企業がソーシャルメディアを利用するために知っておくべき3つの目的

FacebookやTwitterで企業アカウントを持つことは常識になりつつありますが、売上に大きく貢献した事例は少ないのが現状です。ソーシャルメディアは、メインサイトと連携することで初めて大きな効果を発揮すること、またブランディングツールとしての効果が狙えることがポイントです。

 

ソーシャルメディアは「会社の利益」につながるのか?

 

FacebookやTwitterにせよブログにせよ、アカウントをとれば無料で開設できるため、なんとなく始めている企業は多いのですが、利益に結びついていないケースが大半です。

結論からいえば、FacebookやTwitterの運用自体が直接会社の経営を支えるほどの利益につながっているケースは、極めて稀だと言えます。その一方で、FacebookやTwitterが企業のWebサイトにアクセスを集めるきっかけになったり、信頼度の上昇に貢献させることができます。あくまで売上はWebサイトをメインに据えて、ソーシャルメディアはその補完的な役割を果たすと考えるのが正しい認識です。

Webサイトの運営に人員の割けない規模の小さい会社にとっては、まずは売上に直結する施策を打つのが先決です。

Webサイトの使いやすさ、SEO、リスティング広告などの取組みに成果が出てから、本格的にソーシャルメディアに取り組めばよいのです。そういった前提で本連載を読み進めてください。

ソーシャルメディアを活用する3つの目的

まずはソーシャルメディアの運営をどんな目的で行うかを社内で明確にし、その目的を達成できる運用を考えていきましょう。企業でのソーシャルメディア運用が失敗に終わるケースのほとんどは、目的が不明確であったり、自社の商品・サービスに対して不適切な目的を選択することにあります。まずはソーシャルメディア運用の目的を、しっかり把握することとと、自社に適切な目標を正しく選択し、ブレずに運用することを心がけましょう。

一般的なソーシャルメディアの活用法は次の3つです。

  1. Webサイトへのアクセスを集める
  2. ファンサービスに利用する
  3. ホームページの簡易更新として利用する

1 Webサイトへのアクセスを集める

最もポピュラーな発想は、FacebookやTwitterなどで話題になりやすい投稿を繰り返してファンを増やし、Webページへのアクセスを増やすという手段です。

ks_bizidtwitter01.jpg

話題になるコンテンツを発信し続けたり、特別なキャンペーンを行い続ける必要があるため、小さな会社にとっては難易度の高い方法ではあります。

すでに、ブログを運営している会社では、ブログの内容を告知するために、FacebookやTwitterを利用することで、効果的にブログへのアクセスアップを達成することができます。

また、間接的なアクセスアップ効果ではありますが、FacebookやTwitterで話題に上ることで、ブログ記事への参照が増えることにより、SEO効果も期待できます。

2 ファンサービスに利用する

すでにあなたの会社の商品を利用している人のために、定期的な情報発信やカスタマーサービスをFacebookやTwitter上で行います。中小企業でのソーシャルメディア利用としては、これがもっとも効果が出やすいでしょう。

インターネットの利用環境が多様化しているため、ソーシャルメディアを利用して最新情報を得ようとする顧客の期待にこたえるのです。集客というよりも、すでに顧客になっている人や見込み客のための情報発信メディアとして運用する手法です。「メールマガジンやカスタマーセンターのユルいもの」というイメージで捉えると、分かりやすいでしょう。

3 ホームページの簡易更新として利用する

小さな会社のWebサイト運用のキモは、いかに更新作業を効果的かつ効率よく行うかという点です。WebサイトをCMSで作成していれば比較的簡単に更新することが可能ですが、逐一業者に頼むようだと更新の労力が大きくなってしまい更新が滞ります。更新されていないWebサイトは、やがて訪問者も少なくなります。

その点FacebookやTwitterの更新情報は、ガジェットという形でWebサイトに掲載できるので、投稿がリアルタイムに近いスピードでWebサイトに反映され、サイトそのものが更新されていなくても情報発信が行われている印象を与えることができます。

その他、Facebookページの「いいね!」の数を表示する「LikeBox」をWebサイトに設置すれば、たくさんのファンがついていることを訪問者に知らせることもできます。

定期的にCMSやブログとして更新できれば理想的ですが、ブログ記事はある程度の長さで文章を書かなければいけないというプレッシャーがあるため、ついつい更新が滞りがちです。

その点、FacebookやTwitterであれば、1~数行程度の文章で更新するのが一般的なので、プレッシャーも少なく、気軽に情報発信ができるでしょう。

ソーシャルメディアは、「Webでの情報発信の習慣をつける入門ツール」としてのメリットがあるのです。

※Itmediaエンタープライズ参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です