Monthly Archives: 4月 2012

グーグル、YouTubeなどに動画広告を掲載できる「動画広告向け AdWords」を提供開始

グーグルは米国時間の4月22日、YouTubeやGoogle ディスプレイ ネットワーク上で動画広告を掲載できる「動画広告向け AdWords」(米国ではGoogle AdWords for video)をすべての広告主向けに提供開始した。

動画広告向け AdWordsでは、広告掲載を4種類の「TrueView 動画広告」フォーマットから選択でき、広告主は既存のAdWords広告管理画面から動画キャンペーンを設定する。YouTubeのアカウントと連携し、YouTube上の動画を広告に選択することもできる。

4種類のTrueView動画広告は、YouTubeのパートナー動画の前後に広告が挿入される「TrueView インストリーム広告」、YouTubeの検索結果上位に関連動画を表示する「TrueView インサーチ広告」、10分を超えるYouTubeのパートナー動画の冒頭や合間に表示される「TrueView インサーチ広告」、Google ディスプレイ ネットワーク上の関連コンテンツに表示される「TrueView インディスプレイ広告」。

広告費は表示されただけでは発生せず、ユーザーが動画広告の視聴を選択した場合や一定時間再生された場合など、視聴に応じて発生する。再生回数、費用、平均再生単価、視聴率、コンバージョン数などの効果測定にも対応する。

動画広告向け AdWords
http://www.google.co.jp/ads/video/advertisers/

※Ewb担当者Forum参照

グーグル、動画広告をYouTubeなどに配信できる「動画広告向けAdWords」

グーグル株式会社は24日付のAdWords日本版公式ブログにおいて、「動画広告向けAdWords」がすべての広告主で利用可能になったと発表した。広告主が用意した動画広告をYouTubeなどに配信できる。

動画広告向けAdWordsでは、「TrueView動画広告」という広告フォーマットを設定可能。表示パターンは、YouTubeのコンテンツパートナー企業の動画の前後などに動画広告が挿入される「インストリーム広告」、YouTubeの動画検索の上位にリストアップされる「インサーチ広告」、Googleの広告ネットワークサイトに配信する「インディスプレイ広告」などがある。表示されただけでは料金が発生せず、ユーザーが動画広告を選択したり、動画広告の続きを視聴した場合に初めて料金が発生する仕組み。

動画広告向けAdWordsの作成・管理は、AdWordsと同じ管理画面から行うことができるほか、YouTubeの既存アカウントとリンクし、すでにアップしてある動画をそのまま広告キャンペーンに活用できるとしている。

※INTERNET Watch参照

Google、YouTubeやWebサイトで展開できる「動画広告向けAdWords」を開始

AdWords同様にターゲティングでき、ユーザーが再生した場合にのみ課金される動画広告サービスがスタートした。

米Google傘下のYouTubeは4月22日(現地時間)、「Google AdWords for video(日本では「動画広告向けAdWords」)」を一般向けに公開した。

動画広告向けAdWordsは、YouTubeとGoogleディスプレイネットワークに動画広告を掲載・管理できるサービス。AdWordsと同様に掲載先をターゲティングしたり、広告キャンペーンを管理できる。

3月に実施されたプライバシーポリシー更新でユーザーのYouTubeでの履歴が他のGoogleディスプレイネットワークでの履歴と統合されたため、従来より確度の高いターゲティングが可能になった。

広告の設定には「TrueView」という広告フォーマットを使う。料金は、広告が表示されただけでは発生せず、ユーザーが広告を選択した場合にのみ課金される。ユーザーがYouTubeやGoogleディスプレイネットワーク上の動画を視聴したり検索したりすると、関連する動画広告が表示される。

TrueViewには、YouTubeパートナー動画のプレロールなどとして表示される「インストリーム広告」、検索クエリに基づいて動画の検索結果の最上位に表示される「インサーチ広告」、長編動画の前に表示される「インスレート広告」、Googleディスプレイネットワーク上の関連コンテンツに表示される「インディスプレイ広告」の4種類がある。いずれもユーザーが積極的に再生しなければ料金は発生しない。

 adインサーチ広告の例。「スマートフォン」をキーワードに検索したところ、最上位に広告動画が表示された

既に日本語での概要説明ページがあるほか、効果的な動画広告作成のヒントなどのベストプラクティスをまとめた「Advertiser Playbook」をダウンロードできる(ただしこちらは現在英語版のみ)。


※ITmediaニュース参照