Monthly Archives: 9月 2012

Facebook、ターゲティング広告サービス「Facebook Exchange」を一般公開

広告主は「Facebook Exchange」を利用することで、自分のWebサイトを訪問したユーザーのcookie情報に基づく広告を、そのユーザーのFacebook上に表示できるようになる。

 

米Facebookは9月13日(現地時間)、6月からβ提供してきたターゲティング広告サービス「Facebook Exchange(FBX)」を正式にリリースしたと発表した。まずは米国でのスタートで、現在欧州やアジアでもパートナーと準備中という。

Facebook Exchangeは、リアルタイム入札方式の広告サービス。FacebookユーザーがFacebook外のWebサイトを訪問した際にcookieを設定し、そのユーザーのネットでの行動履歴に基づく広告をFacebook上(Webブラウザで表示するニュースフィードの右枠)に表示するというもの。

Webサイトオーナーは、Facebookと提携するDSP(デマンドサイドプラットフォーム)企業と契約することでこのサービスを利用できる。例えばオンラインショッピングサイトを訪問したユーザーが、製品をチェックしたものの購入にいたらないままWebサイトから離れると、DSPがWebサイトオーナーにそのユーザーへのFacebook広告のリアルタイム入札を促す。Facebookは、この広告サービスにより、従来よりタイムリーで関連性の高い広告をユーザーに表示できるようになるとしている。

β段階からのDSPである米Triggitによると、広告の費用対効果は4倍に、クリックコンバージョンレートは2.2倍になり、CPAを(顧客獲得単価)は6.5倍減ったという。

※ITmediaニュース参照

Googleオープンビジネスパートナーに認定されました。

当社は、googleのオープンビジネスパートナーに認定されました。
※写真は認定書と記念品(Googleと書いてあるMOLESKINEの手帳とNEXTBOOKというタブレット端末です。)をいただきました。

googleのオープンビジネスパートナーとは、Adwors(低予算からできるインターネット広告)を利用してWEBの広報活動を担当している認定企業であるということです。
googleでの検索に対して小額から検索結果に反映できるというこでお客様からも好評をいただいております。

運用に関してはお気軽にご相談下さい。

Googleオープンビジネスパートナー