Estore お知らせ(2016年6月度)

 

2016年6月28日発行
 

ご案内
商品の一括アップロードをする店舗さんは対応をお願いします
金額設定による割引対応などの機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
3か月先のトレンド動向と今からやるべき対策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

 

1 ご案内

コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済のメインテナンスを実施します
7月7日(木)午前0時~7時

メインテナンス中、お客さんがコンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済を選択して注文するとエラーになりますので、ショッピングカートの支払い方法の選択から予め外しておくなどのご対応をお願いします。


クレジットカード情報の入力欄を8月より順次、別画面に変更します
今までショッピングカートのクレジットカード情報入力欄は、他情報の入力欄と同じ画面にありましたが、8月より順次、専用の別画面に変更します。
変更日につきましては、別途ご連絡いたします。
これは、より高度なクレジットカード決済のセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠していくことを目的としています。
「PCI DSS」とは、国際カードブランド5社が共同で策定したクレジットカード業界のセキュリティ基準です。

Parkの「カート」機能を終了します 8月予定
「PCI DSS」に準拠していくため、セキュリティ対策の一環としてParkの「カート」機能を終了致します。 詳細が決まり次第、お知らせ致します。
2 商品の一括アップロードをする店舗さんは対応をお願いします

商品とバリエーションの一括アップロード用データファイルをダウンロードし直してください
非課税商品を登録できるようにするため、6月15日に商品とバリエーション の一括アップロードファイルの末尾に「非課税商品」項目を追加しました。それ以前にダウンロードしたファイルでは商品とバリエーションの一括アップロードができなくなるので、ダウンロードし直してください。
3 金額設定による割引対応などの機能追加のお知らせ
「○○円以上は●●%引き」をカートで自動的にできるようにしました
大量に購入してもらいやすくなり、注文単価の向上を見込めます。

商品の販売価格を税抜価格で登録・ダウンロードできるようにしました
受注データの商品販売価格が税抜でダウンロードできるので、税抜価格で管理している外部システムと連携しやすくなります。

バリエーションをマトリクス形式の表で表示できるようにしました
バリエーション項目が2つの商品は、バリエーション1を行、バリエーション2を列とした表でバリエーションを表せるようにします。
色とサイズなどの組み合わせをマトリクス表で表示すれば、お客さんが選びやすくなって買ってもらいやすくなります。

カスタムテンプレートでも、バリエーションをプルダウンで表示できるようにしました
見せ方の幅が広がるのでお店に最適な方式を選ぶことができ、お客さんが選びやすくなります。

Googleリッチスニペットに「商品レビュー」が反映されるように対応しました
Googleの検索結果で表示されるサイト説明文に「商品レビュー」や「パンくずリスト」を反映させられるように対応しました。
検索結果の中でお客さんの興味を引けるので、クリック率の向上を見込めます。リッチスニペットとは、Googleなどの検索結果に各ページ内容の一部を、より表現豊かに表示させる機能のことです。

非課税商品を登録できるようにしました
商品詳細ページに「非課税」と表記されるので課税されないことがわかりやすくなり、お客さんが選びやすくなります。

ショップサーブAPI(v2)の更新・追加とショップサーブAPI(v1とV2)の一部変更をしました。
ショップサーブAPI(v2)
・注文詳細情報取得APIを抜粋してデータを取得できるようになりました。
・注文情報検索APIはデータを抜粋して取得できるようになり、受注番号の検索項目を追加しました。
・注文基本情報取得APIで項目の階層の変更と利用したポイント、高額割引金額が取得できるようになりました。
・注文商品情報取得APIで税抜商品価格を取得できるようになりました。
・顧客情報検索APIで項目の階層の変更と利用したポイント、更新日が取得できるようになりました。これまでより多くの受注を処理することが可能になり、必要なデータだけ取得できるようになりました。ショップサーブAPI(v1とV2)
result> order >totalの計算方法を変更しました。
正しい合計金額が集計できるようになりました。

スマートフォンサイトの入力しやすさや操作性を改善しました
会員登録や注文手続き中の離脱を抑止でき、会員登録数や売上アップを期待できます。

<リリース済>
・ショッピングカートとマイページの「お名前」「お名前(かな)」欄を縦並びにしました。
・規約に同意するチェックをボタンに統合しました。
・「会員ID」や「メールアドレス」入力時に入力モードを自動で半角英数へ切り替わるようにしました
・「パスワード(確認)」欄の非表示・任意を選択できるようにしました(PC、携帯も対象)

<6月30日リリース予定>
・ショッピングカートの「次へ」ボタンを次に何を行うか想像できるボタン名に変更します。

今後も準備を整え次第、順次入力しやすさや操作性を改善していきます。


  受注台帳の一覧画面で、会員の購入回数を一目でわかるようにします 7月予定
注文者名の横に、会員の購入回数を表示するようにします。お客さんごとの購入回数がわかりやすくなるので、お客さんに合わせた対応をしやすくなります。

  受注詳細画面でも決済依頼をできるようにします。 7月予定
今までは受注台帳の一覧画面でしか決済依頼をできませんでしたが、今後は詳細画面でも決済依頼できるようになり、よりスムーズに受注を処理できるようになります。

  受注台帳を開いた時に表示される受注の対象期間を、自由に決められるようにします 7月予定
今までは最初に受注台帳を開いた時に表示される受注は1か月分でしたが、今後は自由に表示する期間を決められるようにします。 最初から必要な期間の受注を表示できるので検索し直す手間を減らせられます。

  フォローメールの送信状況も受注台帳の一覧画面でわかるようにします 7月予定
「フォローメール」の送信状況を入金確認メールや発送連絡メールなどと同様に受注台帳の一覧画面に表示します。送信状況が一目でわかるので、効率良く受注を処理できます。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
4 メインテナンスの予告
2016年7月20日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年8月17日(水)午前2:00~午前8:00予定今月の店舗分析レポートは7月4日(月)に更新予定です。

5 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
敬老の日には気持ちのこもったギフトサービスで対応しましょう
今年は9月19日が敬老の日です。2人に1人は、敬老の日にギフトを贈った経験があり、
8割以上の方が1万円以内の予算で探しているとのデータがあります。
もらってうれしかったプレゼントとしては、定番の和菓子や洋菓子、お酒などのグルメに並んで直筆のメッセージや手紙があげられていました。
オプション設定を活用することでラッピングやのし、メッセージカードの設定ができます。
そして、そういったギフトサービスを訴求するバナーやページを作成することでお客様に安心感を与え、購入につなげていきましょう。

お得なイベントで3連休の購買意欲を高めましょう
大型連休は他の休日に比べて売り上げが落ちると言われていますが、3連休は通常の土日に比べて1日あたりの平均売上が高い傾向にあるそうです。
休日は11時以降から夕食の時間帯までが継続的に売上が伸び、さらに連休だと最終日に最も売上が伸びるとのこと。
こういったタイミングでタイムセールなどのイベントを組み、お客さんの購買意欲を高めましょう。
また、事前にメルマガやTOPページのお知らせで、イベントの告知を行うのを忘れずに行い集客をはかりましょう。タイムセール機能はこちら
メルマガの設定はこちら

販促に使えるイベント各種バナー
敬老の日、秋の旅行、防災グッズなどの 9月のイベントバナーをご用意しました。 6月 7月 8月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、購入意欲が高いお客さんを集めるために広告で集客を行いましょう。時間がない、費用対効果を改善したいという店舗さんには集客代行サービスがオススメです。国内代理店の運用成果1位を獲得した広告出稿の専門家が、専任で広告運用を行います。ご興味のある方は、是非お問合せくださいませ。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
6 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
7月~9月のイベントカレンダーはこちら(PDF)
イベントキーワードのまとめ
7月 夏のボーナス、UV対策、節電対策、花火大会、夏休み、お中元
8月 サマーセール、夏グッズ、帰省、海水浴、お盆、BBQ
9月 台風、おせちの予約、敬老の日、結婚式、運動会

気象庁発表 季節予報
7月~9月の天候の見通し(PDF)

来月のおすすめイベント
第7回 DESIGN TOKYO

世界から東京、東京から世界へ売れるデザイン灯を発信し続ける展示会。 世界中から1年に1度、デザインという命を吹き込まれた「デザイン製品」が東京に集まります。
東京  7月6日(水)~7月8日(金) (東京ビッグサイト)

earth garden 夏2016

エコ、オーガニックをテーマとした最大300店舗以上が出店する国内最大級の野外マーケット
東京  7月2日(土)・7月3日(日) (代々木公園)
7 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
【総合講座】月商10万円突破講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
尚、2016年4月より鉄板基礎講座は月商10万円突破講座に変更となります。
東京
7月 6日(水) 14:00~17:00( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

【総合講座】月商50万突破講座

月商50万を最短で突破するための本店基礎を学べます。
東京
7月 7日(木) 14:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

【総合講座】月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策、集客テクニックまで総合的に学べます。
大阪
7月15日(金) 13:00~17:00( 大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

 

Estore お知らせ(2016年4月度)

2016年4月26日発行

ご案内
機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
ビジネススクール スクーリングスケジュール
世の中の動きがわかる情報

1 ご案内
クレジットカード決済のセキュリティコードを入力必須にします
クレジットカードの不正利用が増加している状況を鑑み、セキュリティコード認証設定をしている場合、すべての消費者の方に必ず入力してもらうようにします。セキュリティコードは、カードに印字されており、カードを所持していなければ入力できません。このため、不正利用を防止する一助となり、店舗さんが被害に合う確率を減少させる効果が期待できます。

ゴールデンウィークは、決済代行サービスの各種スケジュールが以下の通り変わりますのでご注意ください。
コンビニ決済(払込票)について

・決済依頼日:4月29日(金)10:46 ― 5月2日(月) 10:45
⇒ 発送日:5月2日(月)
・決済依頼日:5月2日(月)10:46 ― 5月6日(金) 10:45
⇒ 発送日:5月6日(金)
・決済依頼日:5月6日(金)10:46 ― 5月9日(月) 10:45
⇒ 発送日:5月9日(月)

再発行スケジュール

・決済依頼日:4月29日(金)16:01 ― 5月2日(月) 16:00
⇒ 発送日:5月2日(月)
・決済依頼日:5月2日(月)16:01 ― 5月6日(金) 16:00
⇒ 発送日:5月6日(金)
・決済依頼日:5月6日(金)16:01 ― 5月9日(月) 16:00
⇒ 発送日:5月9日(月)

2 機能追加のお知らせ
HTMLメルマガの送信機能を開始しました
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する「HTMLメルマガの送信機能」を開始しました。
管理画面「集客・運用>メルマガ作成」の画面よりお申し込みください。
初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

「メルマガ配信数上限アップオプション」を開始しました
2016年4月からオプションサービスとしてご提供いたしましたので、管理画面上部の「各種手続き」よりお申し込みください。

初期費用 :無料
月額利用料:月間のメルマガ送信数に応じて確定します。
0~30万通:2,000円+税
~100万通:10,000円+税
無制限:50,000円+税

※ご契約中のプラン・コースのメルマガ上限数が300,000通の場合、300,001通以上メルマガを送信した月のみオプション利用料をご請求します。


HTMLメルマガの開封率を計測できる特殊タグを追加しました
送信先メールアドレスごとに個別のIDを自動生成する特殊タグを用意します。これを応用すれば、GoogleアナリティクスでHTMLメルマガの開封数がわかり、配信効果を確認できるようになりました。

ショップサーブAPIの種類を増やしました
5つのAPIを追加しました。外部ツールと連携できる幅が広がります。
・注文情報検索API
・注文基本情報取得API
・注文者情報取得API
・注文商品情報取得API
・注文届け先情報取得API

登録できるメールのテンプレート数を50件に増やしました
多彩なテンプレートを用意しておけるので、よりきめ細やかに接客できます。

ログイン権限のアカウント数上限を30件に増やしました
作業内容が異なる担当者同士がアカウントを共有する必要がなくなるので、それぞれの担当者へ作業に必要な権限のみを付与することができ、セキュリティが向上します。

  カスタムテンプレートでも商品一覧から商品をまとめてカートにいれられるようにします 5月予定
カスタムテンプレートの場合も、商品一覧から複数の商品をまとめてカートに入れられるようにします。これにより、複数の商品を買いやすくなり、受注単価アップが期待できます。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。


それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
3 メインテナンスの予告
2016年5月18日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年6月15日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは5月6日(金)に更新予定です。


なお、Eストアーのゴールデンウィーク休業日は以下のとおりです。

2016年 4月29日(金)、5月3日(火)~ 5月5日(木)

4 売上UPのワンポイント施策
お中元商戦は安心感で購入意欲をプッシュしましょう
利用したことがないネットショップで初めて買い物をするとき、お客さんは不安を感じます。特にギフトの場合は相手に贈るものなので、そのお店が信頼できるかどうかが購入のカギになります。

事例を1つご紹介します。オーガニック&ナチュラルコスメを扱うシンシア・ガーデン様はギフトに関してカテゴリヘッダを利用して丁寧に説明をされています。
ラッピングやのしの種類はもちろん、それを商品ページでどのように選択をするのかも画像を付けてわかりやすく説明をしています。
また他にもお客さんが不安に感じる点はQ&Aであらかじめ回答を用意しています。
お中元商戦に向けてお客さんの不安を解消できるコンテンツをしっかりと用意して購入の後押しにしましょう。


販促に使えるイベント各種バナー
七夕、お中元、夏ボーナスなどの 7月のイベントバナーをご用意しました。 4月5月6月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、購入意欲が高いお客さんを集めるために広告で集客を行いましょう。時間がない、費用対効果を改善したいという店舗さんには集客代行サービスがオススメです。国内代理店の運用成果1位を獲得した広告出稿の専門家が、専任で広告運用を行います。ご興味のある方は、是非お問合せくださいませ。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
5月~7月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
 5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会
6月 梅雨、湿気対策、夏に向けた準備、父の日、ダイエット
7月 夏のボーナス、UV対策、節電対策、花火大会、夏休み、お中元

気象庁発表 季節予報
5月~7月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
第4回通販ソリューション展

ネットやモバイルを活用した通販に関するシステムやサービスを
一堂に集めた専門展
東京  5月11日(水)~5月13日(金) (東京ビッグサイト)

ビューティーワールド ジャパン

ネットやモバイルを活用した通販に関するシステムやサービスを
一堂に集めた専門展
東京 5月16日(月)~5月18日(水) (東京ビッグサイト)
6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
【総合講座】月商10万円突破講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
尚、2016年4月より鉄板基礎講座は月商10万円突破講座に変更となります。
東京
5月11日(水) 14:00~17:00( 新橋・虎ノ門 )
大阪
5月20日(金) 14:00~17:00(  新大阪  )

詳細・申し込み

【総合講座】月商50万突破講座

ページづくりから集客のノウハウまで、いかに売れ筋商品を作り、50万円を突破していくか、その方法を総合的に学びます。
東京
5月19日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

【総合講座】月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
6月10日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

Estore お知らせ(2016年3月度)

2016年3月29日発行

機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
ネットショップ大賞(R)2015 WINTER 発表
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 機能追加のお知らせ
スマートフォンサイトに定休日カレンダーを表示できるようにしました
パソコン用お店ページと連動した定休日カレンダーをスマートフォンサイトにも簡単に表示できるようにしました。スマートフォンサイトでもお客さんに営業時間をご案内できるようになりました。

スマートフォンサイトにパンくずを表示できるようにしました
お客さんが、現在お店ページのどこにいるのかわかりやすくなり、お店ページを回遊しやすくなります。複数の商品を見てもらいやすくなり、受注単価アップが期待できます。

お客さんの評価コメントを掲載前に確認できるようにしました
内容を確認してから表示することもできるので、不適切な内容を含む評価コメントがお店ページに掲載されるリスクを軽減できます。

ショップサーブAPIの種類を増やしました
6つのAPIを追加しました。外部ツールと連携できる幅が広がります。
・読者管理取得
・顧客情報検索
・商品カテゴリリスト取得
・商品レビュー情報取得
・人気ランキング取得
・店舗商品カテゴリリスト取得

コンバージョンタグの変換用特殊記号に「クーポンコード」を追加しました
外部のWEB接客ツールからも、クーポンの成果を正確に計測できるようになりました。

HTMLメルマガの送信機能の事前申し込みを開始しました
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する「HTMLメルマガの送信機能」の事前申し込みを開始しました。
初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

※事前にお申し込みいただいた場合でも利用料が発生するのは4月からとなります。
※お申し込みをされなかった店舗さんは3月末までの無料期間が終了すると、HTML形式の送信機能が利用できなくなります。テキスト形式の送信機能は引き続きご利用できます。


「メルマガ配信数上限アップオプション」の事前申し込みを開始しました
2016年4月からオプションサービスとしてご提供いたしますので、管理画面上部の「各種手続き」よりお申し込みください。
初期費用 :無料
月額利用料:月間のメルマガ送信数に応じて確定します。
0~30万通:2,000円+税
~100万通:10,000円+税
無制限:50,000円+税

※ご契約中のプラン・コースのメルマガ上限数が300,000通の場合、300,001通以上メルマガを送信した月のみオプション利用料をご請求します。
※事前のお申し込みでも、メルマガ送信数の上限アップ、利用料の発生は2016年4月1日からです。


「携帯カート」機能を終了しました
2013年2月以前からご契約いただいている店舗さんに提供していた「携帯カート」機能を終了しました。
終了日時:2016年3月16日(水) 2:00
利用できなくなった機能:
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面

携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。
Eストアーモバイルをご利用の場合は、メインテナンス後から自動的に「携帯サイト」のお店ページ(http://ドメイン/mbp/)へ転送されています。


 HTMLメルマガの開封率を計測できる特殊タグを追加します 4月予定
送信先メールアドレスごとに個別のIDを自動生成する特殊タグを用意します。これを応用すれば、GoogleアナリティクスでHTMLメルマガの開封数がわかり、配信効果を確認できるようになります。

 クレジットカード情報の入力欄を別画面に変更します 今春予定
今までショッピングカートのクレジットカード情報入力欄は、他情報の入力欄と同じ画面にありましたが、専用の別画面に変更します。これは、より高度なクレジットカード決済のセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠していくことを目的としています。「PCI DSS」とは、国際カードブランド5社が共同で策定したクレジットカード業界のセキュリティ基準です。

 登録できるメールのテンプレート数を50件に増やします 4月予定
多彩なテンプレートを用意しておけるので、よりきめ細やかに接客できます。

  ログイン権限のアカウント数上限を30件に増やします 4月予定
作業内容が異なる担当者同士がアカウントを共有する必要がなくなるので、それぞれの担当者へ作業に必要な権限のみを付与することができ、セキュリティが向上します。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
2 メインテナンスの予告
2016年4月20日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年5月18日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは4月4日(月)に更新予定です。

3 売上UPのワンポイント施策
まとめ割引を利用して客単価を上げましょう
客単価は、ネットショップにおいて売上を左右する重要な要素の一つです。そこで一度に購入される商品点数が増えるように訴求していきましょう。今年の1月にリリースされたまとめ割引の機能を活用すれば、「2点で5%オフ、10点で10%オフ」と段階的に割引したり、「よりどり3点で1,000 円」のように商品を選べることを強調したりと、様々な仕掛けができます。

2点、事例をご紹介します。犬のロゴをモチーフにした洋服を扱う「ラブラ オンラインショップ」様では今月から週末限定でまとめ割引を企画し、お客さん向けにメールマガジンで訴求されています。この結果、ラブラ様では週末の客単価が非常に上がりました。

ラブラ様のメールマガジンキャプチャはこちら

また授乳服を扱う「スウィートマミー」様では、2点購入で9,800円という企画を行いお客さんからとても好評のようです。ページをワードプレスで作りこんでいるため、企画内容が明確で見やすく、視覚的にも楽しいデザインになっています。 新規のお客さんにお店のコンセプトや理念をしっかりと伝え、ファンを増やしていきましょう。

スウィートマミー様の企画ページはこちら

ぜひまとめ割引を活用し、お客さんに喜ばれる企画で売上を伸ばしましょう。


販促に使えるイベント各種バナー
梅雨、父の日、夏の準備などの 6月のイベントバナーをご用意しました。 3月4月5月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、購入意欲が高いお客さんを集めるために広告で集客を行いましょう。時間がない、費用対効果を改善したいという店舗さんには集客代行サービスがオススメです。国内代理店の運用成果1位を獲得した広告出稿の専門家が、専任で広告運用を行います。ご興味のある方は、是非お問合せくださいませ。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
4 ネットショップ大賞(R)2015 WINTER 発表
ネットショップ大賞(R)2015 WINTER 発表
ネットショップ大賞2015WINTERの結果を発表しました。本賞は、ショップサーブを利用する店舗さんの中から選ばれた31のネットショップにお贈りするものであり、2015年12月~2016年2月の成長率、売上、受注件数、リピート率、会員数の5つの指標に基づき選出いたしました。当社コーポレートサイト上にて発表しています。売れるヒントが満載された優秀なお店ばかりなので、ぜひご覧ください。

当社コーポレートサイトはこちら

5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
4月~6月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
 4月 お花見、引っ越し、入学・就職、歓迎会、スポーツ、バーベキュー
5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会
6月 梅雨、湿気対策、夏に向けた準備、父の日、ダイエット

気象庁発表 季節予報
4月~6月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
ファッションワールド東京2016春

春・秋、年2回開催される日本最大級の「ファッション総合展」
4月6日(水)~8日(金)東京ビッグサイト

ファベックス2016

惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食業界の向けの業務用専門展
4月13日(水)~15日(金)東京ビッグサイト

6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
【総合講座】月商10万円突破講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
尚、2016年4月より鉄板基礎講座は月商10万円突破講座に変更となります。
東京
4月13日(水) 14:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
5月11日(水) 14:00~17:00 (〃)
大阪
4月12日(火) 14:00~17:00(  新大阪  )
5月20日(金) 14:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

【総合講座】月商50万突破講座

ページづくりから集客のノウハウまで、いかに売れ筋商品を作り、50万円を突破していくか、その方法を総合的に学びます。
東京
5月19日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月20日(水) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

【総合講座】月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
6月10日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月21日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

Estore お知らせ(2016年2月度)

2016年2月23日発行

機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
ネットショップ大賞(R)2015GRANDPRIX
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 機能追加のお知らせ
HTMLメルマガの送信機能の事前申し込みを開始しました
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する「HTMLメルマガの送信機能」の事前申し込みを開始しました。
初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

※事前にお申し込みいただいた場合でも利用料が発生するのは4月からとなります。
※お申し込みをされなかった店舗さんは3月末までの無料期間が終了すると、HTML形式の送信機能が利用できなくなります。テキスト形式の送信機能は引き続きご利用できます。


「メルマガ送信数上限アップオプション」の事前申し込みを開始しました
2016年4月からオプションサービスとしてご提供いたしますので、管理画面上部の「各種手続き」よりお申し込みください。
初期費用 :無料
月額利用料:月間のメルマガ送信数に応じて確定します。
0~30万通:2,000円+税
~100万通:10,000円+税
無制限:50,000円+税

※ご契約中のプラン・コースのメルマガ上限数が300,000通の場合、300,001通以上メルマガを送信した月のみオプション利用料をご請求します。
※事前のお申し込みでも、メルマガ送信数の上限アップ、利用料の発生は2016年4月1日からです。


商品カテゴリを最大30個まで設定できるようにしました
今まで設定できる商品カテゴリは5個が最大でしたが、これからは30個まで設定できるようにしました。1つの商品を様々な切り口で分類できるため、お客さんが商品を見つけやすくなり、売上アップを狙えます。

番地抜け住所を防止できるようにしました
今までは、番地抜け住所の注文を受けたとき、確認作業に多くの手間がかかる場合がありました。これからは住所入力欄に、番地の入力忘れがないかメッセージを表示させることで注意を促すことができます。また、番地必須設定を有効にすると、番地が未入力のままでは次のページへ進めなくなるため、不完全な受注を防ぐことができ、受注処理の手間を軽減することができます。

商品一覧ページで、在庫あり商品だけに絞り込める機能を追加しました
お客さんが商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加しました。在庫のある商品を探しやすくなるため、快適に買い物をしてもらえるようになり、転換率のアップが狙えます。

商品一覧ページで在庫あり商品を優先的に上位に表示できるようにしました
今までは在庫変動のたびに商品の並び順を手動で更新する必要がありましたが、これからは自動で在庫情報と連動し、在庫がある商品を優先的に表示できるようになるため作業の負担を軽減できます。

海外販売サイト「Buyee」で出品商品を検索できるようになりました
今までBuyeeサイト内の商品検索は、店舗さんが出品した商品を検索の対象にしていませんでした。今後は検索の対象になりますので、お客さんに対する露出が増え、売上アップを望めます。

Buyeeサイトはこちら
メニューリスト>Other>JAPAN ONLINE STORESより出品した商品を閲覧・検索できます。


 スマートフォンサイトに定休日カレンダーを表示できるようにします 3月予定
パソコン用お店ページと連動した定休日カレンダーをスマートフォンサイトにも簡単に表示できるようにします。スマートフォンサイトでもお客さんに営業時間をご案内できるようになります。

 スマートフォンサイトにパンくずを表示できるようにします 3月予定
お客さんが、現在お店ページのどこにいるのかわかりやすくなり、お店ページを回遊しやすくなります。複数の商品を見てもらいやすくなり、受注単価アップが期待できます。

  お客さんの評価コメントを掲載前に確認できるようにします 3月予定
内容を確認してから表示することもできるので、不適切な内容を含む評価コメントがお店ページに掲載されるリスクを軽減できます。

 「携帯カート」機能を終了いたします 3月予定
携帯電話を使ったネットショッピング利用頻度の低下を鑑み、「携帯カート」機能を終了いたします。
終了日時:2016年3月16日(水) 2:00
利用できなくなる機能:
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面

携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。


それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
2 メインテナンスの予告
2016年3月16日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年4月20日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは3月2日(水)に更新予定です。


クレジットカード決済 臨時メインテナンス
2016年3月14日(月)午前1:00~午前6:00予定
※この時間帯内で最大10分程度

該当時間帯は決済依頼を行わないようにお願いします。
また、カード決済による注文はエラーになる可能性がありますので、「あらかじめカード決済を選べないようにしておく」「エラーになったら別の決済方法で注文し直すようにアナウンスする」などのご対応をお願いします。

3 売上UPのワンポイント施策
新規のお客さんをファンにするための第一歩とは?
新規のお客さんはすべて、お店のファンになる可能性を秘めています。可能性で終わらせず、新規のお客さんをファンにするために重要なことは「お店に共感してもらう」ことです。では、共感してもらうためにはどうしたらいいのか?安心して購入していただける信頼感のあるページ作りは当然として、共感してもらうために重要なのは、お店のコンセプトや理念をしっかりと伝えることです。
一点、事例をご紹介します。自然素材の服と雑貨を扱うスイートサイト様では、お店をオープンした経緯や商品のセレクトについて、店長さん自身の写真を交えながら丁寧に記載しています。また、実店舗のご案内や公式HPへの導線もしっかりと用意しているため、安心感の訴求にもつながっています。現在、お店の理念に共感するたくさんのお客さんがファンになっており、その成果は会員数の増加という形で表れています。

スイートサイト様の「ショップ案内ページ」はこちら

新規のお客さんにお店のコンセプトや理念をしっかりと伝え、ファンを増やしていきましょう。


販促に使えるイベント各種バナー
母の日、こどもの日などの 5月のイベントバナー をご用意しました。 2月3月4月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、是非購入意欲が高いお客さんをたくさん集めるために、広告で集客を行いましょう。時間がない、やり方がわからない、という店舗さんにはシングルハンドがオススメです。プロに完全お任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額3万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
4 ネットショップ大賞(R)2015GRANDPRIX
ネットショップ大賞(R)2015GRANDPRIX 3月6日(日)発表予定
2016年3月6日(日)に、ネットショップ大賞GRANDPRIXの結果を発表します。本賞は、ショップサーブを利用する店舗さんの中から選ばれた74のネットショップにお贈りするものであり、2015年1月~12月までの成長率、売上、受注件数、リピート率、会員数の5つの指標に基づき選出いたします。発表は、当社コーポレートサイト上にて行います。売れるヒントが満載された優秀なお店ばかりなので、ぜひ3月6日(日)以降にご覧ください。

当社コーポレートサイトはこちら

5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
3月~5月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
 3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備
4月 お花見、引っ越し、入学・就職、歓迎会、スポーツ、バーベキュー
5月 母の日、ゴールデンウィーク、こどもの日、アウトドア、旅行、遠足、運動会

気象庁発表 季節予報
3月~5月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
FOODEX JAPAN 2016(第41回 国際食品・飲料展)

食と食の関連雑貨・知識・ノウハウ・新しい売り方・アイテムが一堂に会する、食の専門見本市
3月8日(火)~11日(金)幕張メッセ

健康博覧会2016

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
3月11日(水)~13日(金)東京ビッグサイト

6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
3月15日(火) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
4月13日(水) 13:00~17:00 (〃)
大阪
3月18日(金) 13:00~17:00(  新大阪  )
4月12日(火) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
3月9日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月20日(水) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月21日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

ユーザビリティ向上で売上アップ!商品カテゴリ登録数を最大30個までに拡張

ショップサーブの2月の機能追加は、商品カテゴリを最大30個まで拡張します。
様々な切り口での分類によってお客さんが商品を見つけやすくなり、
さらなる売上アップが期待できます。

また、春先3月~4月開店に向けたご相談が大変増えてきております。
クライアント様からご相談をいただいている方は、お早めに当社までご相談ください。

~~2月17日リリース!さらなる売上UPサービスへ進化します~~

————————————————————
商品カテゴリを最大30個まで設定できるようにします
————————————————————
今まで1商品に設定できるカテゴリは最大5個でしたが、
最大30個まで設定できるようにします。
1つの商品を様々な切り口で分類できるため、
お客さんが商品を見つけやすくなり、売上アップを狙えます。

————————————————————
番地抜け住所を防止できるようにします
————————————————————
番地抜け住所の注文を受けたとき、
確認に手間がかかっているケースがありました。
これからは住所入力欄に、番地の入力忘れがないか
メッセージを表示させることで注意を促すことができます。
また、番地必須設定を有効にすると、
番地が未入力のままでは次のページへ進めなくなるため、
不完全な受注を防ぐことができ、受注処理の手間を軽減することができます。

————————————————————
商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します
————————————————————
お客さんが商品一覧ページで、
在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します。
在庫のある商品を探しやすくなるため、
快適に買い物をしてもらえるようになり、転換率のアップが狙えます。

————————————————————
商品一覧ページで在庫あり商品を優先的に上位に表示できるようにします
————————————————————
今までは在庫変動のたびに商品の並び順を手動で更新する必要がありましたが、
これからは自動で在庫情報と連動し、在庫がある商品を優先的に
表示できるようになるため作業の負担を軽減できます。

————————————————————
メルマガ配信数上限アップオプションの事前申し込みを開始します
————————————————————
メルマガ配信数の上限を増やせる
「メルマガ送信数上限アップオプション」の事前申し込みを開始します。
本オプションは2016年4月より提供開始予定です。

※ご利用料金・サービス詳細については、
決まり次第追って管理画面またはEstore お知らせでご案内します。

————————————————————
HTMLメルマガの送信機能の事前申し込みを開始します
————————————————————
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する
「HTMLメルマガの送信機能」の事前申し込みを開始します。

初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

※事前にお申し込みいただいた場合でも利用料が発生するのは4月からとなります。
※お申し込みをされなかった店舗さんは3月末までの無料期間が終了すると、
HTML形式の配信機能が利用できなくなります。
テキスト形式の配信機能は引き続きご利用できます。

Estore お知らせ(2016年1月度)

2016年1月26日発行

3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
メインテナンスの予告
機能追加のお知らせ
全国キャラバン
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 3ヶ月先のトレンド動向と今からやるべき対策
ゴールデンウィーク前の駆け込み需要に対応しましょう
今年のゴールデンウィークは最大で10連休です。連休中はネットで商品を購入する人は減りますが、連休中に必要な商品を手に入れておくために、連休前に駆け込み需要が高まる傾向があります。そのため「まだ間に合う、お急ぎ便で対応中」など、駆け込み需要にうまく応えられるようにお店を準備し、メルマガやブログなどでしっかりと告知しましょう。もちろん、クーポンの発行やポイント還元などもこの時期に合わせて行うと効果が高まります。消費者の動向と自社の商品を突き合わせて、消費者のニーズに応える企画を展開し信頼されるお店を目指しましょう。

クーポンの発行方法はこちら



お花見はついで買いとまとめ買い
3月末~4月上旬は、お花見のシーズンです。お花見のように人が集まるイベントは、必要なグッズが参加人数よりも多めに買われる傾向にあります。また「なくても良いけれどあると役に立つグッズ」も注目を集めます。つまりお花見は、まとめ買いとついで買いがとてもされやすいイベントといえます。まとめ買いをされやすくするには、セット商品を用意したりまとめ買い機能を活用したりするのが効果的です。また、関連商品をうまく設定すると、ついで買いも期待できます。自分のお店の商品が、どちらに向いているかを考えて早めに準備しましょう。

関連商品設定の設定方法はこちら
まとめ割引設定方法はこちら
まとめ買い機能の設定方法はこちら


販促に使えるイベント各種バナー
入学祝い、GW、お花見などの 4月のイベントバナー をご用意しました。 1月2月3月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、店舗分析レポートを参考にしましょう。売上目標を達成するために、お客さんをどれくらい呼べばよいかを計画しましょう。集客に課題のある店舗さんにはシングルハンドというサービスをご用意しております。広告のプロにお任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額3万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
2 メインテナンスの予告
2016年2月17日(水)午前2:00~午前8:00予定
2016年3月16日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは2月2日(火)に更新予定です。

3 機能追加のお知らせ
まとめ割引をできるようにしました
お客様が商品をまとめて購入すると、自動で割引できるようにしました。「よりどり3足1,000円」や「2着目半額」など多彩な販促をできるようになり、売上アップを狙えます。

受注一覧に「別」アイコンを追加しました
お届け先が注文者住所と異なっていると、受注一覧の「注文番号」欄に「別」のアイコンを表示します。お届け先が注文者住所ではない受注が一目でわかるので、業務が効率良くなります。

法人名で受注を検索できるようにしました
「注文者法人名」と「注文者法人名(かな)」でも受注を検索できるようにしました。今まではお客様から法人名でお問い合わせがあったときに名前を伺わないと該当の受注を探せませんでした。今後は法人名で該当の受注を探せるようになります。

通信欄、注文者情報の備考欄を編集可能にしました
今までは、お客さんから情報変更を承っても[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できないために、お客さんに古い情報を記載したメールを送ってしまうケースがありました。今後は、情報変更を[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できるようにします。常に最新の情報を記載できるようになりました。

受注一覧でメモの一部を確認できるようにしました
受注一覧に、注文内容メモの一部を表示させました。また、受注詳細のメモ欄のいずれかに入力してあると、受注一覧にメモアイコンを表示させます。メモアイコンをクリックすると、メモ欄に入力した内容を確認できるので、受注詳細を開く手間がなくなります。

顧客数上限アップオプションを追加しました
顧客台帳に登録できる顧客数を無制限に登録できるようにしました。顧客数上限アップオプションを利用するためには以下の利用料が必要です。
初期費用:無料
月額利用料:10,000円+税

※2013年2月20日以降に契約した方が対象です。
※ライトプランは対象外です。


アクセス超過料の課金体系を見直しました
現在の「アクセス量が150GBを超過する場合、50GB ごとに2,000円+税」の料金体系に加え「アクセス量が2,500GBを超過する場合、50GB ごとに1,000円+税」の料金体系を追加しました。これによりアクセス量の多い店舗さんは月額使用料を抑えられます。

 HTMLメルマガの送信機能の事前申し込みを開始します 2月予定
2016年4月より有料オプションサービスとしてご提供する「HTMLメルマガの送信機能」の事前申し込みを2月に開始します。

初期費用 :無料
月額利用料:2,000円+税

※事前にお申し込みいただいた場合でも利用料が発生するのは4月からとなります。
※お申し込みをされなかった店舗さんは3月末までの無料期間が終了すると、HTML形式の配信機能が利用できなくなります。テキスト形式の配信機能は引き続きご利用できます。


 メルマガ配信数上限アップオプションの事前申し込みを開始します 2月予定
メルマガ配信数の上限を増やせる「メルマガ送信数上限アップオプション」の事前申し込みを2月に開始します。本オプションは2016年4月より提供開始予定です。

※ご利用料金・サービス詳細については、決まり次第追って管理画面またはEstore お知らせでご案内します。


 商品カテゴリを最大30個まで設定できるようにします 2月予定
今まで設定できる商品カテゴリは5個が最大でしたが、これからは30個まで設定できるようにします。1つの商品を様々な切り口で分類できるため、お客さんが商品を見つけやすくなり、売上アップを狙えます。

 番地抜け住所を防止できるようにします 2月予定
今までは、番地抜け住所の注文を受けたとき、確認作業に多くの手間がかかる場合がありました。これからは住所入力欄に、番地の入力忘れがないかメッセージを表示させることで注意を促すことができます。また、番地必須設定を有効にすると、番地が未入力のままでは次のページへ進めなくなるため、不完全な受注を防ぐことができ、受注処理の手間を軽減することができます。

 商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します 2月予定
お客さんが商品一覧ページで、在庫あり商品だけを絞り込める機能を追加します。在庫のある商品を探しやすくなるため、快適に買い物をしてもらえるようになり、転換率のアップが狙えます。

 商品一覧ページで在庫あり商品を優先的に上位に表示できるようにします 2月予定
今までは在庫変動のたびに商品の並び順を手動で更新する必要がありましたが、これからは自動で在庫情報と連動し、在庫がある商品を優先的に表示できるようになるため作業の負担を軽減できます。

 受注台帳のダウンロードデータ形式に【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.7)を追加します 1月28日予定
【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.7)を送り状発行ソフトB2に読み込ませることで、メール便の受注をネコポスで出力できるようにします。作業負担が軽減され、配送作業が効率的になります。
※今まで通りメール便の受注の送り状種別をクロネコDM便で出力されたい方は、引き続き【ヤマト運輸】送り状発行ソフトB2用(Ver.6)をご利用ください。

 「携帯カート」機能を終了いたします
携帯電話を使ったネットショッピング利用頻度の低下を鑑み、「携帯カート」機能を終了いたします。
終了日時:2016年3月16日(水) 午前2:00
利用できなくなる機能
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面
携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
4 全国キャラバン
全国キャラバン『入魂商品』神様のいるお店 新潟・今代司酒造様
モデルの安枝瞳さんをキャラバンアシスタントに迎え、毎月Eストアーの店舗さんを取材し、その熱い魂を特集している「全国キャラバン」。店舗さんそれぞれに、商品へのこだわりや愛、お客さんに届けたい想いが溢れていて、毎回感動と勉強になることが盛り沢山です。

全国キャラバン 第10弾 新潟・今代司酒造様

5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
2月~4月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
1月 寒さ対策、元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備

気象庁発表 季節予報
2月~4月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
第81回東京インターナショナルギフトショー

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
2月3日(水)~5日(金)東京ビッグサイト

第19回グルメ&ダイニングスタイルショー春2016

食と食の関連雑貨・知識・ノウハウを集約し、新しい売り方・アイテムが一堂に会する食の専門見本市
2月3日(水)~5日(金)東京ビッグサイト

6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
2月18日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
3月15日(火) 13:00~17:00 (〃)
大阪
2月18日(木) 13:00~17:00(  新大阪  )
3月18日(金) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
3月9日(水) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月19日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
4月21日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

Estore お知らせ(2015年12月度)

2015年12月22日発行

機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
全国キャラバン
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 機能追加のお知らせ
 まとめ割引をできるようにします 2016年1月予定
お客様が商品をまとめて購入すると、自動で割引できるようにします。「よりどり3足1,000円」や「2着目半額」など多彩な販促をできるようになり、売上アップを狙えます。

 受注一覧に「別」アイコンを追加します 2016年1月予定
お届け先が注文者住所と異なっていると、受注一覧の「注文番号」欄に「別」のアイコンを表示します。お届け先が注文者住所ではない受注が一目でわかるので、業務が効率良くなります。

 法人名で受注を検索できるようにします 2016年1月予定
「注文者法人名」と「注文者法人名(かな)」でも受注を検索できるようにします。今まではお客様から法人名でお問い合わせがあったときに名前を伺わないと該当の受注を探せませんでした。今後は法人名で該当の受注を探せるようになります。

 通信欄、注文者情報の備考欄を編集可能にします 2016年1月予定
今までは、お客さんから情報変更を承っても[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できないために、お客さんに古い情報を記載したメールを送ってしまうケースがありました。今後は、情報変更を[通信欄]と[注文者情報の備考欄]に反映できるようにします。常に最新の情報を記載できるようになります。

 受注一覧でメモの一部を確認できるようにします 2016年1月予定
受注一覧に、注文内容メモの一部を表示させます。また、受注詳細のメモ欄のいずれかに入力してあると、受注一覧にメモアイコンを表示させます。メモアイコンをクリックすると、メモ欄に入力した内容を確認できるので、受注詳細を開く手間がなくなります。

 顧客数上限アップオプションを追加します 2016年1月予定
顧客台帳に登録できる顧客数を無制限に登録できるようにします。
顧客数上限アップオプションを利用するためには以下の利用料が必要です。
初期費用:無料月額利用料:10,000円+税
※2013年2月20日以降に契約した方が対象です。
※ライトプランは対象外です。

 アクセス超過料の課金体系を見直します 2016年1月予定
現在の「アクセス量が150GBを超過する場合、50GB ごとに2,000円+税」の料金体系に加え「アクセス量が2,500GBを超過する場合、50GB ごとに1,000円+税」の料金体系を追加します。これによりアクセス量の多い店舗さんは月額使用料を抑えられます。

 「携帯カート」機能を終了いたします
携帯電話を使ったネットショッピング利用頻度の低下を鑑み、「携帯カート」機能を終了いたします。
終了日時:2016年3月16日(水) 午前2:00
利用できなくなる機能
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面
携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
2 メインテナンスの予告
年末商戦繁忙期に対応し、年内のメインテナンスは行いません。
次回 : 2016年1月20日(水)午前2:00~午前8:00予定

今月の店舗分析レポートは1月5日(火)に更新予定です。

3 売上UPのワンポイント施策
お客様の求めている情報は接客コンテンツになる
2015年もあとわずかとなりました。お客さんから今年いただいたお問い合わせを振り返ってみましょう。お客さんからのお問い合わせには、お店を更に良いものにする貴重なヒントが詰まっています。もしも、よくいただくお問合せについての情報がお店になければ、Q&Aやコンテンツを用意しましょう。これがネットショップにおける接客です。また、情報を掲載しているにもかかわらず、お問い合わせをいただくのなら、お客さんはうまく情報を見つけられていません。情報を記載する場所を見直し、ヘッダーやサイドバー、買い物カゴの近くなど適切な位置に載せましょう。

ここでひとつ、事例を紹介します。ヴィンテージの家具を扱うブリティッシュビンテージ様では、アクセスが多かったページをGoogleアナリティクスで調べ、アクセスの多かった「サイドボード」の選び方をアドバイスする記事を作成されています。
ブリティッシュビンテージ様のページはこちら

お客さんによく見られているページの情報を細かく記載することは、上述のお問い合わせを更に一歩掘り下げた接客です。お店ページで質の高い接客を行い、お店のファンを増やしましょう。


販促に使えるイベント各種バナー
ホワイトデー、新生活応援、ひな祭りなどの 3月のイベントバナー をご用意しました。 12月1月2月 販促バナーと合わせてご活用ください。


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、是非購入意欲が高いお客さんをたくさん集めるために、広告で集客を行いましょう。時間がない、やり方がわからない、という店舗さんにはシングルハンドがオススメです。プロに完全お任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額1万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
全国キャラバン『入魂商品』神様のいるお店
モデルの安枝瞳さんをキャラバンアシスタントに迎え、毎月Eストアーの店舗さんを取材し、その熱い魂を特集している「全国キャラバン」も、あっという間に9ヵ月目を迎えました。店舗さんそれぞれに、商品へのこだわりや愛、お客さんに届けたい想いが溢れていて、毎回感動と勉強になることが盛り沢山です。

全国キャラバン『入魂商品』 神様のいるお店はこちら

5 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
1月~3月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
 1月 寒さ対策、元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行
3月 ひな祭り、ホワイトデー、卒業・卒園、衣替え、模様替え、新生活準備

気象庁発表 季節予報
1月~3月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
骨董ジャンボリー

国内最大級のアンティークショー
1月9日(金)・10日(土)東京ビッグサイト

TOKYO AUTO SALON 2016

世界最大のカスタムカーイベント
1月15日(木)~17日(日)幕張メッセ

6 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
1月21日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
2月18日(木) 13:00~17:00 (〃)
大阪
1月21日(木) 13:00~17:00(  新大阪  )
2月18日(木) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
1月22日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
2月19日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
3月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
1月22日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

Estore お知らせ(2015年11月度)

2015年11月24日発行

機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 機能追加のお知らせ
Google商品リスト広告に商品評価も表示できるようにしました
商品情報と共にお客様の声が表示されるようになるので、クリック率が増加します。1度設定すれば、お客様の声のデータは自動で更新されるので、余計な手間もかかりません。

Google 商品リスト広告について


 「携帯カート」機能を終了いたします 2016年3月予定
携帯電話を使ったネットショッピング利用頻度の低下を鑑み、「携帯カート」機能を終了いたします。

終了日時 : 2016年3月16日(水) 2:00
利用できなくなる機能:
・携帯用お店ページ( http://ドメイン名/m/ )とそのショッピングカート
・管理画面>集客・運用>携帯カートの画面

携帯用お店ページを引き続き公開したい場合は、Eストアーモバイルの携帯サイトをご利用ください。


それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
2 メインテナンスの予告
年末商戦繁忙期に対応し、年内のメインテナンスは行いません。

今月の店舗分析レポートは12月2日(水)に更新予定です。

3 売上UPのワンポイント施策
年末商戦は新規会員を増やすチャンスです
季節はもうすぐ12月、年末商戦がいよいよ本格化する季節です。お店にはいつもよりもお客さんが沢山やってきます。来店者数と受注が増えるこの時期に新規会員を一人でも多く獲得すれば、その後のお店のリピーターを増やせます。会員になってもらうためには、お客さんに「会員になるメリット」をしっかりとアピールすることが重要です。特に購入する全ての人が見るカート画面で訴求すると、非常に効果的です。ポイントやクーポン、送料無料などのお得情報はもちろん、会員ランクやラッピングなど自社ならではのサービスがあれば、簡潔にわかりやすく記載しましょう。

1点事例を紹介します。くらしの楽しみ様では、カート画面で会員登録のメリットを謳ったバナーを設置して、新規の会員登録へ最後の一押しをされています。この結果、会員登録数が約10%増加したそうです。受注が増えるこの時期に新規会員を増やして、ぜひお店のリピート受注につなげましょう。

くらしの楽しみ様のカート画面はこちら



販促に使えるイベント各種バナー
バレンタイン、節分、風邪予防、旅行特集などの 2月のイベントバナー をご用意しました。 11月12月1月 販促バナー


集客でお困りの方は、専門家にお任せください
特集やキャンペーンを開催する場合は、是非購入意欲が高いお客さんをたくさん集めるために、広告で集客を行いましょう。時間がない、やり方がわからない、という店舗さんにはシングルハンドがオススメです。プロに完全お任せのシングルハンドなら、作業時間たった1分、月額1万円から初めてでもかんたんに広告を出せます。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
4 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
12月~2月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
 12月 冬ボーナス、クリスマス、お正月準備、大掃除、大晦日、忘年会
1月 元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験
2月 節分、バレンタインデー、防寒・暖房、風邪対策、花粉症対策、旅行

気象庁発表 季節予報
12月~2月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
ハンドメイド&こだわり品フェア

雑貨、小物、ファッション、コスメなど自然系素材のものや手づくり商品の販売会
福岡 12月11日(金)・12日(土)福岡国際センター

エコプロダクツ2015

日本最大級の環境展示会
東京 12月10日(木)~12月 12日(土)東京ビッグサイト

5 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
12月11日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
1月21日(木) 13:00~17:00 (〃)
大阪
11月26日(木) 13:00~17:00(  新大阪  )
12月10日(木) 13:00~17:00(〃)
1月21日(木) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
1月22日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
12月11日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
12月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
2月18日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
1月22日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

Estore お知らせ(2015年10月度)

2015年10月27日発行

機能追加のお知らせ
メインテナンスの予告
売上UPのワンポイント施策
世の中の動きがわかる情報
ビジネススクール スクーリングスケジュール

1 機能追加のお知らせ
本店サイトで楽天スーパーポイントを利用できる「楽天ID決済」を導入しました
「楽天ID決済」は、お客さんが本店サイトで楽天スーパーポイントを使えて貯められる決済です。お客さんは支払い方法の選択で「楽天ID決済」を選択して楽天会員IDでログインすると、登録済みクレジットカードで支払えます。楽天ID決済を使えることで、本店サイトを訪れた楽天会員のお客さんの、購買意欲を高めます。年末商戦に向け、販促施策のひとつとしてぜひご検討ください。ショップサーブ管理画面からお申し込みいただけます。
※ご利用料金・サービス詳細についてはこちら
※ご利用には楽天の審査が必要です。審査結果によっては利用できない場合があります。

海外販売サイト「Buyee」に商品を出品できるようにしました
「Buyee」は、海外のお客さんが欲しい商品を代理購入して海外までお届けするサービスです。管理画面から簡単にBuyeeに出品ができ、売れた場合はBuyeeの国内倉庫に発送するだけで海外への複雑な配送手続きをする必要がありません。Buyeeへの出品が完了すると商品詳細ページに海外のお客さんだけが閲覧できるバナーが表示され、自動翻訳されたBuyeeの詳細ページから注文できるようになります。手軽に海外販売ができ、海外のお客さんから買ってもらえる可能性が高まります。

Buyee出品サービスについてはこちら
Buyee店舗さん用一覧ページ、カテゴリーページ、検索ページリリース:2016年1月予定


 Google商品リスト広告に商品評価も表示できるようにします 10月29日予定
商品情報と共にお客様の声が表示されるようになるので、クリック率が増加します。1度設定すれば、お客様の声のデータは自動で更新されるので、余計な手間もかかりません。

それぞれの続報は、次号以降にてお知らせします。リリース日には管理画面のお知らせ欄にてご案内します。
2 メインテナンスの予告
年末商戦繁忙期に対応し、年内のメインテナンスは行いません。

今月の店舗分析レポートは11月4日(水)に更新予定です。

3 売上UPのワンポイント施策
メルマガを活用したリピーターの掘り起しとは?
クリスマスや年末年始セール、福袋、初売りなど、もっとも売上を伸ばせる、これらの商戦で大きな結果を残すポイントは、リピーターの呼び戻しです。 通常送っているメールマガジンに加えて、休眠顧客を掘り起しましょう。
例えば、一年前のセールで購入したきりリピートしていないお客さんでも、今の時期だけにニーズがあるのかもしれませんので、抽出して、今年のセールを告知すると、お店に戻ってくる可能性があります。また、実店舗があってその来店数アップを目的とするなら、顧客の住所で絞り込んで、実店舗に来店可能なエリアのみに配信するという方法も効果的です。 また、あるアンケート調査によると、65%がメルマガをスマートフォンで閲覧しているという結果もでていますので、メルマガはスマートフォンで読みやすいことを意識しましょう。 さらに、画像やバナーを取り入れたHTMLメルマガは、華やかで視覚的にイメージを伝えやすいため、商品価値や特徴を伝えるのに効果的です。ショップサーブでは、HTMLメルマガが2016年3月まで無料で配信できますので、ぜひこの機会にお試しくださいませ。
尚、HTMLメルマガは、お客さんの環境によって受信できない場合がありますが、ショップサーブでは、HTML版とテキスト版を同時に送信できますので、書いたメルマガが読めないということもありません。 「配信したいけれど、時間もないし難しそう…」という店舗さんのために、新しくHTMLメルマガのテンプレート制作代行サービスもご用意いたしました。合わせて、ご検討くださいませ。

HTMLメルマガテンプレート制作代行サービスはこちら
制作事例 >> ホームメイドショップ・KIKUYA様

是非、メルマガを効果的に活用し、リピーターを掘り起しましょう。


販促に使えるイベント各種バナー
冬物セール、初売りセール、合格祈願、健康グッズ特集などの 1月のイベントバナー をご用意しました。 10月11月12月販促バナー


バナー制作でお困りの方は、専門家にお任せください
イベントや季節に合ったバナーを活用すると、お客さんは商品を探しやすくなります。また、バナーのクオリティを高めると、お店ページ全体のクオリティも高まります。高品質のオリジナルバナーがほしいという店舗さんには、バナー制作代行がおすすめです。初回無料でお試しバナーを制作します。

 ご相談はEストアー ストアーデスク(0570-05-1210)までお気軽にどうぞ。
4 世の中の動きがわかる情報
販促に使えるイベントカレンダー
11月~1月のイベントカレンダー(PDF)
イベントキーワードのまとめ
11月 お歳暮ギフト予約、暖房、寒さ対策、紅葉、七五三、ボジョレー解禁
12月 冬ボーナス、クリスマス、お正月準備、大掃除、大晦日、忘年会
1月 元旦、おせち、新年挨拶、初売り、福袋、お年玉、成人式、受験

気象庁発表 季節予報
11月~1月の天候の見通し(PDF)

来月以降のおすすめイベント
ビジネスマッチ東北2015

東北最大級の展示・商談会
仙台 11月5日(木)夢メッセみやぎ

IFFT(東京国際家具見本市)

インテリアに関連するさまざまなアイテムが集まる見本市
東京 11月25日(水)~11月 27日(金)国際展示場

5 ビジネススクール
スクーリングスケジュール
総合(入門)鉄板基礎講座

初めてネットショップ運営をされる方向け。集客と店づくりの基礎を学べます。
東京
11月12日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
12月11日(金) 13:00~17:00 (〃)
大阪
11月26日(木) 13:00~17:00 ( 新大阪 )
12月10日(木) 13:00~17:00(〃)

詳細・申し込み

総合(初級)月商30万突破講座

初受注後、売れ筋として育てる商品の決め方、集客方法とお店づくりを学べます。
東京
11月13日(金) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
12月11日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

総合(中級)月商100万突破講座

繁盛店の事例をもとにお店づくりの極意からリピート対策まで総合的に学べます。
東京
12月10日(木) 13:00~17:00 ( 新橋・虎ノ門 )
大阪
1月22日(金) 13:00~17:00 ( 新大阪 )

詳細・申し込み

専門講座セミナーDVD

Googleアナリティクス、SEO、写真撮影などのノウハウを好きな時に学べます。

詳細・購入

コンテンツマーケティングの基本、ブレないWeb連載企画の作り方

企業ホームページにはコンテンツが不足していて、SEOで狙ったように人を集めることもできず、リピーターもついてこず、さらにはせっかくサイトを訪れた人にも満足してもらうことが難しくなっています。

そうしたなかで、今回はリピーターの積み上げに大いに貢献する「連載型コンテンツを企画する5つのポイント」を紹介します。

誰も語らなかったWebコンテンツ作成技法vol.11

連載型コンテンツのメリットとは?

「連載」というのは、元は新聞や雑誌に見られる方法で、発行が頻繁なために、1つのテーマを何回にも分けて記事掲載する方法です。Webは「発行が頻繁」という媒体ではないので、「連載」はおかしいのですが、1つのテーマを何回かに区切って掲載することを連載型コンテンツと呼んでいます。

雑誌では、連載コラムがたくさん掲載されていて、どんな執筆陣をそろえるかで媒体特性を打ち出しています。週刊誌などでは「あの人が連載しているから毎週買っている」という人も少なくありません。

Webの場合でも似たことが起こります。たとえ無名社員の執筆であっても、一度読んだ人がおもしろいと思えばリピーターとなり、次第に積み上がっていくので最も底堅い集客コンテンツといえるでしょう。

連載コンテンツのメリットは、たとえば、BtoBサイトで自社の詳細な技術解説を連載していけば、気が付くとある分野の技術情報をかなり深く扱ったサイトになっていて、検索でも強い記事をもったサイトになっているということです。また、連載にすることで更新頻度が高まり、検索エンジンからの評価もさらに増します。

連載型コンテンツの優位性

連載型コンテンツは1回目と2回目が連続した内容を持っているので、次回への関心につながりやすいという回遊性も魅力の1つです。さらに3回目も読みたいとなればリピーター化していくのですから、これは非常に有効な企画です。

月1回連載していた記事の更新頻度を月2回に増やせれば、リピーターも月2回訪れてくれるかもしれません。こうしたことができれば、月間訪問者数をかなり積み上げることができます。

また、運営側としても毎回イチから企画を考えなくてもいいので、工数削減ができるメリットもあります。

連載型コンテンツを企画する5つのポイント

Webで連載コンテンツを企画するとき、重要なことは次の5点です。

ポイント① ターゲットは誰か

「ターゲットは誰か」を考えない記事企画はありません。どんな人に来てほしいかを絞り込みます。「30代女性」といったマスマーケティング的な考え方ではなく、自社の製品の良さを感じてくれる人はどんな人かを思い出していきます。

たとえば、大きなサイズの婦人靴を売りたいサイトなら、来てほしい人は「足のサイズが大きい女性」です。また、ホテル向けにベッドリネンを作っている会社なら、自店の品質向上を考えているホテルマンということになるでしょう。

ポイント② テーマは何か

たとえば、「足のサイズが大きい女性」は何を探しているでしょう? 「サイズが大きくてもかわいい靴」なのか、「丈夫で甲高で履き心地の良い靴」なのか、もしかすると、「靴も含めた全体のコーディネート」を探しているかもしれません。

「大きなサイズだけどかわいく見える靴と履きこなし方」や「靴サイズの大きい女性のための全体コーディネート」といったように、ターゲットに応じて、テーマを分けて連載企画を立てたほうがリピーターを獲得しやすい企画ができるでしょう。

ポイント③ 1回の分量

一般的に連載は、1回ごとの掲載量を同じぐらいにするものですが、Webですから、新聞のように「15文字×100行」といった厳密に毎回同じ分量にする必要はありません。1~2スクロールぐらい、といった目安で良いでしょう。ある回が多少長くなってもそれは成り行きでOKと考えてください。

1回が短く、すぐ読み終わって、次のページに移動しやすいぐらいの量にしたほうが、作りやすいですし、訪問者も読みやすいでしょう。また、連載ネタも長持ちします。

ただし、1回、1回の記事で扱う内容が完結するようにしましょう。

ポイント④ 全体の連載回数

全体の連載回数、つまり全体のページ数は重要です。具体的な検討方法をエクセルを使って説明していきます。

エクセルを使った企画の検討法

テーマが決まったらエクセルを開いて上図のように順々に記入していきます。

  1. B1のセルには、テーマを「履きこなしテクニック解説」といったように記入します。
    ここで入力する「テーマ」は内部向けの企画説明の言葉でかまいません。
  2. B2のセルには、メインキーワードを「大きいサイズ、靴」と記入します。
  3. B3のセルには、連載のネタとなるようなサブキーワードを「パンプス、スニーカー、快適、おしゃれ」と記入します。
  4. B4のセルには、コンテンツのコーナー名となる1行見出しを「女性のための大きいサイズの靴、パンプス・スニーカーの履きこなしとつま先・かかと・土踏まず調整法」といった形で入れていきます。
    検索キーワードを重視して、見出しらしくまとめましょう。多少長く堅苦しくなってもかまいません。重要なサブキーワードをうまく含むようにしていきます。
  5. B5のセルには、読む人の興味関心を引く2行目の見出しを「10の実例に学ぶ ひと工夫でこんなにかわいくなった!」といった形で記入します。
    訪れた人が読みたくなりそうな見出しをひねってください。
  6. B6以降のセルには、連載の番号を書いて、1回目の見出し、2回目の見出しを書き入れていきます。
    これらの見出しにはメインキーワードと組み合わせて検索される言葉やサブキーワードを順番に含むようにするといいでしょう。

これが埋まったら連載の企画はおおむね完成です。記事の見出しは下図をご覧ください

記事の見出しのつくり方

1行目の見出しは検索キーワード重視、2行目の見出しは読者の興味関心を重視した2段構えです。これに連載のタイトルがつきますから、3段構えということになります。

なお、1行目の見出しにキーワードを含んでいますから、これを使ってHTMLのtitleタグも作ります。

女性のための大きいサイズの靴、パンプス・スニーカーの履きこなしとつま先・かかと・土踏まず調整法

ではあまりにも長いのでちょっと調整し会社名も織り込んで、

女性のための大きいサイズの靴講座|靴のことなら○○(会社名)

とまとめましょう。これなら30文字で検索結果などの表示にもちょうど良いでしょう。

連載の見出しを考えるときは、1回目と2回目があまりにもかけ離れたテーマにならないようにしましょう。1回目を読んだ人が2回目に興味を持てるか、という視点で見出しを吟味してください。

会社によっては難しい企画趣旨などをまとめて提案しなければならないかもしれません。それは予算取りのために大切な企画書作りかもしれません。

しかし、編集の現場では見出しが勝負です。見出しが企画の良さを反映していなければ誰も読むはずはありませんし、2行目の見出しだけで企画のおもしろさが伝わらないのでは、長い企画書でアピールしても掲載後に良い結果が出ることはないのです

※各社で使っているCMSによって、必ずしもここで紹介したような記事の作り方が実現できるとは限りません。場合によっては、CMSの仕様を拡張する必要があるかもしれませんが、連載コンテンツを企画するときはこのような考え方で作るといいでしょう。

ポイント⑤ 連載の可変性について

月1回の連載なら、4月から始めて、7回目の連載は下期の10月になっているわけです。連載開始時には見えていなかった事情も出てくるのが当然です。たとえば、

  • 3回目に大きな反響があったから、そのテーマをもっと掘り下げよう
  • 会社として、スニーカーよりもパンプスに力を入れていきたいから、パンプスの回をもっと増やしてほしいなど

こうした状況の変化をうまく取り込んでいけるのも連載の醍醐味です。

1年間12回の連載としてスタートして、後半の6回は当初予定とは違うものになった、ということはまったく問題ありません。アクセス解析をしながら、人気のテーマを見つけ、それを掘り下げていくようにしましょう

連載のつながり ストックを作って進める

連載の流れと、各回の内容の関係は、下図の配置図を見てください。

連載各回の内容を配置

1回目の連載内容には、2回目の出だしが含まれているのです。これは連載ならではの「次回予告」です。たとえば、1回目の記事末に「さあ、次回はこの写真の履きこなしスタイルを紹介します。どこがポイントかわかりますか? 乞うご期待!」といった形で記載し、次回への興味を持たせていきます。

これを実現するためには、連載は次の回もできている状態で進めなければならないということです。可能な限り3回分のストックを作ってから掲載開始するといいでしょう。これなら繁忙期があっても余裕を持って進められますし、次回への興味をあおる、ということもしやすくなります。

ただし、連載企画の注意点としては、連載の効果が実感できる前に、連載にかかるコストを計算し、予算を取る必要があるということです。

連載企画の効果を実感できるようになるまでには一定の時間がかかります。3~4か月ほど、連載を積み重ねてようやく「リピーターがついてきたなあ」「検索集客力が上がってきたなあ」といった結果が出てきます。

連載企画を自社のビジネスに貢献する良い連載にするには、ただ更新するだけでなく、しっかり分析をして、コンテンツへの反応を把握しながら進めていってください(詳しい分析方法は、次回解説します)。

実践しやすい連載企画例

ここで実践しやすい連載企画の例を3つ紹介します。

①インタビュー

BtoBサイトなどで人気があるのが開発者インタビューです。ビデオをまわして1回インタビューすれば、人の話し言葉というのは非常に多くの語数を含んでいますから、少し縮めながら編集しても3、4ページ分の内容が生み出されます。

多くのキーワードが各ページに登場しますから、検索にも強く、リピーター獲得にも貢献します。

「ビデオをまわして」と書いたのは、言葉を漏らさず収録するためで、このビデオは原稿を起こすための素材です。また、最近よく見かけるのが、撮影したビデオだけをコンテンツとしてサイトで掲載する形です。ビデオだけを掲載するのはとてももったいないのです。

検索エンジンのボットは、ビデオ内で語られている会話やキーワードを認識できません。そのため、せっかく技術に関するキーワードがたくさんするビデオであっても、テキストで書かれた読み物コンテンツとして掲載しなければ、検索エンジンから評価されません。

検索エンジン経由での訪問者獲得が難しく、結局は狙った効果が得られないコンテンツとなってしまう可能性が高いです。

もし「ビデオで撮ったのだから、顧客にもぜひ見てもらいたい」というのであれば、インタビューの様子をテキストで書き起こした後に、そのビデオ内容をうまく分割編集して、記事に添えて掲載するのがお勧めです。また、分割したビデオはYouTubeに掲載し、自社サイト以外でも、出会いのチャンスを作って連載のページに誘導するといいでしょう。

ビデオだけのコンテンツはNG、記事にビデオを添えるコンテンツはOK

②お客様の事例

事例も連載にしやすいテーマです。顧客と良い関係を築いている製品なら、順番にお客様をまわって聞き取りしていきましょう。多くの製品で「実際に使われている現場を見たい」というニーズがありますし、事例を掲載することで資料請求の数が増えるといったこともあります。

ただ、注意すべきは事例を作ると目次からのリンク文言やページタイトル、見出し、パンくずナビゲーションまで、すべてそのお客様の名前で作ってしまうことです。これではSEOの効果が低くなってしまいます。

お客様の事例は、似たようなニーズをもつユーザーやお客様がどんな風に製品を使っているのか詳しい情報を知りたいユーザーに対して効果を発揮するコンテンツです。

そのため、「○○様の事例」といったようにお客様の名前でコンテンツを作るのではなく、次のように「製品内容、特長、業種、ニーズなどのテーマに分けて」連載していくといいでしょう。

  • この製品をこういう位置づけで導入された○○会社様
  • 同じ製品を別の狙いで導入され、こんな成果をあげた○○会社様
  • 社内コミュニケーションがアップし、売り上げ向上にもつながった○○会社様
お客様の導入事例の各コンテンツのタイトルは、会社名だけはNG、製品内容、特長、ニーズを記載したタイトルにする

このように記事のテーマを反映したコンテンツタイトルを付けることで、検索にも強くなりますし、サイトに訪れたユーザーが関心を持って読み進んでもらえるようになります。

③10か条

「○○についての鉄則 10か条」というのはある分野についての網羅性を示す言葉です。読者からすれば1記事を読んだだけでは、知見が抜け落ちることがわかるので、他の回も読みたくなるのです。網羅的ということを示すのに「○○のすべて」「A-Z」「ABC」などいろいろな言い方がありますが、数字のほうが始まりと終わりがはっきりして具体的に感じてもらうことができます。

最初の企画段階で「10か条」と打ち出して、10ページ分の企画をまとめて開始しても、途中で「あ、あの大切なことが抜けていた」と気づいて11か条、12か条と増やしたくなることもあるでしょう。増えることは、気にしなくてかまいません。

CDを買ったときに、最後にボーナストラックがついているようなものです。9回目か10回目の記事の次回予告で、「ここまで読み進めてきたあなたへの特別プレゼントとして、追加鉄則を2つさらにお教えしましょう」と打ち出してください。

◇◇◇

連載コンテンツは時間と共に伸びていくタイプのコンテンツです。検索集客力が高まり、リピーターも増えていくことが理想です。

そこで、次回はGoogleアナリティクスを使った、連載企画の効果分析方法を解説します。サイトへの貢献度の高いページや連載コンテンツを発見して、サイトの大ゴール「メルマガ登録」「お問い合わせ」「購入」への誘導を増やしましょう。

※Web担当者Forum参照

1 2 3 71