任天堂、YouTube向けアフィリエイトプログラム「Nintendo Creators Program」スタート 広告収入の一部を分配

任天堂は、ゲームプレイ動画投稿者など、同社の著作物をYouTubeで使用するユーザーに広告収益の一部を分配する「Nintendo Creators Program」のβ版をスタートした。

ah_nin1.jpgNintendo Creators Program

これまで、任天堂の著作物が含まれるYouTube動画から発生する広告収益は任天堂に付与されていたが、「Nintendo Creators Program」ではユーザーがYouTubeチャンネルや動画を登録することで、自身の動画から得られる広告収益を任天堂と分け合う。

ah_nin2.jpgプレイ動画など、任天堂の著作物が含まれる動画から生じる広告収入を任天堂と投稿者が分け合う

同プログラムへの参加に必要なのは、YouTubeで使うGoogleアカウントと、収益を受け取るためのPayPalのアカウント。広告収益のシェア比率は、原則としてチャンネルが70%、動画が60%。プログラムの対象となるゲームのリストは特設サイトで確認できる。「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」など、ファミコン、ゲームボーイ、Wiiといった各種ハード向けに日米で発売されたタイトルが並んでいる。

登録するチャンネル・動画では、対象のゲームタイトルに関する著作物と、ユーザー自身のオリジナルの創作物のみ利用可能。動画では、口頭あるいは文字で「私は、Nintendo Creators Programのライセンスによって、この動画で任天堂コンテンツを使用しています。この動画は、任天堂による援助や支援がなされているものではありませんが、この動画から得られる広告収益は任天堂と分け合われます」と開示しなければならない。

任天堂は昨年、ニコニコ動画の「クリエイター奨励プログラム」に参加(関連記事)。指定のゲームタイトルについて、公式に「ゲーム実況」「弾いてみた」「描いてみた」などの動画投稿を認めた。

※ねとらぼ参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です