Facebook、アプリストア直結のモバイル広告「Mobile App Install Ads」を一般公開

Facebookがアプリ開発者向けに、タップするとアプリストアのインストール画面が開くモバイルターゲティング広告「Mobile App Install Ads」の提供を開始した。

米Facebookは10月17日(現地時間)、8月にβスタートしたモバイルアプリ開発者向け広告サービス「Mobile App Install Ads」の一般提供を開始したと発表した。

Mobile App Install Adsは、米AppleのiOS端末および米GoogleのAndroid端末上にアプリ広告を表示し、広告効果をモニタリングできるサービス。広告主は、年齢や性別、「いいね!」などの(匿名化された)個人情報に基づいてターゲティングされたFacebookユーザーのモバイル端末上にアプリの広告を表示できる。

ユーザーがこの広告をタップすると、iOS端末であればApp Storeに、Android端末であればGoogle Playのアプリダウンロートページが開く。

 facebook 1広告をタップすると、iPhoneであればApp Storeに(左)、AndroidならGoogle Playに飛ぶ

8月からのβテストに参加した米TinyCoは、CTR(表示された広告がクリックされた頻度)が従来のモバイル広告の1.5倍になり、コンバージョンレートも高かったという。

広告主はアプリのダッシュボードに追加するツールで広告効果をリアルタイムでモニタリングできる。

 facebook 2広告ダッシュボート

今後さらに機能を強化し、例えばアプリを既にインストールしているユーザーにはそのアプリの広告を表示させないようにしたり、ユーザーがFacebookから離れずにアプリをインストールできるようにするとしている。

※ITmediamobile参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です