Google、3億5000万件の悪質広告をAdWordsから削除──2013年報告

Googleが、AdWordsとAdSenseで良質な広告を健全なWebページに掲載するための取り組みの2013年の成果について報告した。

 

米Googleは1月17日(現地時間)、同社の広告サービスAdWordsにおける2013年通年の悪質広告への取り組みの成果を発表した。

2013年にAdWordsから削除した悪質広告の総数は3億5000万件以上。2012年の2億2000万件より大幅に増加した。削除件数が増えたのは、広告全体の件数の増加と悪質広告検出システムの機能向上によると同社は説明する。

一方、アカウントを強制停止した悪質広告業者の数は前年より大幅に減った。2012年の強制停止アカウントは85万件以上で、2013年は27万件以上だった。これは詐欺行為を阻止する取り組みの成果という。

AdSense側では、20万件以上のWebパブリッシャーのページをブラックリストに掲載し、Googleのポリシーに違反した25万件以上のAdSenseアカウントを削除した。

Googleは、悪質な広告は年々洗練されているが、同社にとってユーザーの安全は最優先事項であり、そうした広告との戦いは今後も続けるという。

 add
2013年の広告に関するインフォグラフィックス
※ITmediaニュース参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です