今すぐわかる! あなたにぴったりの「YDN」

Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル あなたにぴったりのYahoo!プロモーション広告の組み合わせがわかる診断チャートをご紹介

 

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で実現できること

Yahoo!プロモーション広告では、検索結果に広告を表示する「スポンサードサーチ」とコンテンツページに広告を掲載する「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の各掲載方式を、広告運用の目的に応じて適切に組み合わせることで、広告効果を最大化できます。

例えばスポンサードサーチの運用で、以下のような課題を解決したい場合には、YDNを併用すると効果的です。

  • スポンサードサーチのインプレッションがなかなか出ない
  • クリックにかかる費用を抑えたい
  • 広告の表示機会をもっと増やしたい

YDNでは、「インタレストマッチ」、「ターゲティング」、「サイトリターゲティング」、「その他の広告」など複数の広告掲載方式を選択できます。また、テキストだけではなく、画像を使った「ディスプレイ広告」を掲載することもできます。それぞれの広告掲載方式には異なる特長があるため、広告運用のさまざまな課題や目的に対応できます。

Yahoo!プロモーション広告 自己診断チャート

初めてYDNを利用する際、どの広告掲載方式から利用すればよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。そういう場合には、現在のスポンサードサーチの運用状況から広告掲載方式を選ぶとよいでしょう。

ここでは、あなたにぴったりのYahoo!プロモーション広告の組み合わせがわかる診断チャートをご紹介します。スポンサードサーチの運用状況に関する質問にYes/Noで回答すると、あなたに合った運用方法がタイプ別の診断結果として示されます。

診断結果

Aタイプ
「サイトリターゲティング」を活用し、効率的に顧客を獲得しましょう!

スポンサードサーチは、検索結果に広告を表示することで成約の見込みの高い顧客候補を獲得できますが、顧客獲得や競合他社の数が増えてくると、顧客獲得単価が上がることがあります。YDNのサイトリターゲティングを活用すると、サイトに一度来訪しているインターネットユーザーに訴求可能です。「サイトに一度来訪したインターネットユーザー」は「成約の見込みが高いインターネットユーザー」と言えます。YDNのサイトリターゲティングを上手に活用することで、新たな顧客の獲得や顧客単価を下げることも可能になります。

Bタイプ
「ディスプレイ広告」や「その他の広告」を活用し、広告効果をさらに伸ばしましょう!

より広告効果を上げるために、画像を用いたインパクトのある広告を活用しましょう。また、広告掲出機会を最大化するために「その他の広告」への出稿も効果的です。スポンサードサーチで得た利益をYDNに再投資することで、ライバルを引き離す、より強固な集客フローを構築できます。

Cタイプ
「サイトリターゲティング」を活用し、見込み顧客に再アプローチしましょう!

スポンサードサーチで広告がクリックされているものの、なかなか成約数につながらないといった場合には、サイトを訪問したインターネットユーザーをきちんと顧客として成約に結びつけることが必要です。YDNのサイトリターゲティングは、すでにサイトに訪問したことのある顧客候補に絞って再度アプローチできるため、成約に近いインターネットユーザーに、強く訴求できます。また、リターゲティングを行っている間は、広告内容とランディングページの内容がきちんと結びついているかチェックもしておきましょう。

Dタイプ
「インタレストマッチ」を活用し、広告の表示機会を拡大しましょう!

まずはきちんと広告を掲載する必要があります。検索されるのを待つだけではなく、YDNのインタレストマッチを活用して、あなたの商材やサービスに興味・関心を持っているオンライン上の顧客候補にアプローチして、広告表示機会をもっと増やしましょう。

Eタイプ
「ターゲティング」を活用し、クリック数を拡大しましょう!

スポンサードサーチで広告は表示されているものの、なかなかクリックされていない場合、商材・サービスの対象に合わせて訴求の仕方を工夫しましょう。YDNの「ターゲティング」機能を活用して、訴求対象の属性に合わせた広告を作成し、それらを出し分けることで、より多くのサイト誘導が期待できます。

Fタイプ
「インタレストマッチ」を活用し、新たな顧客を獲得しましょう!

スポンサードサーチでの集客力をバックアップするためにも、市場を拡大して新たな顧客を獲得しましょう。YDNのインタレストマッチは、検索されるのを待つことなく、あなたの商材やサービスに興味・関心を持っている顧客候補にアプローチできます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です