好きな動画投稿者を応援 YouTubeが「投げ銭」サービス開始

米Google傘下のYouTubeは2014年9月2日までに、「視聴者ファンディング」というサービスを始めた。

動画視聴者が好きな投稿者を自由意思による支払いでサポートできるというものだ。投稿者が視聴者ファンディングを有効にすると、動画の隅にハートマークのアイコンが表示される。アイコンをクリックして支払う金額を選択し、Google ウォレットで支払う。視聴者が払った金額から少額の手数料をYouTubeが受け取るが、大部分が投稿者にわたるようになっているという。

9月3日現在、米国、日本、オーストラリア、メキシコでサービスが利用できる。

※JCASTニュース参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です