Google、Facebookの「いいね!」対抗ソーシャルボタン「+1」を発表

ソーシャルサービスでFacebookに後れを取っているGoogleが、「いいね!」に似た「+1(プラスワン)」ボタンを検索結果のリンクとAdWords広告に追加する。

 

米Googleは3月30日(現地時間)、ユーザーがGoogle検索の結果を評価できるソーシャル機能「+1(プラスワンと読む)」ボタンを発表した。検索結果ページの各リンクとAdWords広告にボタンが表示されるほか、Webオーナーは自分のWebサイトにボタンを設置できるようになる。ユーザーは米Facebookの「いいね!」ボタンのように、1クリックでWebサイトや広告を評価できる。

+1ボタンのクリック結果はユーザーのGoogleプロフィールに関連付けられ、検索結果のパーソナライズに利用されるほか、ユーザーのGoogle関連のソーシャルネットワーク(Gmailの連絡先やGoogle Reader、Google Buzzでフォローしているユーザーなど)で共有される。いいね!ボタンと同様に、自分のネットワーク内の誰かが検索結果のリンクを評価していればそれが表示される。Googleは、将来的にはTwitterなどほかのネットワークもサポートするとしている(Facebookには言及していない)。

 +1-1
+1ボタンをクリックすると(図はAdWordsの場合)

 +1-2

確認ダイアログが表示され、Confirmボタンを押すと完了

 +1-3
ソーシャルネットワーク内のメンバーに自分が評価したことが表示される

ユーザーは自分のGoogleプロフィールの+1タブで+1の結果を一覧、削除できる。また、+1の結果データはデフォルトでは非Googleサイトの検索結果のパーソナライズ化に利用されるが、これを無効にするためのページが用意されている。

なお、AdWordsの+1ボタンも検索結果リンク同様に自動的に追加されるので、広告主は何もする必要がない。+1ボタンのクリックは広告クリックにはカウントされず、品質スコアにも反映されないが、+1ボタンのクリック数はダッシュボードで確認できる。

GoogleはFacebookなどにソーシャルネットワークサービスで後れを取っているが、2月にパーソナライズド検索の「Google Social Search」を検索結果に統合したり、3月に入ってGoogleプロフィールを刷新するなど、サービスのソーシャル化に注力している。

+1ボタンはまず米国のGoogle.comの結果に段階的に表示され、近いうちにほかの地域でも有効になる。Labsのテストに参加することで試すことも可能だ。

※ITmediaエンタープライズ参照





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です