商品やサービスを検索した人の来店経験率は?

Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルが年代別のインターネット利用の実態について紹介

 

スマートフォン、パソコン、タブレット…。ここ数年でデジタル端末の多様化が進み、最近では複数の端末を所有している人も珍しくなくなりました。

特に、スマートフォンの普及により「いつでもどこでも」インターネットを利用するユーザーが増加し、インターネットの利用はもはや“生活の一部”といっても過言ではないでしょう。事実、総務省の「平成24年通信利用動向調査」では、13歳~49歳までのインターネット利用率が9割を超えたと発表されており、インターネット利用がより身近なものになっていることを物語っています。

今回は、スマートフォン端末を所有し、かつ月に1日以上インターネットを利用している全国の16歳以上の男女2,062人を対象に行った調査結果を基に、年代別のインターネット利用の実態について紹介します。

年代別で、インターネットの平均利用時間や利用場所、利用目的、またインターネット検索頻度などに大きな差は見られませんが、ウェブサイトの閲覧のきっかけやインターネットで検索している情報では、年代による違いが浮かび上がりました。なかでも、インターネット検索後の“再検索率”や“来店経験率”などでは興味深い結果が出ています。

年代別で施策を考える際のヒントとして、ぜひ販促活動の参考にしてください!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です