小さな会社の集客につながるFacebook運用のポイント

Facebookの「エッジランク」の仕組みを知り、効率的に集客できる方法を身につけよう。

FacebookのSEOを考える

Facebookのニュースフィードには、友だちからのさまざまな投稿が流れてきます。運用していくうちに、この表示の順番が必ずしも投稿順ではないことに気付きます。Facebookのニュースフィードは、通常「ハイライト」という方式に設定されており、Facebook独自のアルゴリズムで、あなたのアカウントと関連性が高く、かつ重要度が高いものを上位に表示するように制御されています。

このランク付けは「エッジランク」と呼ばれていますが、この仕組みを理解すれば、自社のFacebookページや個人ページの投稿を、友だちやファンに対して他社の投稿より上位に表示させることができます。

この手法は、ニュースフィード最適化(NewsFeedOptimization)、略してNFOと呼ばれています。

エッジランクは、下記の方法で決定されます。

affinity score(親密度)× weight(重要度)× time(新しさ)

それぞれの要素について簡単に説明します。

affinity score(親密度)

親密度とは、相手との「仲の良さ」を示すものです。具体的には、「いいね!」を押した数やコメントをした数、メッセージのやり取りの回数などで決まります。

自分が友だちの投稿に対して「いいね!」を多く押せば友だちのニュースフィードに上位表示されるわけではありません。あくまで友だちがあなたの投稿に対して「いいね!」を押して初めて、友だちのニュースフィードにあなたの投稿が上位に表示されます。

weight(重要度)

「いいね!」や「コメント」の数が多い投稿は重要度が高いと判断され、上位表示されやすくなります。「多くの人が盛り上がっている投稿」と判断すればよいでしょう。

time(新しさ)

これはそのまま投稿の新しさを表わします。親密度や重要度が高くても、あまりに古い投稿は上位に表示されないということです。

エッジランクを上げる3つのポイント

エッジランクを上げるためのポイントは次の3つです。

1.写真を使う

Facebookでは、写真の入った投稿が好まれる傾向があります。写真の技術に自信のある人は、積極的に写真を掲載しましょう。

2.多くの人がFacebookをチェックする時間を狙う

投稿が新しければ新しいほど上位表示に有効ですので、多くの人が閲覧する時間に投稿すれば、目に付く可能性も上がります。

具体的には「8~9時、12~13時、17~18時、23~0時」などが狙い目の時間帯です。

3.自分からも「いいね!」とコメントを積極的に行う

個人ページに限った手法ですが、遠慮することなく、友だちの投稿には積極的に「いいね!」やコメントを行うようにしてみましょう。自分の投稿に反応があると誰しもうれしいものです。「お返し」にあなたの投稿にもコメントや「いいね!」が付きやすくなります。

Facebook広告を利用してみよう

Facebookには、Facebook広告という独自の広告配信システムがあります。ひと言でいえば、「Facebook版GoogleAdwords」と考えれば分かりやすいでしょう。

Facebook画面の右側に表示されている広告がFacebook広告です。Facebook広告の特徴は、年齢、性別、既婚・未婚、出身大学など、さまざまなユーザの属性をターゲティングして広告を配信することができる点です。実名かつ正確な個人情報入力がなされているFacebookならではの機能だと言えます。

そのため、結婚相談所など、とりわけターゲット層がはっきりしているサービスで大きな効果が見込めます。ターゲットが明確でない業種の場合は、まずはリスティング広告に取り組んだ上でFacebook広告の利用を検討するようにしましょう。

Facebook広告の設定のしかた

Facebook広告の設定手順は下記の通りです。

(1)Facebook広告の設定ページにアクセスする。

ks_facebook01.jpg

(2)広告のタイプ(Facebookページの宣伝か、外部サイトの宣伝か)を選択し、画像やURL、広告文などの広告を作成する。

ks_facebook02.jpg

(3)広告のターゲットを指定する。あまり細かく指定しすぎると、ほとんど広告が表示されなくなってしまうので注意。

ks_facebook03.jpg

(4)キャンペーンの予算や、入札価格を決め広告を出稿する。

ks_facebook04.jpg
※ITmediaエンタープライズ参照




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です