YouTube、広告なしの有料サービス導入計画

責任者を務めるスーザン・ウォジツキ氏が言明

 10月28日、ユーチューブが広告なしで動画を観ることができる有料サービスの導入を計画している。写真はカンヌで2011年10月撮影(2014年 ロイター/Eric Gaillard)

[サンフランシスコ 28日 ロイター] – 米グーグル<GOOGL.O><GOOG.O>傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」が、広告なしで動画を観ることができる有料サービスの導入を計画している。

グーグルのシニアバイスプレジデントで、ユーチューブの責任者を務めるスーザン・ウォジツキ氏が27日開いた会合で明らかにした。

ユーチューブによる有料サービスの導入は、短いコマーシャル(CM)を伴い動画を無料で提供し、月間10億人以上の視聴者を獲得してきた既存のビジネスモデルからの大きな転換となり得る。

同氏は、有料動画サービスが「近く」実現するとしつつも、料金など、詳細には踏み込まなかった。

※東洋経済ONLINE参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です