AdWords広告のコンバージョンタグ設定をタグマネージャで管理してみよう

Google AdWordsの設定はとても簡単

Googleアナリティクスの次は、Google AdWordsのタグを取り上げていきます。Google AdWordsを利用しているなら、広告の成果を計測するためのコンバージョンタグは多くの人が利用しているでしょう。Google AdWordsのタグもGoogleタグマネージャのテンプレートから選択するだけで利用でき、オプション項目も特にありませんので非常に簡単に登録できます。

具体的には、既存のタグの一部をコピー&ペーストするだけで完了します。まずは既存のタグを見てみましょう。設定に必要になるのは、「google_conversion_id」「google_conversion_label」「google_conversion_value」の3つの値です。

●参考:既存のGoogle AdWordsのコンバージョンタグ

<script type=”text/javascript”> /* <![CDATA[ */ var google_conversion_id = XXXXXXXXXX; var google_conversion_language = “ja_JP”; var google_conversion_format = “1”; var google_conversion_color = “666666”; var google_conversion_label = “YYYYYYYYYY”; if (1000) { var google_conversion_value = 1000 } /* ]]> */ </script><script type=”text/javascript” src=”//www.googleadservices.com/pagead/conversion.js”> </script> <noscript> <img height=1 width=1 border=0 src=”//www.googleadservices.com/pagead/ conversion/XXXXXXXXXX/ ?value=1000&label=YYYYYYYYYY&script=0″> </noscript>

Google AdWordsのタグは、「Google AdWords」を選択して、「Choose a tag type(タグの種類を選択)」で「AdWords Conversion Tracking(AdWordsコンバージョントラッキング)」を選択します。「Continue(続ける)」をクリックすると設定項目が表示されるので、「Conversion ID(コンバージョンID)」に既存のタグの「google_conversion_id」の値を入力、「Conversion Label(コンバージョンラベル)」に「google_conversion_label」の記述があればその値を入力、「Conversion Value(コンバージョン値)」に「google_conversion_value」の値を入力します。「Conversion Value(コンバージョン値)」は、なければ「0」を入力すればOKです。わずか3つの項目をコピー&ペーストで埋めるだけなので、とても簡単ですね。

v20307a

タグの新規登録画面で「Google AdWords」→「AdWords Conversion Tracking(AdWordsコンバージョントラッキング)」と選択して「Continue(続ける)」を」クリックする。
v20307b

「Conversion ID(コンバージョンID)」「Conversion Label(コンバージョンラベル)」「Conversion Value(コンバージョン値)」にそれぞれ値を入力して「Create Tag(タグを作成)」をクリックする。

てこずりそうなのは、タグの設定よりもむしろ配信のトリガーかもしれません。といっても、「特定のページで配信したい」という条件であれば簡単にトリガーを作成できますので、それほどの労力は必要ありません。特定のページにタグを配信するトリガーの作り方は4-1で解説しているので、そちらを参照してください。

この記事は、Googleタグマネージャの初心者向け入門本となる電子書籍『実践 Googleタグマネージャ入門』の一部をWeb担の読者向けに特別公開しているものです。

※Web担当者Forum参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です