みんなはどうしてる? 活用事例から学ぶYDN成功の法則

多彩なターゲティング設定や、ディスプレイ(画像)広告が掲載できるYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)。運用をはじめてからしばらくたつと、他社の活用方法や、運用状況が気になりますよね?

今回はYDNの運用で効果をあげている2社の事例をピックアップしてご紹介します。
「実際に効果があった運用ノウハウ」を参考にして、成功の糸口をつかみましょう。

成功の鍵は「複合施策」 優良顧客を獲得するディスプレイ広告

テキスト広告とディスプレイ広告の両方を使ったYDNの出稿に取り組んだシニア・介護事業を行うA社の事例からは、YDNの導入にはテキスト広告だけでなく、ディスプレイ広告を併せて配信を行うとパフォーマンスが向上することがわかります。

YDNでCPA改善、獲得数アップ成功の鍵は「ターゲティング」

テイエス企画が運営するサイト「トフルゼミナール」は、スポンサードサーチとYDNを併用することで、獲得件数を増やしつつ、顧客獲得単価(CPA)を改善する施策に取り組み、成功を収めました。
成功の鍵はターゲット(訴求対象)を明確化し、複数のターゲティング機能を掛け合わせて実施したYDNの広告効果です 。

 

 

※YAHOO!Japanプロモーション広告参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です