小さな会社のFacebook運用――基本中の基本

Facebookは規模の小さな会社に適したツール。個人ページとFacebookページを上手に使い分けよう。

 

Facebookは小さな会社に適したソーシャルメディア

 

Facebookは利用が無料であること、営利・非営利を問わず利用しやすい「Facebookページ」という形態がある点、また「実名制」と「いいね!」の仕組みが「炎上」を引き起こしにくい点などから、小さな会社がもっとも利用しやすいソーシャルメディアです。

炎上とは批判・誹謗・中傷のコメントや投稿が大量に発生して運営者が被害を受けることを意味し、しばしばTwitterやブログで起こりますが、Facebookの「ユーザは原則として実名」という規制が抑止力になるのです。

またFacebookの投稿は、後述するように「いいね!」が多い記事が利用者のタイムラインの上のほうに表示される仕組みになっています。炎上リスクのある投稿に「いいね!」が多く付くことは考えられませんから、ほとんど目に付くことがなくなるわけです。

Facebookは「共感」を呼び込むメディア

Facebookは「共感」を軸にしたコミュニケーションが盛んなメディアだといわれます。感覚的に「いいね!」と思えるような商品、体験を共有できるような商品を取り扱う企業に向いています。

例えば飲食店やセミナー、イベントを頻繁に行っている企業はかなり親和性が高いでしょう。また独特な焼き物、見栄えのする美しい商品を扱う会社も向いています。美しい写真は、Facebookで受け入れられやすいからです。

反対に、利用者が極端に少ないニッチな高額商品などはFacebookには向きません。

企業間取引(BtoB)を中心とする企業では、Facebookには向かないケースがほとんどです。

個人ページとFacebookページの2つがある

Facebookには、「個人ページ」と「Facebookページ」の2種類が存在します。個人利用では「個人ページ」、会社利用では「Facebookページ」となるわけですが、それぞれの機能の違いを比較してみましょう。

個人ページ

  • 実名でしか利用できない
  • メッセージ機能がある
  • 友達の人数に上限がある(5000人まで)
  • 友達になった人の個人ページに「いいね!」や書き込みができる
  • 自分だけにしかアカウントの管理ができない
  • 投稿した文章や写真は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンには表示されない
  • ログインしているユーザしか閲覧できない
  • Facebook広告を出すことはできない

Facebook ページ

  • 会社名やサービス名など、実名以外での利用が可能
  • メッセージ機能は使えない
  • ファンの人数に上限がない
  • ファンのページに自由に書き込みを行うことはできない
  • 複数人でアカウントを管理することが可能
  • 投稿した文章や写真などは、Google やYahoo!の検索結果に表示される
  • ログインしていないユーザでも閲覧可能
  • Facebook広告が利用できる

個人ページとFacebookページの大きな違いは、個人ページが主に知人同士との閉じられたコミュニケーションを行う場所であるのに対して、Facebookページは会社や店舗、サービスなどの情報を広く公開し、そこに閲覧者とやり取りができるコミュニティ機能が付加されたシステムである点です。「クエスチョン」という機能を使ってアンケートをつくることもできたり、ファンとのコミュニケーションを取るための仕組みが工夫されています。

会社としてFacebookを利用するのであれば、迷わずFacebookページを立ち上げて運用する必要があります。当面の目標はいかに「いいね!」をクリックしてもらってファンを獲得するかです。

キャラクターの立った個人ページを運用する手も

一方で、あえて個人ページで勝負する方法もあります。代表取締役や店長などが会社の「顔」である場合に、個人ページでキャラを際立たせた投稿をしつつ、会社全体のPRをおり混ぜていくほうが、効果が高いケースがあります。

先に、企業間取引ではFacebookは向かないと書きましたが、取引先との「個人同士の関係」をFacebookで強化するという観点ならば、話は少し変わってきます。

対面では名刺交換だけで終わってしまう関係が、将来的に取引につながることがあるからです。

例えばIT系企業の社長であれば、個人ページを開設していないと、情報感度が低いというレッテルを貼られてしまいかねません。

まとめると、中小企業におけるFacebook利用は、次の2つのパターンがあるといえます。

  1. Facebookページを開設し、企業のPRや利用者とコミュニケーションをとることを目的とした運用を行う
  2. 代表や社員個々人がFacebookの個人ページを利用して取引先との信頼関係を深める(主に企業間取引の会社)

    Facebookページを作成してみよう

    Facebookページを開設する手順を紹介します。

    ks_fbpage01.jpg
    ks_fbpage02.jpg
    • 2.「会社名または団体名」を選択し、カテゴリを選択して会社名を入力。利用規約にチェックを入れて「スタート」ボタンをクリック


    • 3.プロフィールの写真をアップロードする(180px×180pxがベスト)
    ks_fbpage03.jpg
    • 4.基本情報とWebサイトのURLを入力して「情報を保存」をクリック
    ks_fbpage04.jpg
    • 5.Facebookページが完成する
    ks_fbpage05.jpg
    • 6.画面上部の「Facebookページを編集」をクリックし、「基本データを編集」を選択
    ks_fbpage06.jpg
    • 7.それぞれの項目に情報を入力していけば基本データは完了
    ks_fbpage07.jpg
    • 8.「カバーを追加」ボタンをクリックして、カバー写真用の画像をアップロードする(851px×315pxがベスト)
    ks_fbpage08.jpg

    これで立派なFacebookページが完成します。あとは、ニュースフィードからどんどん投稿を行いましょう。
    ※ITmediaエンタープライズ参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です