利で、毎日続けることが大切だと聞き、さらに当時、人気を集めていたランキングトップの人たちが身の回りのことを何でも投稿する動画ブロガーだった。

商品紹介であればネタのハードルが高くなく、会社員をやりながら毎日続けられるなと思ったのがきっかけです。

須田:この商品は紹介する、こっちは紹介しないという、目利きはどうしているの?

HIKAKIN:最初は手探りで、美味しそうなプリンとか、自分が面白いと思うものを紹介していました。ただ、やっていくうちに「これは再生数が伸びるな」といったことが分かるようになって、みんなが喜ぶ商品ということも意識するようになりました。

須田:紹介する商品は、特別なモノというよりも、ちょっと面白いモノ?

HIKAKIN:そうですね、ぶっ飛んだモノよりも、誰もが買えるということを意識しています。ファンには僕を身近な存在と感じてもらいたいのです。

そこら辺にいそうな「近所のイケてる兄ちゃん」みたいなイメージでしょうか。

須田:投稿するうちに、だんだんユーザーの気持ちを意識するようになった?

HIKAKIN:はい、次第に意識するようになって、いまは昔だったら考えないことまで考えるようになりました。テレビで過激なことができない、って言われているのがよく分かるような気がします(笑)

見る人が少なかった2年ぐらい前だと誰も批判しなかったことでも、最近は子どもも見ているから止めたほうがいいんじゃないかと、自制するようになりました。一方で、動画ブロガーの数が増えてきて、ハードルは常に上がっています。

ついこないだも不二家「カントリーマアム」のジュースが発売されたので、クッキーの方のカントリーマアムを買ってきて牛乳を入れてミキサーでジュースを自作して、どっちが美味しいかを比べるという企画をやったんですけど、同じことをやっている人が既にいてコメント欄が「パクんなー」で埋め尽くされました…。

過激なことはやりにくいんだけど、ハードルはちょっとずつ上がっている感じがします。

HIKAKINがナンバー1になれた理由

須田:話を聞いていると、HIKAKINさんはこのネタは伸びそうだなというものに少しずつチャレンジして、試行錯誤するなかで今の地位にたどり着いた感じがします。商品を紹介したきっかけも当時のランキングトップの人たちがやっていたからという理由だったし、いまのカントリーマームの話もそうだけど、HIKAKINさんが全て新しいものを生み出したというわけではないと思う。

だけど、YouTuberとしてはナンバー1になれた。その理由はどこにあるんだろう?

HIKAKIN:ひとつはYouTuberという存在が世の中から認知される前からやっていたので、競争相手が少なくて得をしたということはあります。また、ヒューマンビートボックスをしていたというのも、普通に配信だけしている人とは違うと思います。

あとは、YouTubeのトレンドには、誰よりも早く敏感に動いているという自信もあります。ゲームの実況チャンネルも約1年前に開設したんですが、当時は顔を出さないゲーム実況が基本のスタイルでした。そこで、いざ顔出しで始めてみたら、いまは登録者が130万人を超えるチャンネルに成長しています。

須田:HIKAKINさんの著書『僕の仕事は YouTube』(主婦と生活社・刊)を読んだら、Google Analyticsのデータも、かなり詳細に見ていると書いてあります。

HIKAKIN:最近もチェックしています。やっぱり伸びているコンテンツや、検索しているキーワードを調べれば、ユーザーが何に興味を持っているかが分かります。

そうしたキーワードとうまくコンテンツが合えば、再生される可能性が増えるので。

須田:著書のなかでは、最初の15秒で音を出して人を惹きつけることの重要性やインパクトのあるサムネイルの作り方などを紹介しています。ヒューマンビートボックスというバックグラウンドがあるのはもちろんだけど、ディテールへのこだわりがすごいですよね。

HIKAKIN:オープニングは、人の口ぐせになるような一芸が大切だと思っています。何もなく「こんにちは」「ありがとうございました」と言うよりも、「ハローユーチューブ」と言う方が人を惹き付けられる。実際に、小学生が通学中に口ずさんだりしています。

須田:HIKAKINさんの動画と、テレビのコマーシャルのテクニックは通底している部分があると思う。

例えば、カルビーのテレビCMがオープニングで「Calbeeひとくち劇場」と毎回始まっていたり、CMには15秒という短い時間で関心をひくための歌や、真似をするフレーズなど、長い歴史のなかで研ぎ澄まされてきたテクニックが詰め込まれている。Web上の動画というCMとは違った世界でも、それを見ることができるのは面白い。

HIKAKIN:意識したことは、ありませんでした。最近CMが見たくて、テレビを買ったので、今度、目をこらして見てみます。

須田:そういえば、HIKAKINさんの本はAmazonで買ったんだけど、レビューを読むとご本人を前にして言えないぐらいの批判が…。

HIKAKIN:ほんとに、そうなんですよ。発売した2013年はまだYouTuberになろうというほどの時代でもなかったし、どこまで突っ込んだこと書いたらいいんだろう、自伝っぽくした方がいいかなあと、すごい悩んで書いたんですけど。

須田:本のなかでは、動画を見てもらうために定期的に更新し、クオリティにこだわって寝ないで良いものを提供し続けたという、HIKAKINさんのいたって真面目な姿が描かれていた。たぶん批判している人は、もっと簡単にYouTubeで一攫千金を狙えると思っていたんじゃないかな。

HIKAKIN:当時だと、毎日動画を投稿している人は少なくて、いまでも決まった時間に公開している人はほぼいないと思います。動画の最後に「チャンネル登録をお願い」と言っている人も少ない。

動画を見てもらうためには、まずは人気のYouTuberの真似することが近道です。大したノウハウがないと言われるけど、批判する前に、まずは本の内容を全部実践してほしいですね(笑)

須田:基本的なことを積み重ねているよね。その経験に裏打ちされているティップスが大事だと思った。

「動画を見ている人が酔わないようにカメラを動かすんじゃなくて自分が寄る」「キーワードは画像だけでなく、オンリップで言った方がいい」「タイトルはスポーツ新聞を参考に」「自分でテロップのアイコンを指す」「決まった曜日の決まった時間に公開する」。

こうしたノウハウは全て自分のベストプラクティス。そこを徹底していることが、誰にも真似できないことだと思います。

※advertimes参照


「HIKAKINさん」に関連する記事はこちら


HIKAKIN
UUUM ファウンダー / 最高顧問

YouTubeにてHIKAKIN、HikakinTV、HikakinGames、HikakinBlogと4つのチャンネルを運営し、動画の総アクセス数は16億回を突破、チャンネル登録者数は計510万人以上、月間アクセスは1億回を超える。ビートボックスにおいては、ポップからゲームミュージックに至るまで様々なジャンルを口だけで再現するそのスキルは世界中から絶賛され、数多くの人を魅了。2013年にはエアロスミスのツアーに参加。シンガポール、大阪で共演し世界中にその名を轟かせた。ビートボックス以外にもHikakinTVチャンネルでは登録者190万人を超え、顔出しブロガーとしては日本で最も視聴されており、ゲーム実況のHikakinGamesチャンネルにおいても登録者130万人を超え、ゲーム実況ジャンルにおいて日本最大級のチャンネルになっている。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です