Google AdWords、動的リマーケティングを全業種で利用可能に

Googleは1日、動的リマーケティングが、小売だけでなく、ホテル、不動産などあらゆる業種で利用可能になったと発表した。

 Googleは2013年6月、Google Merchant Centerにアカウントを持つ小売業者に動的リマーケティング(Dynamic Remarketing)の提供を開始し、旅行と教育セクターで試験提供していた。今回、10月1日から、ホテル、航空会社、不動産などすべての業種で利用可能になった。

 動的リマーケティングでは、サイトを訪れた人に合わせて広告が動的に生成され、広告主のサイトで閲覧した商品だけでなく、関心をもつであろう関連製品も表示する。ベータ版を利用した複数の業種では、リマーケティングキャンペーンにダイナミック広告を加えたとき、コンバージョン率が2倍、CPAを平均で60%削減。また、広告主が、リマーケティングキャンペーンにモバイルターゲティングを加えたところ、コンバージョンの量は同価格で平均15%まで上昇した。

また、自動入札による動的リマーケティングは、リアルタイムに、インプレッションごとに最適入札を算出することによってパフォーマンスをブーストする。これは、800ドルのカメラと20ドルのフラッシュを販売する場合、AdWordsは800ドルのコンバージョンが20ドルのものよりも多く得られるよう、自動的に優先させることを意味する。

※MarkeZine参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です