Monthly Archives: 12月 2014

はてなブログユーザー限定! アクセス解析ツールの無料プラン提供 – Ptmind

Ptmindは12月25日、同社が提供するアクセス解析ツール「Ptengine」を、はてなの運営する「はてなブログ」利用者向け限定特別無料プランとして提供開始した。

「はてなブログ」利用者向け限定特別無料プラン内容

Ptengineは、PCやスマートフォン、タブレットなどの各デバイスを経由したWebサイトアクセスを解析するアナリティックツールとなる。

今回、Ptmindがはてなブログユーザー向けに提供するPtengineには、ユーザーがどのようにコンテンツを閲覧していたのかをサーモグラフィーで明らかにするヒートマップ機能を搭載する。

「ヒートマップ機能」イメージ

同機能により、はてなブログのユーザーは「どのような内容がブログ閲覧者に注目されているのか」や「どういった構成であれば見られやすくなるのか」「どこでユーザーは記事を閲覧するのをやめてしまったのか」といったことを自分が作成したブログ記事について認知・分析することが可能だ。

※マイナビニュース参照

運用のプロはここを見る! スマートフォン広告の効果を測る13の指標~確認編~

スマートフォン広告のパフォーマンスを確認するための設定が完了したら、効率よく広告を運用できているかどうか、チェックしていきましょう。

広告配信効率化! ~損をしているかもしれないポイント~

スマートフォン広告配信の効率化にあたって重要なポイントは、この2つ!
(1)広告表示の機会損失をしていないか
(2)獲得したコンバージョンに対するコストが見合っているか

その1:広告表示の機会損失をしていないか確認しましょう!

インプレッション(広告の表示)機会を逃している場合は、それだけ顧客獲得、売り上げアップの機会も損失していることになります。
インプレッションの機会損失を防ぐために確認すべき指標は、以下の4つです。

≪インプレッションの機会損失を防ぐために確認すべき指標≫

項目 説明
インプレッション損失率(予算) 広告表示機会の総数のうち、予算が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合
インプレッション損失率(掲載順位) 広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合
インプレッションシェア 広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合
完全一致の
インプレッションシェア
キャンペーンで獲得した広告のインプレッション数(表示回数)のうち、登録キーワードが検索キーワードと完全一致で表示された割合
「インプレッション損失率」とは?
広告を表示する機会があったにもかかわらず、何らかの原因によって、広告が表示されなかった割合のこと。

例えば、インプレッション損失率が50%の場合、実際の広告表示機会が100回あったとしたら、50回しか広告が表示されなかった、ということになります。

「インプレッション損失率(予算)」が10.00以上の場合は、要注意

「インプレッション損失率(予算)」の値が大きい場合。
キャンペーン(または広告グループなど)に設定している予算額が、インプレッションに必要な予算額より低く設定されているため、広告の表示機会を損ねている状態です。
このような場合は、設定予算を引き上げて、インプレッションの発生機会を増やしましょう。

「インプレッション損失率(掲載順位)」が10.00以上の場合は、要注意

「インプレッション損失率(掲載順位)」の値が大きい場合。
広告の掲載順位が低いために、広告の表示機会を損ねている状態です。

掲載順位を上げる方法は以下の2つです。
1. キーワードの入札価格を上げる
2. キーワードの品質を上げる
参考:教えます! スポンサードサーチの掲載順位を上げる3つの方法

「キーワードの品質を上げる」つまり、品質スコアの向上を行うことは重要ですが、すぐにできることではありません。すぐにできる対策方法は、「キーワードの入札価格を上げる」ことです。

ポイント:スマートフォンへ配信される広告は上位に掲載されることが重要!
特に、スマートフォンはパソコンに比べて検索結果に表示される広告の本数が少ないため、より上位に掲載されることが重要です。
スマートフォン広告を作成したら、スマートフォン入札価格調整率(%)の引き上げを行い、広告を上位に掲載し、クリック、コンバージョンの獲得につなげていきましょう。

参考:スマートフォンでは掲載順位が重要! スマートデバイス時代の広告戦略とは

「インプレッションシェア」の値に注目し、機会損失を減らしましょう

「インプレッションシェア」と「完全一致のインプレッションシェア」の値で、
”完全一致”と”部分一致”での運用状況の良し悪しを判断できます。

■「完全一致のインプレッションシェア」の値が高い場合
品質スコアや入札単価などの予算が適切で、”完全一致”で十分な露出が可能な状態です。

■「インプレッションシェア」の値が低く、「完全一致のインプレッションシェア」が高い場合
マッチタイプを”部分一致”で運用している方は、以下を参考に、機会損失を防ぎましょう。
・品質スコアを確認し、低い場合は入札単価を上げる
・検索クエリ—レポートを確認し、
  –広告表示されているキーワードへの入札価格を引き上げる
  –足りないキーワードを追加する
  –関連性の低い検索クエリーを対象外キーワードに設定する
参考:検索クエリーを活用したキーワードのメンテナンス
参考:「部分一致」と対象外キーワードの設定で、キーワードを効率よく運用しましょう

■「完全一致のインプレッションシェア」「インプレッションシェア」どちらの値も低い場合
以下を参考に改善を行いましょう。
・キャンペーン予算を引き上げ、表示回数を増やす
・入札単価を引き上げ、表示回数を増やす
・入稿キーワードの見直す

その2:コストパフォーマンスのよいデバイスに出稿を寄せましょう!

費用対効果で損をしないために、CPAに注目

デバイスごとに、コンバージョン数の違いや、コストの違いがあります。
コンバージョンにかかる費用を抑えるために確認すべき指標は、以下の2つです。

項目 説明
コスト/ユニークコンバージョン数 顧客獲得単価。1コンバージョン(商品購入や会員登録など)を獲得するのにかかるコスト
<計算式>
コスト/ユニークコンバージョン数=合計コスト÷ユニークコンバージョン数
コスト/総コンバージョン数 1回の総コンバージョンを獲得するのにかかった費用
<計算式>
コスト/総コンバージョン数=合計コスト÷総コンバージョン数

ユニークコンバージョン数と総コンバージョン数の違いは以下の通りです。

項目 説明
ユニークコンバージョン数 コンバージョンした人の数
(1人が複数回商品購入・資料請求しても1カウント)
総コンバージョン数 コンバージョンされた回数
(1人が複数回商品購入・資料請求したとするとその回数分カウント)

※ユニークコンバージョン・総コンバージョンともに、広告1回のクリックに対して30日以内に発生した全コンバージョン数でカウントされます
参考:ユニークコンバージョン数と総コンバージョン数の違いを教えてください

一般的には、「総コンバージョン数」が成果としてみなされることが多いと思いますので、
基本的には「コスト/総コンバージョン数」で確認しましょう。

「総コンバージョン数」と「コスト/総コンバージョン数」を確認

コストに見合ったコンバージョンが獲得できているか確認しましょう。

■「コスト/総コンバージョン数」の値が低い場合
コストを抑えつつ、コンバージョンを獲得できているといえます。

■「総コンバージョン数」が多く、「コスト/総コンバージョン数」の値が低い場合
このような状態に該当するデバイスを見つけたら、スマートフォン入札価格調整率の引き上げや引き下げを行い、該当するデバイスへの広告配信比率を上げましょう。

いかがでしたか?
自身の広告のパフォーマンスが、パソコンで好調なのか、スマートフォンで好調なのかを確認し、パフォーマンスのよいデバイスへの出稿割合を高めることで、より効率のよい広告運用が可能になります。

広告管理ツールにログインし、早速確認しましょう!

※YAHOO!Japanプロモーション広告参照

Googleタグマネージャとは? そのメリットと特徴を知る

タグにまつわるさまざまな問題

いまやインターネットは広く普及し、通信速度も安定・向上しています。通信環境が安定した結果、「WebサイトのHTMLにタグを記述して、インターネットを通じて処理を行うツール」はどんどんその数を増やしています。

例えば、アクセス解析の「Googleアナリティクス」や広告配信の「Google AdWords」「Yahoo!プロモーション広告」などが代表的です。いずれも有名で普及率の高いツールなので、名前を聞いたことがあったり、実際に利用していたりする人も多いのではないでしょうか? 少なくともビジネス用途のWebサイト運用では、今ではこれらのツールなしでは成り立たないといっても過言ではありません。ただ、その種類が増えてきた結果、いくつか問題も出てきました。ひと言でいうと「管理が大変」ということです。

●代表的な問題

  • 埋め込まれているタグの状況を把握しきれない
  • Webページによってタグが異なる場合がありややこしい
  • HTMLの編集を第三者に依頼している場合、即座にタグの追加や削除ができない
  • 外部のコンサルタントなどに現在のタグの利用状況を正しく伝えるのが難しい

ここで挙げたものはよく起こる問題で、おそらく本書をお読みの方も身に覚えがあるのではないかと思います。これらは「HTMLにタグを記述する」という各ツールの仕組み上必ず発生する問題で、ある意味ではどうしようもない問題ともいえます。では、もうこれらの問題についてはあきらめるしかないのでしょうか? 新しいタグを追加するたびに複雑化していくHTMLを、受け入れるしかないのでしょうか?

いいえ。不便ならば、それを解決するための手段を使えばいいのです。それが「タグマネジメント」という考え方です。上記の問題は、そのタグマネジメントを実現するためのツールを使うことで、いずれも大幅に改善することができます。本書で紹介するのも、そんなタグマネジメントツールの1つである「Googleタグマネージャ」です。

●タグはどんどん複雑化していく

v20101a

一般的にWebサイトには複数のツールのタグが貼られている。数が増えてくると、その把握や更新も大変だ。

Googleタグマネージャでタグを一元管理

Googleタグマネージャは2012年10月にベータ版として公開され、2014年3月に正式版となりました。誰でも無償で利用可能です。これはいったい何をするためのものかというと、「さまざまなツールのタグを一元管理する」ためのツールです。

例えば、GoogleアナリティクスやGoogle AdWords、Yahoo!プロモーション広告などさまざまなツールで発行されたタグは、通常WebページごとのHTMLにそれぞれ必要なものを記述して利用します。Googleタグマネージャを使うと、それらの代わりにGoogleタグマネージャのタグを1つ書いておくだけで済むようになります。実際に「どのページで何のタグを配信するか」は、Googleタグマネージャの管理画面から設定して管理します。タグの追加や変更のたびに、WebサイトのHTMLを書き換えなくてもよくなるのです。

例として挙げたもの以外も、JavaScriptで動作するタイプのツールであればほぼすべて対応しています。もっといえば、何か特定のツールが発行したタグだけではなく、インターネット上で配布されている普通のJavaScriptであっても基本的には同様の扱いで管理することができます。

●タグを一元管理する図

v20101b

Googleタグマネージャを使うと、Webサイトのページに貼られるタグがすっきりとまとまる。どのページにどのタグを配信するかは、Googleタグマネージャの管理画面から行う。

●Googleタグマネージャの特徴

  • Googleタグマネージャはほかのツールが発行したタグを一元管理する
  • どのページにどのタグを配信するかの設定はオンライン上の管理画面から行う
タグを埋め込む方式のことを「ビーコン型」と呼ぶ

「発行したタグをHTMLへ記述する」ツールのことを「ビーコン型」と呼びます。ビーコン型のツールは、タグの中に含まれているJavaScriptや画像などが読み込まれるとツールのサーバーへデータを送信する仕組みになっており、そうして収集したデータをツールの管理画面などでレポートのような形でまとめて表示します。Googleアナリティクスを代表とするいわゆるアクセス解析ツールなどで広く使われている手法で、サーバーの設定を変更するなどの大がかりな作業が必要なく、「HTMLにタグを追加するだけ」という導入の手軽さから普及しています。

Googleタグマネージャの使い方はやや独特

「複雑だったタグの管理が大幅に楽になる!」そんな夢のようなツールですが、Googleタグマネージャに限らずタグマネジメントツールはまだ生まれたばかりで歴史も浅く、実際に触ったことがある人も少ないのが現状です。ユーザーが少ないということは、使い方がわからないときもマニュアルが少なく勉強しづらい状況であることにほかなりません。また、少し特殊な用途のツールなので、ほかのツールでは見たことがないような要素もあり、おそらく初見では何をどうすればいいのかパッと見ではわかりづらいでしょう。

しかし、安心してください。「独特の要素があってわかりづらい」ということは、逆にいえば「独特の要素」さえ理解してしまえば、そう難しくはないということです。事実、実際の設定の多くは、画面に表示される項目を埋めていくだけです。本書では、その独特な部分、ツールとしての基本用語や機能についての知識を第2章で、実際の設定方法については第3章~第5章という順番で解説していきます。

●Googleタグマネージャ

v20101c

Googleタグマネージャの画面。利用を始めるにはGoogleアカウントが必要だ。
JavaScriptはわかると便利

「JavaScript」とは、HTML上で動作する一種のプログラミング言語のことです。GoogleタグマネージャはJavaScriptの知識がなくても使えますが、管理画面ではJavaScriptをかなり自由に入力できます。JavaScriptを使わなければ取得できないような情報を扱うなら、JavaScriptがわかると便利です。

ほかのタグマネジメントツールもある

Googleタグマネージャ以外にも、いくつかタグマネジメントツールと呼ばれるものがあります。有名なものでは「Yahoo!タグマネージャー」などがあり、JavaScriptで動作してほかのツールのタグを管理するという点ではほかのツールも同様です。本書で解説するGoogleタグマネージャは、プレビューモードがとても優れていたり、Googleのほかのサービスの設定がテンプレートで用意されていたりという強みがあります。また、ほかのGoogleサービスと同様にシンプルで使いやすいインターフェースであること、Googleの高い技術力でサーバーが安定していること、そしてほかのサービスに比べて思い立ったら気軽にすぐに始められることもポイントです。

 

※Web担当者Forum参照

ESTORE お知らせ(2014年12月度)

2014年12月22日発行
3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
年末のアクセス増に備えてアクセス集中の対策をいたします
1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
ホワイトデーは男性のお客さんを集め、商品を選びやすくしましょう
バレンタイン商戦が終わる頃、ホワイトデー商戦がやってきます。2月中旬からお返しを探すお客さんがいるので、早めに準備しましょう。また、2014年の「ホワイトデー」は高額商品を贈る人が増えていたとのデータもあります。まず普段来店しない男性のお客さんに来店してもらえるように、集客しましょう。次に、商品を探しやすくすることがポイントです。例えば、売れ筋ランキングを表示したうえ、価格帯で商品のカテゴリーを分ければ、目的や予算に合わせて商品を選びやすくなります。

人気ランキング商品の登録方法


送料無料の金額を設定し、受注単価を上げましょう
4月から新生活が始まります。卒業・卒園や引っ越しに関連する家具などが2月中旬から検索されます。送料無料の金額を設定し、受注単価を上げましょう。また、11月の調査結果では「送料の有無」が「非常に大きな影響を与える」と答えた人が全体の約5割を占めています。インテリア、家電の店舗さんだと、送料無料のラインは受注単価の平均値より3000円多く設定するのが目安です。お客さんの購入の後押しになるので、適切な金額で設定しましょう。

「あと○円で送料無料」の案内を表示する方法


各種バナーをご活用ください
ホワイトデー、新生活応援、送料無料、卒業・卒園、春物などの 3月のイベントバナー をご用意しました。その他イベントバナーはこちら12月1月2月販促バナー


転換率でお困りの方は、専門家にお任せください
商品やイベントバナーを設置することで、商品をアピールでき、お客さんも商品を探しやすくなります。バナーのクオリティを高めたい、自分で作れないという店舗さんには、 バナー制作代行がおすすめです。初回無料でお試しバナーを制作します。

ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
1月~3月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
1月 寒さ対策、元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備

気象庁発表 季節予報
12月~2月の天候の見通し(PDF)

今月のおすすめイベント
イーコマースEXPO2015東京

ECソリューションと通販システム&サービスの集結する国内最大級のEC専門イベント
東京
1月28日(水)~1月29日(木) (ビッグサイト)

JFW インターナショナル・ファッション・フェア

ファッション関連の最終商材の展示商談会
東京
1月21日(水)~1月23日(金) (ビッグサイト)

3 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
  [復習・実践]専門(初級)SEO講座

本セミナーは、[DVD]専門(初級)SEO講座を受講された方限定のセミナーです。DVDをご覧いただいていない店舗さんは、DVDを受講いただき、内容を実施後、本講座をお申し込みください。
東京
2月17日(火) 14:30~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
1月21日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
2月13日(金) 13:00~17:00 (〃)
大阪
1月15日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
名古屋
2月19日(木) 13:00~17:00 ( 名古屋 )

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
1月23日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月20日(金) 13:00~17:00 (新大阪)

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
大阪
1月16日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪)

詳細・申し込み

梱包・ラッピング実践講座

梱包とギフトラッピングのコツがその場で身に付けます。
東京
1月22日(木) 13:00~16:30( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

メールマガジン活用講座

メルマガの企画立案から原稿作成、効果測定まで実例を交えて学べます。
東京
2月18日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
福岡
2月25日(水) 13:00~17:00( 中洲川端 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

GoogleAnalytics、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

4 機能追加のお知らせ
  気になる商品を「お気に入りリスト」に登録できるようにします 1月21日予定
お客さんが気になる商品を「お気に入りリスト」に登録して、後でマイページから見直せるようにします。会員のお客さんは商品ページや一覧ページの「お気に入りボタン」をクリックするだけで登録できるので、ドンドン登録して後でじっくり検討できます。また、スマートフォンサイトにも対応するので、お客さんは休憩や移動中のようなちょっとした隙間時間を少しずつ活用してお買い物できます。さらに商品ごとの登録件数や登録しているお客さんを店舗さんは確認できるので、分析や販促に活用できます。

  Google「ユニバーサルアナリティクス」に対応します 1月21日予定
Googleアナリティクスの後継進化版であるユニバーサルアナリティクスに対応します。Googleアナリティクスは2年以内に廃止と言われていますが、ユニバーサルアナリティクスに移行しておけば、引き続き高度なアクセス解析をできます。さらにユニバーサルアナリティクスならクーポンの使用率や決済方法を含めた分析など、今までできなかった分析ができるようになります。また、お店ページを自作している店舗さんは、クロスドメイントラッキングの設定が大幅に簡素化されるので以前より計測しやすくなります。

  カート内のボタンをカスタマイズできるようにします 1月21日予定
ショッピングカート内のボタンの文言やデザインを変えられるようにします。もっと大きなボタンにして目立たせたり、文言を変えてわかりやすくしたりできるので、お客さんを次のページへ誘導しやすくなりカート画面からの離脱を防げます。

  受注台帳の一覧ページにもお届け希望日と発送予定日を表示します 1月予定
受注の詳細ページだけではなく一覧ページでもお届け希望日と発送予定日を確認できるようにします。受注の詳細ページを開かなくても発送する日程が一目でわかり、受注処理の手間を省けます。

  受注台帳で選択した受注のチェックを操作後も外れないようにします 1月予定
今までは決済依頼やステータス変更をすると、選択した受注のチェックが外れるため同じ受注に対してメール送信などの異なる操作を続けて行えませんでした。今後は決済依頼やステータス変更をしてもチェックはそのまま保持します。同じ受注に対して異なる操作を続けてやりやすくなり、受注処理の負担を軽減できます。

  離島用の特別送料を設定できるようにします 2月予定
今まで地域別の送料設定は都道府県ごとの指定だけでした。そのため、離島をはじめとする特別料金が必要な地域の送料は設定できませんでした。今後は、離島など店舗さんが指定した地域に特別な送料を設定できるようにします。受注処理の負担を軽減できます。

  メール便でも「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします 2月予定
今までメール便で発送する注文では「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できませんでした。今後は、追跡番号があるメール便に限り「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」を利用できるようにします。Tシャツや小物など、メール便で発送することが多い店舗さんも導入しやすくなります。

 「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)決済」の請求書を管理画面から再発行できるようにします 2月予定
お客さんが請求はがきを紛失されて再発行が必要な場合、今まではストアーデスクにお問い合わせをしていただく必要がありました。今後は、管理画面からボタンを押すだけで再発行できるようにします。受注処理の手間を軽減できます。

  商品ページやカゴ画面に付与予定ポイント数を表示できるようにします 2月予定
商品ページやカート画面に、その商品を購入した時にお客さんがもらえる予定のポイント数を表示します。購入した時のメリットをあらかじめ明示できるので、お得感をより強く訴求でき、販促に役立ちます。

  購入金額に応じてポイント還元率をアップできるようにします 2月予定
今までも決済方法によってポイント還元率を変えられましたが、今後は購入金額に応じても変えられるようにします。例えば「一万円以上の購入でポイント還元率が2%→5%」など、たくさん買うほどお得になるように演出できるので、受注単価を上げるのに役立ちます。

  問い合わせ番号の配送業者選択欄に「エコ配」を追加します 2月予定
受注詳細画面の問い合わせ番号入力欄にある、配送業者の選択肢に「エコ配」を追加します。エコ配で商品を配送している店舗さんも、発送連絡メールに問い合わせ番号を自動的に記述できるようになり、受注処理の負担が軽減します。

  お店ページを丸ごとシークレットサイトにできるようにします 2月予定
今までも特定のページに限ってはパスワード認証をかけられましたが、今後はお店ページ全体にパスワード認証をかけられるようにします。トップページをはじめ全てのページ閲覧にパスワードを求めるようにでき、さらに開店準備モードと違って管理画面と異なるパスワードを設定できるので、会員専用サイトの構築などに役立ちます。複数契約して新たに会員専用サイトを立ち上げたい場合などにご検討ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
5 メインテナンスの予告
年末商戦繁忙期に対応し、年内のメインテナンス予定はありません。
2015年1月21日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは1月5日(月)に更新予定です。

6 年末のアクセス増に備えてアクセス集中の対策をいたします
以下の条件にあてはまる店舗さんはご連絡ください。アクセス集中による機会損失を防ぐため、対象の日や時刻に回線や処理量の融通をします。ご連絡はテクニカルサポート(0570-05-1210、sp@Estore.co.jp)までお気軽にどうぞ。

・月間の受注が 5,000件以上で、かつ通常月の2倍ほどのアクセス集中が見込まれる場合
・商品や店舗がテレビや雑誌、アルファブログで取り上げられる予定がある場合
・なんらかの事由で計画外に突然人気急上昇になったとき

[VALUES eMark+]で見る! YouTube動画視聴ランキング (2014年11月度)

◆「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」「恋するフォーチュンクッキー」が根強い人気。
◆有名YouTuberの動画チャンネルが存在感示す。
インターネット広告の中でも特に活況を呈する動画広告市場。動画サービスYouTubeでは、今どのような動画が人気なのでしょうか?
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、YouTubeでの動画閲覧データを分析しました。

【調査・分析概要】
全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ができる「VALUES eMark+」を使用し、2014年11月度のYouTube(www.youtube.com)のサイト訪問者数、訪問ユーザー属性を分析しました。
※PCからのアクセスを集計しています
※視聴動画・チャンネルは、閲覧URLのパラメータから抽出しています
※ランキング集計の「閲覧度」はヴァリューズ保有モニタにおける閲覧ユーザー数から算出しているため、YouTubeに表示される動画再生回数とは異なります

【分析結果サマリー】
◆2014年11月度の人気動画、1位はTwitter交際宣言で話題となったレスリングの山本聖子選手のエクササイズDVD紹介動画。大人気の「【妖怪ウォッチ】ようかい体操第一」も上位に。

2014年11月度のYouTubeでの動画閲覧ランキングを集計したところ[表①]、1位は『山本美憂・聖子の完全変身プログラム『グラマラスイッチ』ダイジェスト』で、Twitterでの交際宣言が話題となった直後の11月19日~21日にアクセスが急増していました。2位には今年ブレイクした「妖怪ウォッチ」のアニメテーマソング「ようかい体操第一」、4位は「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」、7位にAKB48「恋するフォーチュンクッキー」が入り、根強い人気を誇っています。

◆チャンネル別では“YouTuber”としても有名な『マックスむらい』『HikakinGames』が人気

次に、YouTubeのチャンネル別に閲覧者数が多いものをランキングにしました[表②]。『音楽』『映画』『テレビ番組』などYouTubeのデフォルトチャンネルが上位を占める中で、トップ10には『マックスむらい』『HikakinGames』など、テレビCMでも話題のYouTuber(ユーチューバー)のチャンネルがランクインしており、存在感を示しています。

◆シニア層はどんな動画を観ている?世代別ランキングで見えてきたYouTube視聴傾向とは

今や幅広い世代で親しまれるようになった動画サービス。シニア層はどのような動画を閲覧しているのでしょうか?世代を60代以上に絞って、2014年11月度のYouTubeでの閲覧動画をランキングにしたところ[表③]、「Panasonic」公式チャンネルの「スチームサービス」を紹介する動画が複数ランクインしています。商品やサービスを詳しく丁寧に動画コンテンツとして伝えることで、ターゲットユーザーに効果的に届いているのではないかと考えられます。

●本リリースでご紹介したYouTube閲覧動画について、性別・年代別等の詳細データをご希望の場合は、下記までお問い合わせください。
https://www.valuesccg.com/inquiry/

■【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!「【VALUES eMark+】Free」について
本リリースで用いたデータは、当社サービス「VALUES eMark+」を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。「【eMark+】Free」では、サイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。

●「【eMark+】Free」のお申込みはこちら
http://www.valuesccg.com/free/

■株式会社ヴァリューズについて
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。 20万人規模のモニター会員の協力により、行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

株式会社ヴァリューズ ホームページ http://www.valuesccg.com/

※PRTIMES参照

アクセス解析ツール「Pt engine」がA/Bテストツール「Optimizely」と連携

Ptmindは12月17日、マルチデバイス・アクセス解析ツール「Pt engine」がA/Bテストツール「Optimizely」とシステム連携したと発表した。また、米Optimizelyとテクノロジーパートナー契約を結んだ。

Pt engineは、PCやスマートフォンなどのさまざまな端末からのサイトアクセスを解析できるツールとして、2013年より提供を開始。誰でも簡単に使えるように工夫し、PCのブラウザーでWebサイトにアクセスしたユーザーのクリック(スマートフォンではタッチ)や閲覧といった行動をサーモグラフィーで「見える化」するヒートマップ機能などを搭載する。

一方のOptimizelyは、A/Bテスト(ユーザーの反応を見ながらサイト改善を繰り返す手法)ツール。ユーザーがタグを1行挿入してA/Bテストが行えるなど、ツールとしての使い勝手が良く、世界中で利用者が増えている。

今回のシステム連携により、OptimizelyでのA/Bテストの内容とPt engineのヒートマップが紐づいて利用ができるようになった。これにより、Pt engineのヒートマップを元に課題抽出・仮説構築を行い、その内容に基づいてOptimizelyでA/Bテストを実施し、その結果を再度ヒートマップで評価できるようになった。

システム連携により高速なPDCA環境を実現できる
コピーがAとBで異なるものをOptimizelyで用意し、ユーザーが実際にアクセスし、ユーザーの行動にどのような変化が起こるかを検証した。システム連携によりコピーAでのヒートマップとコピーBでのヒートマップ、それぞれが閲覧できるようになっている

また、両社はサイト改善施策が簡単にできる環境づくりを引き続き取り組むとしている。

※マイナビニュース参照

Googleが解説、2014年YouTubeで話題になった10の動画広告に学ぶ5つのポイント

Googleは、国内におけるYouTubeの動画広告のトレンドの5つのポイントを、2014年*下半期に掲載された 10点の事例とともに発表した。

*対象となる動画は集計期間 2014年7月1日〜11月18日に投稿された動画の中から、動画の人気(自然に発生した再生回数)とプロモーション(広告から発生した再生回数)に加え、動画広告のトレンドに合致しているかを考慮して選出。

選出された2014年動画広告 トップ10

バンダイバンダイ・烈車戦隊トッキュウジャー

【烈車戦隊トッキュウジャー】ビルドダイオー遊び方動画

日本コカ・コーラ・スプライト

【スプライト】「スプラッシュカート@伊豆白浜」 Sprite WEB MOVIE

吉野家

吉野家×竹達彩奈 「アタマの大盛」オリジナルCM

ヤフー・Yahoo BB

世界一の女性空手家 宇佐美里香出演 WebCM第1弾「ちゃぶ台を…」

日本KFCホールディングス・ピザハット

【特報】ピザキャット!店 GRAND OPEN | “Grand Opening! ­Pizza Cat! Store­”

ロート製薬・デジアイ

デジアイ×初音ミク プロジェクトムービー

オークローンマーケティング・ショップジャパン

フレンチブルドッグ ボブのお留守番クッキング

ネスレ日本・キットカット

キットカット オトナの甘さ ビター・スウィート ~オトナの交差点~ 『春子篇』

サントリーホールディングス・天然水の森

企業広告『入社前』篇 60秒 トミー・リー・ジョーンズ サントリー C

メルセデス・ベンツ日本・GLA

メルセデスジャパン Go GLA! ルイージ篇

各動画へのリンクは次ページ。
以下、5つのポイント別に解説していく。

1「商品レビュー」など、人気フォーマットを上手く利用

YouTubeでは商品に関する説明を動画にまとめる「商品レビュー」と呼ばれるフォーマットや、非日常的な楽しいこと・新しいことにチャレンジする「○○してみた」「やってみた」タイプの動画の視聴が伸びる傾向にある。こうしたフォーマットにのっとって作られた動画広告が視聴回数を伸ばした。

事例

バンダイ・烈車戦隊トッキュウジャー
【烈車戦隊トッキュウジャー】ビルドダイオー遊び方動画

日本コカ・コーラ スプライト
【スプライト】「スプラッシュカート@伊豆白浜」 Sprite WEB MOVIE

2 大食いキャラ、空手選手…出演者の個性を活かした演出

出演者に特定の役柄を演じてもらうのではなく、起用したタレント・著名人自身の特徴や個性を捉えてコンテンツを制作した動画がユーザーの興味を喚起し、多く掲載された。具体的には、YouTubeで合計370万回以上再生された空手選手・宇佐美里香さんの世界大会の演武、声優・竹達彩奈さんの「大食いキャラ」などが挙げられる。

事例

吉野家
吉野家×竹達彩奈 「アタマの大盛」オリジナルCM

※都合により、広告掲載開始時とは異なるURLで紹介しています。

ヤフー・YahooBB
世界一の女性空手家 宇佐美里香出演 WebCM第1弾「ちゃぶ台を…」

3 やっぱり「ねこ」動画!インターネットで人気のキャラクターや動物が登場する動画

「初音ミク」などインターネットが出自のキャラクターの活躍が目立っている。特にゲームやエンターテイメントの分野では、こうしたキャラクターを活用したデジタルコンテンツが人気だ。また、動物やペットの撮影動画は鉄板ネタ。インターネットでの広がりを意識したコラボレーション動画や、演出を取り入れた動画が視聴された。

事例

日本KFCホールディングス・ピザハット
【特報】ピザキャット!店 GRAND OPEN | “Grand Opening! ­Pizza Cat! Store­”

ロート製薬・デジアイ
デジアイ×初音ミク プロジェクトムービー

4 MadeForWebを意識したストーリー性

Webならではの展開を意識したMadeForWeb動画に趣向を凝らしたものが多く登場。サービスや商品に直接的に関係していなくても、ユーザーが1つのコンテンツとして楽しめることを意識して作られた動画が視聴回数を伸ばしており、広告動画という概念を超えた作品にユーザーの関心が寄せられた。

事例

オークローンマーケティング・ショップジャパン
フレンチブルドッグ ボブのお留守番クッキング

ネスレ日本・キットカット
キットカット オトナの甘さ ビター・スウィート ~オトナの交差点~ 『春子篇』

5 話題になったテレビCMの長尺版など

テレビCMの15秒・30秒版に加え、長尺版のテレビCMをYouTubeに掲載し、プロモーションのプラットフォームとして活用するケースが増えている。テレビで話題になったCMがYouTubeでも同様に視聴され、視聴者から高い支持を得ている。

事例

サントリーホールディングス・天然水の森
企業広告『入社前』篇 60秒 トミー・リー・ジョーンズ サントリー C

メルセデス・ベンツ日本・GLA
メルセデスジャパン Go GLA! ルイージ篇

2014年は2月にはモバイル端末からのYouTubeの視聴ユーザー数がPC端末からの視聴ユーザー数を逆転した。今もその差は拡大し続けている。スマホ視聴を前提とした動画制作のアイデアが2015年はより強く求められそうだ。

※advertimes参照

YouTube、動画に使いたい楽曲の利用可否を確認できる機能を提供

YouTubeは、動画投稿者が楽曲を動画に利用できるかどうかを事前に確認できる機能の提供を開始した。

YouTubeでは著作権者に対して、YouTube上で自身のコンテンツを管理するためのシステム「コンテンツID」を提供している。YouTubeにアップロードされた動画は、著作権者が提出したファイルのデータベースと照合され、該当コンテンツが含まれる動画に対して著作権者は、「一致する音声をミュートする」「動画全体をブロックする」「広告が表示されるようにして収益化する」「再生に関する統計情報を追跡する」といった対応策を選択できる。

一方、動画投稿者の側では、楽曲を動画に利用できるかどうかは、動画をアップロードするまで分からなかった。

今回提供される機能は、YouTubeがクリエイターツールとして提供している「オーディオライブラリ」で、「広告をサポートする音楽」のタブから、曲名で利用可否を確認できるもの。検索した曲を動画に使用した場合に、再生できるかどうかや、投稿者の収益受け取りが可能かといった条件を確認できる。

また、YouTubeでは動画に利用できる著作権フリーの楽曲や効果音などをオーディオライブラリで提供しており、動画を収益化する際にはこうした楽曲や効果音も利用してほしいとしている。


※INTERNET Watch参照

リスティング広告の現状を「Tableau」で捕捉しよう

リスティング広告はEC事業者にとって非常にポピュラーなパフォーマンス改善施策となっており、実施していない事業者を探すほうが難しい状態になっています。読者の皆さんも実施中の方が多いと思います。リスティング広告がポピュラーなのは、リスティング広告が持つ以下の3要素にあると考えられます。

1.計測可能性

広告の表示回数、クリック数、クリック率、クリック単価、掲載順位、コンバージョン数、費用、コンバージョン率、コンバージョン単価などの指標を、キャンペーン別、グループ別、キーワード別、広告別などの軸で計測可能である。

2.ターゲット性

特定のキーワードで検索するユーザー、特定地域のユーザー、特定曜日/時間に検索するユーザー、特定のデバイスで検索するユーザーなど、自社のお客様になってくれる可能性が高いユーザーに対し、選別的に広告を掲載できる。

3.柔軟性

少額の予算から始められる、比較的短期間で始めることができる、ストップ/再開が非常に簡単にできる。など柔軟に広告を運用することができる。

上記3要素があるため、ROI(Return On Investment)の改善、つまり、一定の費用を投下した場合のリターンの増加に工夫して取り組むことができます。

ROI改善の取り組みは、いわゆる最適化と言われるものですが、最適化の方向性は以下の例の通り多岐に渡ります(以下も実際の最適化方向性のごく一部です)。

  • キーワード追加投入によるインプレッションの増加
  • コンバージョンの発生していないキーワードの停止によるコンバージョン率の改善
  • 除外キーワード追加投入によるコンバージョン率の改善
  • 新規広告文追加投入によるクリック率の改善
  • 広告文改善による品質スコアの改善
  • 上限CPC上昇による掲載順位上昇を通じたクリック率の改善

また、上記の最適化施策は、すべての広告グループに対して一律に実施するものではなく、広告グループごとの改善点を見つけ、その改善の方向性に合致した施策を実施する必要があります。指名系検索でインプレッションシェアが100%、平均掲載順位1.0の時に上限CPCをアップしても意味はありませんし、CPAが高い広告グループに対して、キーワードを追加投入するのはさらなるCPA高騰を招く可能性が高いのです。

また、改善の作業にもリソースが必要ですので、すべての改善を同時に行うことができない場合には、優先順位を決める必要があります。

そのため、展開するキャンペーン数、グループ数が少ない場合には、「気づいたところから着手する」というアプローチでも構いませんが、ある程度の規模のアカウントになると、アカウントの全体像を捕捉する必要が出てきます。

※ECzine参照

リスティング広告の現状を「Tableau」で捕捉しよう

Tableauを活用したEC高速PDCA術
リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。今回は、Tableauダッシュボードを使った、リスティング広告の最適化です。

リスティング広告の現状を「Tableau」で捕捉しよう

リスティング広告はEC事業者にとって非常にポピュラーなパフォーマンス改善施策となっており、実施していない事業者を探すほうが難しい状態になっています。読者の皆さんも実施中の方が多いと思います。リスティング広告がポピュラーなのは、リスティング広告が持つ以下の3要素にあると考えられます。

1.計測可能性

広告の表示回数、クリック数、クリック率、クリック単価、掲載順位、コンバージョン数、費用、コンバージョン率、コンバージョン単価などの指標を、キャンペーン別、グループ別、キーワード別、広告別などの軸で計測可能である。

2.ターゲット性

特定のキーワードで検索するユーザー、特定地域のユーザー、特定曜日/時間に検索するユーザー、特定のデバイスで検索するユーザーなど、自社のお客様になってくれる可能性が高いユーザーに対し、選別的に広告を掲載できる。

3.柔軟性

少額の予算から始められる、比較的短期間で始めることができる、ストップ/再開が非常に簡単にできる。など柔軟に広告を運用することができる。

上記3要素があるため、ROI(Return On Investment)の改善、つまり、一定の費用を投下した場合のリターンの増加に工夫して取り組むことができます。

ROI改善の取り組みは、いわゆる最適化と言われるものですが、最適化の方向性は以下の例の通り多岐に渡ります(以下も実際の最適化方向性のごく一部です)。

  • キーワード追加投入によるインプレッションの増加
  • コンバージョンの発生していないキーワードの停止によるコンバージョン率の改善
  • 除外キーワード追加投入によるコンバージョン率の改善
  • 新規広告文追加投入によるクリック率の改善
  • 広告文改善による品質スコアの改善
  • 上限CPC上昇による掲載順位上昇を通じたクリック率の改善

また、上記の最適化施策は、すべての広告グループに対して一律に実施するものではなく、広告グループごとの改善点を見つけ、その改善の方向性に合致した施策を実施する必要があります。指名系検索でインプレッションシェアが100%、平均掲載順位1.0の時に上限CPCをアップしても意味はありませんし、CPAが高い広告グループに対して、キーワードを追加投入するのはさらなるCPA高騰を招く可能性が高いのです。

また、改善の作業にもリソースが必要ですので、すべての改善を同時に行うことができない場合には、優先順位を決める必要があります。

そのため、展開するキャンペーン数、グループ数が少ない場合には、「気づいたところから着手する」というアプローチでも構いませんが、ある程度の規模のアカウントになると、アカウントの全体像を捕捉する必要が出てきます。

※ECzineより参照2014

1 2