<YDN画像広告>ガイドラインに抵触しない広告表現とは①

Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル 審査の対策として、特に多く見られる掲載不可の例とその理由を取り上げ、以下の3回に分けてご紹介

 

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の掲載フォーマットには、「テキスト広告」の他に、画像を使った広告出稿ができる「ディスプレイ広告」があります。

ディスプレイ広告は、バナーなどの画像によって視覚的にインパクトを与え、より強くメッセージを訴求することができるため、商材やサービスの魅力を強力にアピールしたい方や、競合他社との差別化を図り認知度を上げたい方などにお勧めです。

ところが、ディスプレイ広告の入稿の際に、審査で掲載不可となるケースが見受けられます。そこで審査の対策として、特に多く見られる掲載不可の例とその理由を取り上げ、以下の3回に分けてご紹介します。

掲載不可例①
  • 広告の主体者が不明確
  • ユーザーに迷惑となる広告の禁止(人体の局部の強調)
  • ユーザーに迷惑となる広告の禁止(コンプレックス表現)
  • 画像に連絡先情報が含まれている
掲載不可例② (インタレストマッチ)
  • 画像とリンク先の情報が一致しない
  • 画像と広告文の情報が一致しない
  • 広告の不一致(複数の広告文に対し画像が1つ)
  • 広告の不一致(複数の画像に対し広告文が1つ)
掲載不可例③
  • アフィリエイトサイトにおける不適切な画像
  • 画像における最上級表示
  • 画像でのアルコール飲料の表現
  • 著しく周りのコンテンツとなじまない

今回取り上げるのは「掲載不可例①」の「広告主の主体が不明/ユーザーに迷惑となる広告の禁止(人体の局部の強調)/ユーザーに迷惑となる広告の禁止(コンプレックス表現)/画像に連絡先情報が含まれている」です。

審査に通るか不安…

審査に落ちたけど、どう修正していいのか分からない

そんなお悩みをお持ちなら、まずこの資料をチェックし参考にしてみてください。

スムーズな審査通過と広告掲載のために、ご活用ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です