Facebook、動画広告の提供開始 ニュースフィードに15秒のCM表示へ

Facebookのデスクトップとモバイルのニュースフィードに15秒の動画広告が表示されるようになる。

 

米Facebookは3月13日(現地時間)、ニュースフィードに表示する動画広告「Premium Video Ads」の提供を開始すると発表した。まずは一部の広告主が対象になる。

同社は昨年10月にモバイルアプリ版の動画広告を発表し、12月にはデスクトップおよびモバイルでのテストを開始した。

この動画広告は、ニュースフィード上で表示されると最初は無音で自動再生され、クリックすると音声が入り、全画面再生に切り替わる。長さは15秒に統一される。モバイルの場合は動画はWi-Fiで接続している間にあらかじめダウンロードされるので、通信キャリアの料金プランに影響しないという。

 ad

広告の品質を保つために、動画広告掲載には米広告効果測定企業Ace Metrixの審査通過が必要になる。

広告料金体系はテレビ広告に準じており、米Nielsenの「Online Campaign Ratings(OCR)」の広告測定に基いて広告料金が定められる。

※ITmediaニュース参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です