LINEとは

今やみんなが使ってるコミュニケーションツール「LINE」
LINEとは韓国最大のIT企業「NHN」の日本法人「LINE株式会社」が提供している スマートフォン(iPhoneやAndroid)、ガラケー(フィーチャーフォン)、パソコンに対応したコミュニケーションアプリケーションです。
特にスマホでのアプリは大人気です。
LINEをかんたんに説明すれば無料コミュニケーションツールといえるでしょう。
「チャット」や「通話」が無料で楽しめます。
メールでの連絡は手軽なチャットに変わり、電話料金がかかる携帯電話での通話はLINEの無料通話にとってかわっています。
LINEをインストールしている(利用している)人同士じゃないとチャットや通話はできないですが、 DoCoMo、AU、Softbankといったキャリア間で絵文字の種類が違うとか、ショートメールを送ると有料であるとか、ソフトバンク同士じゃないから 通話料金がかかるといったことが一切ありません。

ライン(LINE)の機能

具体的にラインでよく使われる機能の紹介です。

トーク機能

LINE(ライン)で一番人気の機能。わかりやすく言えばチャット。
文字や絵文字の他にスタンプというものがあり、絵文字より表情豊かな画像がボタン一つで送れるので面倒な入力が必要になるスマホでは重宝されている。
また画像や動画も送れるので、友だちといろいろなものが共有でき大変べりである。
現在はメールに変わりラインのトーク機能でやりとりする人が急増している。

無料通話

ライン同士ならどれだけ話しても無料で通話できる。
ただし、パケット代はかかるのでパケ放題やwi-fiで通話がお薦め。

グループ機能

先ほど紹介したトーク機能や無料通話もグループで使える。
例えば同じ部活だけの連絡網としてトークルームを開設すれば参加メンバーでの情報の共有ができる。
メールと違い全員に送る必要もないし、アクティブなコミュニケーションができるので、様々なグループを作成し、楽しんでいる。

LINE広告
企業がLINEを利用する際にはまずアカウントを作成するのですが、企業向けの公式アカウントを作成するためには2012年12月時点で、初期費用に200万円、月額150万円~もかかるほど高額であり、小さい会社にとっては少し厳しい額かもしれません。ただ、ほかのSNSとは違って、友達機能を利用すれば、情報が他のものに埋もれるリスクを軽減させることができます.
また、企業向けの公式アカウントには廉価版もあり、より幅広い事業者に公式アカウントに近いサービスを提供するため「LINE@(ラインアット)」がスタートしました。何と月額費用は5250円(税込)。初期費用も月額料金も5250円でアカウントを作成することができます。ただし、廉価版は、LINE内の「公式アカウント一覧ページ」に表示されない、クーポン発行などのノウハウ提供を受けられない、購読者数の1万人制限、などの制限があるので、LINE@では新規の集客効果はあまり期待しにくい。すでに一定の顧客を持っている事業者が、その顧客に対してクーポンやメッセージを送る、という図式です
アカウント作成をして企業のPRをするときには十分に考慮する必要があります。

企業でLINEを利用している場合、それを広告宣伝ツールとして用いることもできます。広告を差し込むことで消費者にもお得な情報を届ける事ができ、企業、消費者双方にメリットがあるのです。
メッセージの配信は、コミュニケーション重視の内容でなくクーポンなどのお得情報を付けての配信がメインです。受け取る側にメリットが生まれることでブロックされる確率も低くなります。また、スポンサードスタンプでユーザーとのコミュニケーションを図り、認知度や記憶を高めることもできます。
企業がLINEを始めた場合には積極的に広告を用い、集客アップにつなげたいものです。FacebookやTwitterと同時に宣伝することで、更に集客力を高めることもできるでしょう。

LINE@で送信されるメッセージやクーポン例。友だち登録をしたユーザーにプッシュ配信されるので、確実に目に留まる。店舗のスマホサイトに友だち追加ボタンの設置も可能。

●ビジネスアカウント「LINE@」とLINE公式アカウントの違い(表①)

ビジネスアカウント「LINE@」とLINE公式アカウントの違い

公式アカウントではメッセージとともにオリジナルのスタンプが送信できるが、LINE@で送信できるのは、
ムーンやブラウンなどおなじみの既存のスタンプのみ。

●ビジネスアカウント「LINE@」の種類(表②)

ビジネスアカウント「LINE@」の種類

ローカルアカウントが利用できるのは、リアルの実店舗を運営する法人・事業者に限られる。オンライン事業の法人・事業者は対象外であることに注意。

※@DIMEより一部参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です